2010/02/28

津波警報

今朝は超早起きです。

昨晩のチリでの大地震の余波を受けて、ハワイにも津波がやって来ることに・・・・叫び

わたしはスデに昨晩にクライアントさんから電子メールでお知らせが来ていたので知っていました。

それをルーミー君に言ったら「津波でしょ? 知ってる」と言っていたのはビックリでした。

結構みなさん速く知ってるものなんですね。


そんな感じで寝たのですが、いつものように寝付きが悪く、寝たり起きたりの繰り返し・・・・むっ

そしたら居間に置いてあった携帯が鳴っているのが聴こえ・・・・。

あまりに寝れないものだから、いっそのこと起きてしまえと電話の着信暦をみたらシアトルのお友達から。

さらにはご丁寧にもテキストで津波警報のお知らせが入っている・・・・。


とりあえずお友達に電話をしてメッセージを残し、トイレに行ったら今度はサイレンが・・・・むっ


月初めの日でもないのに街中でサイレンが鳴っているのを聴いたのは初めてです・・・・。

しかも時計を観たら朝の6時キッカリ。

こんなの誰が聴いているのだろう・・・・? と思いました。

だって普通だったらホボ大半の人たちが寝ている時間です。


サイレンが鳴り終わったら、シアトルのお友達から再び電話があり、少し話してネットで警報を調べてみました。

海上警備隊は津波の被害を少なくするために、全てのビーチを閉鎖するそうです。


チリでは津波の被害で82人の方が亡くなったそう。

この津波は朝の11時19分にハワイ島に到着し、後の11時52分にオアフ島へ。

翌々考えてみたら、ビーチ周辺にはかなりの人が住んでいるんですよね。

しかも郊外のビーチなんかに行くと、ビーチが目の前の家も沢山あるし。

15フィートの波だと言われているそうですが、実際にはどうなんでしょうね?

ワイキキは津波に飲まれてしまうのか?


この津波でワタシが死んでしまったら・・・・叫び

それは無いと思いますけど・・・・シラー

だって死んだらポートランドのエキスポに出れなくなって困るから得意げ

ワタシの場合、天のお役目があるので、
こういう状況では助かるでしょう・・・・しょぼん


ニュースを読んでいたら、以下の記事が・・・。

台湾でも強い地震、北極の氷山が崩壊。

世の中どうなちゃうんでしょうね?



やっぱり明日の朝のワイキキでの遠泳は止めにしますわにひひ


そしてハワイの今日の夜が無料!一斉遠隔ヒーリングです。

津波で死んでなかったら行いますのでステイチューン!


2010/02/27

感覚的なセンスが磨かれて★Eden


「Eden」


ここ数日は寝る間も惜しんでデザインに取り組んでいます。

一度始めたら波に乗っている間は出来るだけの数を制作してしまおうというノリです。

寝る間を惜しんでというよりは、寝たくても寝れない状態だったりします。

睡眠時間が短いにもかかわらず、眠たくならない日々が続いております。

明日の無料!一斉遠隔ヒーリングの関係かも知れません。

いつもは無料!一斉遠隔ヒーリングの数日前にはどこかのパワスポに出かけるうようにしていたのですが、今回は家にいても、私の部屋自体がパワスポ状態・・・・。

部屋に入って来たルーミー君も「一体どうしたの? この部屋って異様に熱いよ・・・?!」とコメントを残されました。

二週間前に旧暦で新年を迎えたのも関係があるかも知れません。

ある方に、「最近の波動は上がっているのですか?」と聞かれて少し困ってしまいました。

昔だったら簡単に答えられたのですが、今は答えるのに考えないといけません。

自分の波動域が上昇している時は、全体的な波動の上昇が分かりにくいんです。

しかし周囲の出来事を観察していると、やはり波動域は変動しています。

地震も随所で起きているし。

感情の波も少し大きかったりするし。

ここ最近で自分の感情の揺れに対して敏感になっている方は、地震の世界的な傾向を調べてみるのを勧めます。



無料!一斉遠隔ヒーリングを受けられた方から、先日の大阪での小さな地震を前もって感じることが出来たと報告がありました。

波動に対して感度が高くなってくると、それまでは気づかなかった波動域の変動が分かってくるようになります。

センスが敏感になってゆくわけです。

感覚的なセンスが磨かれてゆくと、自分の感情にも影響を受けるようになります。

周囲の感情を敏感に感じるようになるからです。

この時に重要なのは、自分の感情と、周囲の感情をシッカリと分けることです。

センスの感度が磨かれて来た時に重要なのは、自分の感情、感覚の動きを耐えずモニターすることです。

さもなければ、周囲の感情や感覚を、自分のものとして捉えてしまって、不安定になることが多くなるからです。


自分の中での中心軸がズレてしまうと、感覚的にも感情的に不安定になりがちです。

いつも「自分の心(または考え)は一体どこに合わさっているのだろう?」と自分に質問していると安定を始めます。

自分に質問する時の秘訣は、ポジティブな側面に合わせることです。

例えば「今の自分は無条件の愛に焦点を合わせているか?」

「今の自分は今を楽しんでいるか?」

「今の自分は幸せか?」

感情の波に揺れている時は、無条件の愛とか、楽しいとか、幸せに意識を合わすことなど考える余裕はありませんね。

特に頭の中で色んなことを考えていたり、悩んでいたりすると、その思考の動きを止めることも難しいと思います。

こういう場合は、どこか目のつく場所に、自分に対する質問を書いて張っておくのも良いでしょう。

もしくは不定期ではなく、日課として習慣にしてしまうことです。

自分が幸せや愛情からズレている場合は、まずオーラの浄化を試みましょう。

塩風呂に入るとか、太陽の光りを浴びるとか、運動をしてみるとか。

新陳代謝が活性化されると、オーラの新陳代謝も活性化されます。

また不健康な食事も避ける方が良いでしょう。

化学的な添加物の多い食事を続けていると、波動も重たくなり、同じく思考も重たくなり、感情も重たくなります。

出来るだけ「生きた食べ物」の食事を心がけましょう。

ステイチューン!




★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。 
 


アップ精神世界のランキングに登録してみました!
1日1回、クリック、お願いしますね。

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!
¥1,890
Amazon.co.jp


まか〜ウラの新刊
「HAWAII de 花散歩」


「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」


ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2010/02/19

究極の旅 体外離脱者モンロー氏の最後の冒険


究極の旅

体外離脱者モンロー氏の最後の冒険

/ロバート A. モンロー

¥2,340
Amazon.co.jp
昨日アラモアナの日本の本屋さんで見つけました。
時々行くと掘り出し物に出逢ったりするのですが、今回は非常にラッキーでした。

他にも数冊ほど読みたい本を見つけました。

幽体離脱へと導くヘミシンクの開発者であるロバート・モンロー氏の最後の著作です。

読み始めましたが、かなり面白そうです。

意識の構造と、体外の世界、幽体離脱に興味のある方にはお勧めです。

ヘミシンクも挑戦したのですが、六巻目で止まってます得意げ

ヘミシンク系は、脳に働きかけて、普通では使わない脳波域にしてくれます。

それまで使ってなかった脳の領域を使うので、最初はかなりのインパクトがありました。

CDをステレオで部屋に流すと、空間が歪んでしまうくらい強烈です。

誘導瞑想みたいなものですが、内容は結構お勧めです。

ヒーリング的な技術の獲得も含まれているので、便利です。

寝ている間に起きている幽体離脱での霊界旅行と、

意識を持ったまま幽体離脱してしまうのは少し違います。

同じジャンルのものでリモート・ヴューイングとアストラル・プロジェクションがありますが、こちらも幽体離脱とはかなり違います。

気がついたら幽体離脱していた経験は何度もあるのですが、意図的に身体から出るのはまだです得意げ

最近は寝ている間の霊界旅行の回数が増えて来てます。

練習していて、もう少しで離れるところまで行くのですが、最後の押しが弱いのか、なかなか実現しないんです。

他の幽体離脱の本を読んだのですが、参考にならず・・・しょぼん

この「究極の旅」を読んで、さらに細かく幽体離脱の勉強です。

スェーデン・ボルグのような幽体離脱のプロになると言われて数年ですが、まだそこまで行ってません。

スェーデン・ボルグに幽体離脱が始まったのは45歳の時。
私の場合、後半年の間にどこまで行けるのか?

夏には意図的に体外離脱が可能になっていたいんですけど・・・むっ

ヘミシンク系のCDには、幽体離脱を目的としたものだけではなく、ストレス緩和とか、記憶力の増強とか、癌との闘病のサポートとか色々あります。

意識のフロンティアに興味のある方は挑戦してみては?

2010/02/13

色彩療法ー色彩と心理学、感情の関係

色彩療法
テオ・ギンベル

¥3,059
Amazon.co.jp
「究極の旅」に続いて、いま読んでいる本。

これも中古の本屋さんで格安の値段で購入しました。

ホノルルにもこの手のことを勉強している方がいらっしゃるということですね。

この「色彩療法」の内容には驚きました。

とても充実している目次です。

まだ冒頭の部分しか読んでいませんが、とてもお勉強になっています。

遠隔ヒーリングでは、色彩の波長、波動を駆使します。

色に関することを深く知っているのと、全く知らないのでは大きな差が出ると思います。

わたしは幸いにも広告デザイナーとして色彩の基礎知識はありましたから、全く馴染みの無い内容ではありません。

色彩と心理学、感情の関係なども長年に渡って自分で勉強して来ましたけど、知れば知るほど奥が深い内容なので、飽きることはありませんね。

しかし、これが物理学的な内容に関わって来ると話しは別です。

更には脳の構造とか、色彩と肉体機能の関係性になると医学的な内容になるとワクワクしてしまいます。

一般的な色彩心理学の枠を超えて、物理学的、そして心霊的な分野まにまで及んでいる内容です。

感覚機能との関係性とか、色彩療法の実践的なアドバイスまで充実しています。

かなり専門的な内容なので、普通に読むには難しいでしょう。

カラーセラピーや、ヒーリング・ワークに関わっている方には超お勧めの内容です。

2010/02/12

☆脳腫瘍がほとんど無くなっていたそうです


昨年の12月にシアトル訪問をした時に遠隔ヒーリングを頼まれた友人からメッセージが届きました。
以下がメールでの報告です。

星
すごい報告です。

昨日、ボーイフレンドが病院に行って、
後頭部に出来ていた腫瘍の再検査をして戻って来ました。
それは薬がちゃんと効いているかを確認する為の再検査。。

ヒーリングを頼む前にも話しましたけど、昨年の秋に病院に行った時に、はかなり重症で本人も相当つらかったようです。
またドクターにも“腫瘍の位置が悪いから、これ以上大きくなったら、失明する”とか、脅かされていました。
それに加えて薬も強いので、本人はすごく嫌だったみたいです。
そして去年の12月にまか~ウラさんに遠隔ヒーリングをしてもらいました。
今回の検査の結果、その腫瘍がほとんど無くなっていたそうです。


びっくり!

ドクターも驚いていたらしいです。
大嫌いな薬も止めていいとドクターの許可が下りました。
もしかしたら、キモセラピーになるかも・・・と心配しながら行った今回の検査だったのが、それが全く逆の結果で、安心して戻って来ました!.
これもまか~ウラさんのお陰です。

どうもありがとう!
12月に会ってヒーリングをしてもらった時に、
この腫瘍は背骨がずれているのが原因。背中も痛いはず。”って
本人がいない所で教えてもらった翌日に、

本人から“背中が痛い”って言われた時も驚きましたが、

今回の腫瘍が消えてしまったのは本当にびっくりしました。

“背骨が原因・・・でも治るわよ。”って、まか~うラさんに言ってもらっていたので、
あまり心配はしていませんでした。
本当にどうもありがとうございました! 
とりあえずご報告まで。

ワシントン州シアトル M.W.
星
正直な話し、ビックリしたのは私かも・・・。

彼は私の友人Mさんの彼氏で、実際にお二人にお招きされて、彼のコンドにお伺いしてお会いしました。

シアトルに行く前から、脳腫瘍の話しは聞いていたので、その話しを伝えられた時点で遠隔を送り、次に11月の無料!一斉遠隔ヒーリングに申し込むことを勧めてありました。

ご本人に会ったのは、12月の半ば過ぎ。

シアトルから帰る数日前で、個人セッションを連続してこなしていたので、かなり疲れていたのを覚えています。

この時すでに医者からは脳腫瘍の診断を下されていて、ステロイド系の塗り薬を使用し始めていました。

部屋の波動調整も頼まれていたので、まず部屋全体の波動の様子を見て回って、波動を出来るだけ引き上げて調節し、その後に何気ない話しをしながら遠隔でヒーリングを行ったわけです。

ハンズオンでのヒーリングではありませんから、本人も普通にして三人で話しをしながらの遠隔ヒーリングです。

まぁ世間話をしながら、時間は過ぎ、彼のラップトップでウィキペディアに行ってもらい、脳の構造のイメージを見せてもらいながらの会談というか、セッションというか。
日本人ではなくカソリック教で育ったスペイン人の男性だったので、「はい、今から遠隔でヒーリングを行いますね」ということになったら構えると思ったのです。

宗教的な観念から意識でブロックされないような環境へもっていったのも覚えています。

無料!一斉遠隔ヒーリングでも、こちらが驚くような感想や報告をいただいていますが・・・。
これには個人的に驚きました・・・。

一般的に、ハンズオン・ヒーリングにしても、遠隔ヒーリングにしても、相性があると言われ、確かにそうだと思うので、何と言って良いのやら。

何もアクションを起こさなければ、このような結果も起きえないわけですし、

一人の人が不安と闘病から解放されて良かったと思います。

もっと精進してサーチとリサーチ、鍛錬を繰り返して、より多くの方のお力添えになれるように努力したいと思います。

追記:

色々と考えたり、感じたりしてみた結果に気づいたことがあります。

全ての期待に応えられるだろうか? とか。

思い出したのは石橋先生のお言葉。

「大丈夫ですよ。脳腫瘍とか癌とか、難病は得意ですから」

更に前を歩いている難病が得意な熟練して経験値と確率値の高いヒーラーさん達が大勢いるので、スゴイという言葉は、全く意味を持ちません。

第一に、これは能力比べではないわけだし。

スゴイとかではなく、それは自信の無さかも知れません。
プレッシャーを感じずに、「大丈夫ですよ。脳腫瘍とか癌とか、難病は得意ですから」と言えるようになりたいです。

不安の法則

ブログの読者の方から質問をいただきました。

「心が不安になりやすいので、グランディングの仕方を教えてください」という内容です。

ということで、久々に「宇宙の24時間質問箱」の再開してみますラブラブ!

大昔のホームページ時代からの読者の皆さんはご存知ですね。

その時代からおつき合いして下さっている読者の皆様には感謝・感謝でございます。

昔はホームページで質疑応答のサービスを行っていたんです。

「僕の兄貴は神様とお話ができる」的な内容です。

神様とお話する代わりに、宇宙意識とお話するという違いでしょう。

今回は「ゼィニース」様にチャネリングでお話をお伺いしましたラブラブ!

お話してくれる方「ゼィニース」


テーマ:不安

まずは心が不安になりやすいという部分から始めましょう。

人間の構造的な部分からお話を進めてみます。

多くの人たちは、人間がどのような意識の構造であるか、

また、一人の存在としての意識がどのように肉体に関係しているのかを明確には理解してないように観えます。

それは、現在のあなた方の意識が、肉体レベルでの経験に焦点が合わされているからです。

この肉体的な経験の中には、自らの肉体を通じて感じる様々な感情の動きも含まれます。

では人間の肉体というのもは一体どういうものなのでしょうか?

物理次元の生活の中では、世界を経験するために肉体の存在が必要だ定義されています。

その中には、物質を触るという経験も含まれます。

あなた方は自らの肉体を通じて、様々なものが現実であるという認識を求めます。

生活の中で自分の手を使って物に触れる、恋人の身体に触る、仕事でコンピューターを使うなどによって世界を物理的に認知するわけです。

更には肉体的な疲れや、傷を負った時の痛み、空腹時の胃の収縮、病気をした際の発熱など身体を通じて経験できる体験の範囲は無限大に及びます。

あなた方は、一人の人間という存在として、自分の肉体を頼りにして物理次元を経験しているように理解しているでしょう。

身体がなければ現実を体験出来ないと思っている人も多くいるかもしれません。

さて、この肉体がどのように心の不安に関係するのか?

それは、あなた方人間の意識というのは、肉体のコンディションに左右されやすいという部分です。

例えば、身体が訴える痛みから解説してみましょう。

ストレスが極限的に溜まると、胃に穴が空いて胃潰瘍という現実を経験します。

お腹が空くと、めまいがしたり、お腹が痛くなったりします。

風邪をひいて熱が出ると、意識がボォ~っとしてしまい、普通のような状態で物事を考えることが出来なくなります。

上述したような肉体的の状態の変化によって、あなた方人間の意識は大きく左右されるということです。

多くの人たちは、自分の思った通りに身体を動かすことが出来るので、あたかも自分の意識が身体の全てをコントロールしているように思いがちです。

しかし実際には、意識が身体にコントロールされている場合の方が多いことに気づいていません。

多くの人は、意識で自分の身体を操縦することを学んでいないので、いざ肉体的なバランスが崩れてしまった時に、意識が身体にコントロールされてしまう現実を体験します。

そして身体の不調が発見されると、お医者様に行って、身体のどこの部分が不調なのかを聞き、その問題を解決する何らかの医療手段を求めます。

あなた方の意識は、体調が崩れてしまった場合に、身体を修復することが出来れば意識のバランスも元通りになると知っているからです。

当然のように、肉体のバランスが崩れている状態では、様々なことがらに不安を抱くようになります。

この症状は何か悪い病気の前触れなのではないのだろうか?

身体の調子が悪いのに会社は休めない・・・

仕事に行けなくなったら生活出来ない・・・

身体がアンバランスになるだけで、あなた方の意識のバランスは崩れ、健康な時点では然程は考えもしなかった様々な心配事を思い描くようになります。

肉体のアンバランスを通じて経験する不安感の方向性にも様々なものがあるでしょう。

最も意識にインパクトを与えるのが死に関する不安感かも知れません。

肉体を失って、自分という存在自体が消滅してしまうのではないか? 

そしてここであなた方が知っていなければならないのは、「不安」には固定化された形が無いことです。

不安という状態は、動機がしたり、頭がクラクラしたり、身体が緊張したりするという肉体的な感覚として経験することが出来ますが、
実際に手で触れることは出来ません。

手で触れることは出来なくても、感覚のレヴェルで感じることが出来ます。

感覚を通じて「物理次元の世界では形の無い不安感」を体感してしまうために、それを強く認識してしまうのです。

不安感というのは物理次元の世界では形のないものですが、それでは、非物理次元では一体どうなのでしょうか?

多次元的な構造を持つ想念の世界では、その全てが現実です。

あなた方の意識の焦点が定まっている物理次元の世界では、形のないものが現実として存在しているというアイデアは理解しにくいもかも知れません。

想念という波動の世界の中では、イデアから派生する全てのアイデアに命が与えられます。

それぞれのアイデア、イメージには、それぞれの密度があり、色彩があり、動きがあります。

あなた方が感じることの出来る「不安」という感覚にも、波動的には形態があるということです。

それでは話しを不安と肉体レヴェルの関係に戻しましょう。

肉体的な感覚で不安を感じる時には、その不安を波動として捉えます。

その不安は、何かの引き金が原因で、自らの内面から浮上して来るものもあれば、外的に自分の外側から差し込まれるものもあります。

過去に何らかの「不安」という体験に導く出来事を経験した結果に、あなた方の意識の中に「不安」という波動の種が植え込まれます。

それは現在の生で経験したものではなく、別の生で経験したものかも知れません。

あなた方の魂に刻まれた、別時元での経験の中で体験した恐怖や、恐れ、何かを失うという経験、悲しみ、場合によっては怒りや憤りなどが、今のあなた方の意識の中に再浮上して来る場合も考えられます。

それらの経験の記憶というのは、あなた方の魂の中を通じて「無」の中に記録されます。

それらの情報は、何か触発される出来事が起きる度に現在の意識と共鳴を起こすのです。

そして、あなたの波動域の何処かを振動させ、それを「不安」として体験するのです。

ひとたびそれらの波動的な記録が挿入されると、その振動の揺れが意識の全体に行き渡ってゆきます。

その段階であなたは不安を非常にリアルなものとして感じるでしょう。

不安がリアルなものとして感じられるのは、想念の世界の波動が肉体を通過することによって、体感されるからに他ありません。

では、あなたが感じているその「不安」の波動の全てが、あなたの抱えている不安なのでしょうか?

波動には明確な境界線がなく、様々なものの間を通り抜けたり、移動することが出来ます。

それは全ての波動が光りで構成されているからです。

そして光りは情報を伝達させることが出来るのです。

この光りの伝達を通じて行われる波動の共振は、あなたの中にある何かの不安の種と共振して、それを拡大させて意識の表面上へと浮上させます。

この段階で、多くの人は、体験した不安を自分のものとして体感します。

それはオリジナルの不安という種が出発点となって、それを拡大させて経験するからです。

ここでわたし達が伝えたいことは、あなた方の経験する意識のシフトというのは、波動的に外的な要因によっても触発される。

または拡大されることによっても引き起こされるということです。

分かりやすい例を出して書いてみましょう。

あなたは普通に幸せで、楽しく買い物するために出かけている最中だとします。

しかし、ある時、突然のように何かの不安が頭に持ち上がり、それ以降は沸き上がって来た不安に捕われてしまって、それまでワクワクしていたショッピングさえも楽しくなくなりました。

少し前までは楽しかったのに、目にした何か、耳にした何か、体験した何かが内面の中の不安を浮上させてしまったからです。

それらの瞬間的な経験が、瞬間的にあなたの意識のボタンを押して、そこから不安が一気に浮上して来ます。

意識は、柔軟性を持ち備え、波動で構成されている意識は、光りの速度で共振を起こします。

さらに分かりやすくシンブルに説明してみましょう。

オーラというのは、あなたの意識の状態を波動として体現しています。

このオーラのどこかに外的な不安の波動が張り付いた場合に何が起こるのか?

外から挿入された不安の波動は、元もとオーラの中に記憶されていた不安の波動と共振を起こして拡大します。

そして意識は追加された不安の波動を自分のものだと錯覚して捉えてしまうということです。

これは「不安」というテーマだけでなく、波動的に全てのことがらに当てはまります。

意識の柔軟性が、外的な波動を、自分のものと混同してしまうのです。

 

それでは次の回に、更に話しを進めて、不安とグランディングの関係について進めてみましょう。



お友達と前回のブログの内容を話していて、難し過ぎるとコメントを頂きました。

今回はもう少し分かりやすく、別の意識存在から説明してもらいます。
 

★不安とグランディング

お話してくれた方:アルテミス

テーマ:不安とグランディング

不安を感じ始めると、心の軸が曖昧になって、物事を真っ直ぐに考えられなくなったり、視点をポジティブな方向に切り替えるのが難しく感じられるようになります。

思考は不安なことがらに焦点を合わせ続け、考える必要もない更なる不安までも想像しがちになります。

また時によっては、理由の分からない不安、ただ不安を感じるという体感をすることもあります。

不安は肉体レベルの世界では実態の無いものですが、思考の世界、想念の世界、意識の世界では現実のものです。

不安に陥った時にまず意識する必要があることは、自分が自分の中心軸から大きく離れてしまい、あちらこちらに動いてしまっている状態だということです。

グランディングとは地にしっかりと足をつけて立っているという意味です。

イメージで説明するのであれば、大地にシッカリと根を下ろした巨木のようなものです。

または台風のような豪風にもヒックリかえされることのない、品やかな幹の柔軟さを持ち備えている椰子の樹の姿にも例えることが出来るでしょう。

これらの木々は、大地の中にシッカリと根を張って、地上に出ている幹から枝、葉を支えるための役目を果たします。

不安を含めた様々な感情の揺れを体験している時には、この根の役割を果たす部分がとても不安定な状態になっています。

意識の全体性が、様々な感情によってバラバラに動いている状態です。

不安や恐れを感じる場合の多くは、潜在意識のレヴェルで不安や恐れに関する部分が動き始めます。

潜在意識の元にある感覚の部分が、それらの感情に過敏に反応している状態です。

ここでまず思い出す必要があるのは、不安に感じている自分、恐れを感じている自分は、バランスの取れている時の自分の状態ではないということです。

自分の中の何かの部分がズレている、中心から外れているんだと思い出しましょう。

多くの人は、不安に感じている自分も、恐れを感じている自分も、その全てが自分だと思ってしまいがちです。

それは、感情のエネルギーの動きが、思考のエネルギーの動きよりも力強いためです。

普通にバランスのとれている状態では、思考が優先権を持ち、全ては自分の考えるように動かせるように思います。

しかし、一度、潜在意識下に潜んでいる不安や恐れ、怒り、悲しみなどの否定生の高い感情が意識の上に浮かび上がった時には、冷静な思考を保つことが難しくなります。

これらの難しい状況の中で、どのようにすれば自分を自分の中心軸に立ち戻らせることが出来るのでしょうか?

不安や恐れの感覚を緩和させるテクニックの一つに、呼吸法があげられます。

まずゆっくりと深呼吸をして、不安や恐れのことを考えずに、自分が行っている呼吸のみに意識の力を与えましょう。

ここでの要点は、意識を思考ではなく、呼吸に合わせることです。

ゆっくりと息を吸って、ゆっくりと息を吐き出してください。

この時に、吐き出す息と同時に、身体の中から不安や恐れの原因が一緒に吐き出されるイメージを加えるのも手助けになるでしょう。

そして呼吸によって不安感や恐れの度合いが低くなったように感じられたら、次に意識の焦点を身体に合わせてください。

ゆっくりとした呼吸を続けながら、自分の身体の感覚を感じるように努めてください。

なぜなら不安や恐怖を感じるときに、肉体はストレスの状況下に陥り、筋肉的な硬直が起きているからです。

あなたの意識が宿っている肉体の状態が緊張して硬直した状態にあると、意識も緊張した状態から抜け出ることが難しいのです。

頭痛がすれば何も他のことが考えられなくなるように、肉体的なストレスは意識の動きをコントロールしてしまうほどに強力な力として働きます。

身体の柔軟性が失われると、意識のバランスを取り戻すのも難しくなりがちです。

不安や恐怖を感じている時点で思考の力を使うのであれば、まずは肉体に意識を接続して、肉体の緊張している部分を緩和させてゆくことが大切です。

それは肉体には波動的に過去に経験した時の感情が記録されているからです。

肉体に記憶されている感情の波動を抱え続けるのではなく、解放の方へ向かわせましょう。

そして深呼吸を続けて、更に身体をリラックスさせることによって、感情の揺れは治まる方向へ向かうでしょう。

意識に余裕を感じることが出来るようになった次の段階では、意識を下半身に当てます。

お腹が空き過ぎているとフラフラして下腹に力が入りにくくなると思います。

それは下半身で維持している波動の動き、生体エネルギーの動きが鈍くなっているためです。

グランディングを強化するためには、下半身の波動的な強さを引き上げる必要があります。

これは丹田を強くするとも言われます。

人間の活力に関係する丹田の働きは、下半身に位置する三つのチャクラの働きと密接な関係を持っています。


下半身に意識を当てることが出来たら、次にお腹の中、ちょうどお腹の全面と、裏面の中心の部分を意識しましょう。

意識が身体の中に入ることによって、グランディングの効能が速くあらわれるでしょう。





不安と恐怖と波動体

お話してくれる存在:アルテミス

テーマ:不安と恐れ

不安や恐れを感じることが多い人は、様々な事柄に敏感に反応するようになります。

ではその原因は何なのでしょうか?

それらの人々に共通するものの中に「ビクツキ」という感覚的な反応があげられます。

何か心の琴線に触れる出来事、映像、言葉などに敏感に反応してしまい、感情が揺らぎます。

人間は物理的な肉体を持っていますが、その本質は、意識であり、波動体です。

意識は波動で構成されていますから、身体が意識そのものと、その形態である波動体に包み込まれているのです。

この波動体という霊的な身体には階層があります。

一般的に知られているのが、エーテル体、感情体、メンタル体、コーザル体というオーラの階層です。

それぞれ波動域が違うオーラの階層には、その階層に見合った記憶が情報として保持されています。

メンタル体は思考に関係する階層ですが、思考レベルで何か触発される出来事を考えると、その波動は感情体に伝わり、感情の揺れが派生します。

そして感情体の次にエーテル体を通じて肉体レベルで動悸を感じたり、揺れや、発汗、震えなどと言った肉体レベルでの体感へと導かれます。

肉体次元を含めた様々な次元、時限レヴェルの世界に共通するものが、波動域であり、波動体ということになります。

意識が肉体から完全に切り離されてしまうと、身体を覆っている波動体も肉体から離れ、その姿を変えてゆきます。

その際には肉体を維持していた時に経験した出来事に関する全ての情報も、その波動体の中に維持されることになります。

そういう意味で一般的に使われる「魂」というのもは「波動体」として存在するということになるわけです。

ではこの「魂」と不安、恐れに関する事柄に話しを移しましょう。

魂そのものは波動体で構成されていますから、肉体を持っていた時のように固形ではありません。

波動は柔軟であり、振動しながら、分離と融合を繰り返します。

人生の中で極度に驚くトラウマ体験をした場合に、魂の波動体の一部が、その経験をした場所、時間軸に固まってしまうことが多々あります。

これが「魂を落とす」という出来事です。

そしてこの魂の分離というのは、トラウマ的な出来事だけでなく、人と人の間で行われるコミュニケーションの中でも頻繁に行われます。

ある人がある人のオーラの中に入った時に、その時点で波動的な情報交換が行われます。

人が交流する時に波動の世界では、オーラの一部が持ち去られ、そして別のものがオーラの中に残されて行くという「波動の転換」が絶えず行われているのが真実です。

人によっては、自分の波動体の割合の多くを相手に明け渡してしまう、または相手の波動体の多くを奪ってしまう場合もあります。

これが「魂を虜にされる」という現象です。

話しを不安と恐れに戻しましょう。

トラウマ的な出来事を経験した場合に、魂の一部が本体から離れ、その時空間に置き去りにされるわけです。

このような出来事が数多く繰り返されるようになると、魂の母体を維持している人の感情や感覚に異変が派生するようになります。

これが「心が空白になる」「魂の抜け殻」という表現につながるものです。

絶えず不安や恐れを感じている人は、意識の母体、つまり波動体の多くが分離している状態になっています。

不安を感じてビックリしてドキドキしたり、身体が硬直してしまったりといった出来事が繰り返される度に、波動体の密度が薄くなってゆくのです。

その人の波動体の密度が薄くなってゆくと、同じようにオーラの構造の密度も薄くなってゆきます。

恐れや不安を克服するためには、分離してしまったその人の一部の波動体を取り戻すことを考慮に入れなければなりません。

これがパーソナル・エンパワーメントと呼ばれるものです。

自分自身の本来の力を取り戻す。





 


次回は、分離してしまった波動体をどのように取り戻すかに進みます。


2010/02/10

高層マンションには住まない方が良い?


ブログの読者さんになってくださった「始めよう。自由診療」さんの記事を読んでいて


そう言えば思い当たることが多々あるわけです。

ワイキキのとある高層コンドに住んでいた時のこと。

このコンドは知る人の中では幽霊コンドで有名なのですが・・・。

この時は確か15階だっと思います。

住んでいた半年間、飛び降り自殺の衝動に悩まされました。

ベッドに寝ていると足が引っ張られるんです。

後に別のコンドの11階に住んでいた時期は・・・・。

心身ともに体調絶不調でした。

いま住んでいるのも11階・・・。

早く引っ越しをせよと言われて早くも数年が経ち・・・。

昔からワタシは4階以上には住まないと思っていたのです。

何故かというと、具合が悪くなる確率が高いからです。

しかし現在のリミットは11階ですニコニコ

それは11階でも何とか住めるのが分かったから得意げ

とあるチャネラー氏の場合は、

上からの指令で高層コンドでなければ駄目だと言っていましたが・・・。

まぁ彼は宇宙人系の方なので、空に近い方が良いのでしょう。

こういう方の場合は別ですね。

ワタシの場合は高層に住んでいようがいまいが、来る時にはいらしゃるので大差ないです。

日本のマンションの5階に住んでいた時にも窓まで飛んで来ましたし・・・ラブラブ!

良く高層マンションの上部の方が雑念が少ないから良いという話しも聞きますが、

実際にはどうだかワタシには判断がつきかねます。

確かに地上に近い方が人間の雑念とか想念とか、さらには地域の波動とかに近い感じはします。

では高層はどうなのか? と聞かれたら。

ある意味ではそれより怖いかも知れません。

友人知人が高層コンドに住んでいて遊びに行ったりする時に感じることが多々あります。

ワタシの場合、まず感覚のセンサーが普段以上に敏感になります。

感覚機能がスーパーオンになってしまうので楽しくない。

とにかく落ち着かないので、慣れるのに時間がかかるわけです。

更に建物自体が垂直に建っていない場合は最悪です。

ホノルル周辺には垂直に建っていない建造物は珍しくありません。

外から観ても斜めに建っているとしか見えないコンドもあったりします。

この場合は、非常に重心の感覚が悪くなるので、下手したら気持ち悪くなります。

雑念や想念はどうなのかと言われたら・・・・シラー

地上レベルにいるよりも、影響を受ける度合いは高いと思います。

その理由は、大地から離れているからだとしか思えません。

グランディングがしにくいので、自分の軸がズレやすくなるためでしょう。

更には地面から離れているからといって、そこに意識が存在しないわけではありません。

高層コンドには、そこに住む住人しか住んでないと思われがちですが・・・。

実際にはそうではないですね。

眼に見えない方々が沢山住んでいる場合も多々あります。

さらに建物の構造的によっては、高層でも非常に波動が悪い場合も多々あります。

さらには土台の土地の波動そのものが悪影響を及ぼしている場合も多々あります。

今のコンドの前は一軒家に住んでいましたが、確かに一軒家に住むのは気持ちよいです。

お庭もプールもあったので快適さは比べ物になりません。

ハワイの一軒家というのは、床が地面に近いというか、地面と床が同じだったりする場合が殆ど。

ワタシ的に理想的なのは日本のような「高床式」の家です。

地面から少し床が浮いているくらいの高さから、

平均的な身長よりも少し背が高い二階建て、三階建てくらいが良いんです。

高層コンドに比べたら、2階から3階くらいの高さの方が安定率は高いと思います。

こんな話しを書いていたら、引っ越ししたくなってしまいました。


2010/02/09

Hawaii de 花散歩【予告編】

ここ最近は動画の制作に魅惑されているワタシ。 

今回は前回に引き続き、四冊目のハワイイ本の予告編に挑戦してみました。 

これが昨年から噂のハワイイ本の内容ですラブラブ! 


 

正直な話し、すでに原稿はレイアウトと共に編集の方へ入れてあるのですが、 著者もいつ発売になるか知らない状態です

今回は編集側のデザイナー様の手によって、レイアウトと構成が再編纂されることに。 

春の出版を目指したいと言われているので、そろそろ目処がつくのではないでしょうか・・・。 

ということで詳細が分かり次第にお知らせします。 

次回のオアフ島旅行には「Hawaii de 花散歩」をご持参するのをお勧めしますラブラブ!

【2010年前半のご案内】

【2010年前半のご案内】

スフィアのチャネリング・クラス in ホノルル
3月後半に開催予定。(4泊6日)
ご興味のある方はご連絡ください。

シアトル・ワークショップ&個人セッション
3月後半~4月の第一週
ただ今内容を検討中です。
個人セッション+セミナー、ワークショップになると思います。

Body, Mind, Spirit Expo in ポートランド
4月10日&11日
オレゴン・コンベンション・センター
両日ともデモンストレーションを行います。
お近くにお住まいの方は是非、会場に起こしください。
 
スフィアのチャネリング・クラス in カウアイ島
5月初頭に開催予定。(4泊6日)
ご興味のある方はご連絡ください。

スフィアのチャネリング・クラス in シャスタ山
6月後半に開催予定。
ご興味のある方はご連絡ください。

スフィアのチャネリング・クラス in ハワイ島
8月半ばに開催予定。(4泊6日)
ご興味のある方はご連絡ください。

音譜「スフィア」スカイプセッション 

音譜ホノルルでの対面セッション

音譜ヒーリング・チャネリング・ワークショップ各種

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。手紙

e-mail: makaula@gmail.com

2010/02/08

神様の御使い カメハメハ・バタフライ


ラナイに座ってマキキの方を眺めていたら、

個人セッションを頼まれているホノルル在住の方からお電話がありました。

午後のセッションの確認です。

電話で少し話しをして、再びマキキの山側の風景を眺めていたら、

どこからか蝶ちょが飛んで来ました。

しかもウチのラナイを目指して・・・。

ウチの階は11階なので、空からのお客様が時々いらっしゃいます。

しかし蝶チョのお客様は初めてです・・・・。

やって来たのはカメハメハ・バタフライ・・・・。

カメハメハ・バタフライは【プレ・レフア】とも呼ばれ、

たったの二種類しかいないハワイの固有の蝶ちょです。

2009年の1月23日に正式にハワイ州の昆虫として登録されました。

ハワイ大学の名誉教授であるアンティー・ルビライトはカメハメハ大王の子孫なので、アンティーから聞きもしないのにカメハメハに関する話しを沢山聞かされました。

その中にこの【カメハメハ・バタフライ】も含まれていて記憶に残っていたのです。

目の前の高速道路の向こう側から飛んできました。

高速道路を超えて上昇し、ウチのラナイまでやって来ると、目の前1メートルくらいでパタパタして浮遊。

そのまま上へ飛び去って行きました。

そして再び戻って来て、スゥイ~スイと滑空しながら下へ舞い降りて行きました。


もう一つの固有種は【コア・バタフライ】 Koa butterfly, (Udara blackburnii)

 


このコアバタフライは時によって【ハワイアン・ブルー】、


または【Blackburn's bluet】とも呼ばれます。


ワタシの場合、神様は自然の動物や昆虫を送り込んでメッセージを届けることが多いのです。


例えばハワイでは赤い頭の鳥とか、白い大鷺とかの鳥類です。


昆虫だとスズメ蜂とかクマ蜂とかの蜂系が多いですね。


四国では掌の大きさほどの巨大なスズメ蜂を送られたこともあります。

こういう場合は、必ず神様系の何かに関係していることが殆どです。

蝶チョは一般的には【変容・トランスフィギュレーション】のシンボルでもあります。

毛虫からサナギになって、蝶チョになるイメージからでしょう。

またモス系(蛾)などは、死者の使いとも呼ばれます。

さて一体どんな話しが待ち受けているのか・・・



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ






アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。
 


さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!








¥1,890




Amazon.co.jp












「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」



ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。




世界が変わる日 iPad

ついさっきアップルのホームページで噂の「i-Pad」の発表を観ました。

これは世界を変えます。

「i-phone」と「i-Book」の中間に位置する携帯コンピューターです。




「i-phone」を買うか、「i-Book」を買うか迷っていたのですが、

「i-phone」だと書き物とか不便だし。

「i-Book」も薄いし前よりは軽くなってますけど、気軽さがない。

そう言う意味で「i-Pad」の登場は驚異的です。

旅行先で仕事するのに便利だし。

アプリも充実でワークステーションとしても使えるし。

お絵描きソフトも用意されている。




しかしこの大きさと薄さは驚異的です。

薄いし軽いわけですから、今のように重ためのラップトップを持ち運びする必要は無くなりますね。

小さいから鞄の中にサっと入るし。




しかも縦でも横でも観れてしまうスゴサ。



ビジネス社会でも、
「i-Pad」の登場でフローが大きく変わるでしょう。

例えば病院とかでもカルテがオンラインされて
「i-Pad」でとか。

学校教育でもこの安価さであれば、教科書が一気に
「i-Pad」の中へ入ることも可能でしょう。



普通の人はネット関連のアプリとメール、ゲームくらいで充分でしょうし。

「i-phone」に比べればメモリーもストレージも巨大だし。

フットワークの軽いコンピューターの登場を待っていたんです。




電話として使えない状態ですが、将来的には可能性があるでしょう。

外つけのワイヤレスをアタッチしてスカイプを起動させれば、電話としても充分に働くと思います。

これにビデオ・カメラが加われば、怖いものなしになるでしょう。



とにかく一番魅惑的なのがキーボード。

これなら何処でも執筆が可能です。

ノートブックを買って外で執筆も考えたのですが、

全体的な大きさと、重さに負けてイマイチ決断出来ませんでした。

しかもノートブックは倍以上の値段だし。

この使用で$500以下というのが驚異的。

さらに気になるのがこの先の行方ですね。

この「i-Pad」は最終的にお茶の間を変えるでしょう。

ウチには「Apple TV
」というのがあって、これでしかTVは観てません。

DVDの使用率も低くなって来ました。


このお陰でワタシはスデに「観たい番組を観たい時に観る」生活になっています。


しかもデジタルストリームの時代なので、レンタル屋に行く必要もなく、

「Apple TV」で
家からレンタルしてスグ観れちゃうんです。

この「Apple TV」なんですが、可能性は大きいんです。

何故ならお茶の間コンピューターに発展する可能性が大だからです。


この
「i-Pad」の登場で、「Apple TV」との互換性が確率されれば、

テレビが一気に大型モニターのコンピューターとして変身してしまいます。


操作はタッチパネルの
「i-Pad」を利用すればリモコンよりも使いやすいし。

これにビデオカメラが加われば、お茶の間でテレビ電話も登場するでしょう。

恐るべしマックの世界制覇の始まりですラブラブ!


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿