2009/05/31

聖なる谷の感想(1) ☆さとりんワールド☆

SNSのお友達の、さとりんさんのブログで「聖なる谷」の感想がアップされました。

とても美しい波動の文章を書く方です。

「☆さとりんワールド☆」に行って、読んでくださいね。

http://ameblo.jp/hikarinoward/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

マチュピチュから、帰って来ました。

2009-06-06 07:13:35
先日ご紹介した、マカ~ウラさんの 「聖なる谷」
昨日、読み終わってしまいました・・・。

そう、読み終ってしまった・・・。

この5日間、私は、ツアーの一行と共に、
聖なる谷へと旅に出ていました。

「あぁ、読みながら空想の旅へ出かけたんですね?」と、
お思いでしょうか?

そうかもしれません。
でも、そうでないかもしれない。

文字通り、時空を超えて、同行してしまった。
そんな後味なのです。

まさに、私の姿は目には見えないけれど、
魂でもって、ツアーに参加してしまったような、そんな感じなのです。

体感する読書。
聖なる谷は、前書きから旅の準備が始まります。

そして読み手である私も、心の準備を共にし、
慌しくその日を待ち、
結局、心の準備が整わないまま、
不安と期待で飛行機へと乗り込むのです。

頭のてっぺんのモヤモヤを気にしながら、
新しい景色に、人に、体験に出会い、
見上げた星空に、UFOを見てしまうのです。

主人公である青年、マカ~ウラさんと共に、
胸が苦しくなったり、感涙したり、
頭は常に帽子をかぶったようで、
時々、第三の目の辺りがむず痒くなり・・・。

物語と共に、時間が流れ、感覚が流れ、想いが流れ
その感覚を、体で味わいながら読んでいる自分に気付いて
驚きとともに、なんとも不思議な感覚に襲われます。

言葉ではない何か。

行間から溢れる、その何か。
心のモード、意識のモードがまさに私に転写されてしまう。

そんな不思議な読書でした。

だから、昨日、
私は、マチュピチュから帰ってきてしまったんだな・・・。

そんな、淋しさに襲われ、
でも何故か、今度は本当に一緒にマチュピチュへ行くのだな。
そんな不思議な感覚に、クスッと笑ってしまったのです。

旅の終わりは、力強い旅の始まりとして
現在となる未来への思いで締めくくられています。

その暖かい力強さが、決意が、
静寂と共に、私の内側にも起こってくるのを感じました。

そして、いつでもまた、旅に出ることができるのですね。
こうして今、手の中にある1冊の旅行記は、
何度でも、私の魂をあの谷へと連れて行ってくれるのですから。

マカ~ウラさん
「聖なる谷」を届けてくださって、本当にありがとうございます。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
やっぱりこの本を読むと、脳みそが開くのかなぁ???

今更に宇宙の企みを感じてしまっている私・・・・。

★ハワイ時間 5/31 午後9時30分の状況:
Amazon.co.jp ランキング:
本 - 27,040位

昨日までは5〜6日で発送だったのに、今日は通常1~3週間以内に発送になっていた。

アマゾンにはすでに在庫がないという状況なんでしょうかねぇ・・・?
★ハワイ時間 5/31 午後11時00分の状況:
Amazon.co.jp ランキング: 本 - 30,350位

下がっちゃいましたね(笑)
通常1~3週間以内に発送になっていた。

アマゾンにはすでに在庫がないという状況なんでしょうかねぇ・・・?

朝起きたら上がってました。これは何だか楽しいかも(嬉)
★ハワイ時間、6/1 午前8時00分の状況:
Amazon.co.jp ランキング: 本 - 22,398位

AYA (大阪府)さんが、アマゾンに最初の書評を書いて下さいました。
ありがとうございます〜!★★★★★で〜す(嬉)

こんどは下がってました。結構上り下がりするんですね。

★ハワイ時間、6/1 午後12時00分の状況:
Amazon.co.jp ランキング: 本 - 25,510位



☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

エドワードとの対話

もうすでに「聖なる谷」が届いて、読み終わっている方がいるようです。

まぁ6月6日からキャンペーンが始まるので、それまで待っている方も多いと思うんですけど。

個人的には、感想を受けとるのをワクワクして楽しみにしております。

+++++++++

まぁ先日の夜にUFOさんのご訪問もありましたから、更にワクワク感が倍増しております。

その絡みで今サンフランシフコに住んでいる、当時のペルーツアーを引率してくれたチャネラーの、エドワードとのやり取りを少し。

本を読んでいただければ、エドワードが何者なのかは分かると思います。

1991年というのは、私も含めて、かなり多くの人にとって、とても飛躍というか、人生の転換期的な年だったんです。

その当時にスピリチュアルな分野でトレンドだったのが、「宇宙意識」系の書物ですね。

「バシャール」とか、「エクトン」とか。

それらのノリで、アメリカから相当な数のチャネラーやら講師やらが日本でセミナーやってました。

まぁエドワードもその中の一人になるでしょう。

エドワードは「ジャゼワ」と呼ばれる集合意識をチャネリングする方です。

彼の場合は、その他の外人チャネラーのように、タイミング良く書籍が発売されなかったのもあって、ポピュラーになる前に、引っ込んでしまっちゃったんですね。

エドワードの後を継いで日本で活躍したのが、宇宙人情報に強い、リサ・ロイヤルさんです。

エドとリサの共通点は、どちらも宇宙人遭遇、もしくは宇宙船遭遇している「コンタクティー」という部分でしょう。

エドワードは、アメリカの様々な州に人を連れてコンタクト・ワークをやっていた方だったわけです。

まぁそんな特性のエドワードがツアーの引率でしたから、ツアー中に連日してUFOを見ていたのかも知れません。

エドはペルーツアーから戻って、しばらくして個人的な諸状況で、いったんニューエイジの世界から離れていました。

その期間はおよそ17年。

その間に、一体どれだけ憶測の噂が飛び交ったか(笑)

しかし私の本の出版が決まった時点で、私と17年ぶりにコンタクトが取れたのも驚きです。

それで先日のメッセージのやり取りで、昨日の晩に、本気で本職としてのチャネラーとしての活動に復帰するという決断をされたそうです。

本人いわく、過去に降ろした膨大な量の「ジャゼワ・マテリアル」も整理しないといけないと言っていたので、その内に書籍として「ジャゼワ」の本が登場するかも知れません。

日本にもまだ彼らの名前を覚えている方々も多いでしょうから、どこかが招いてくれれば、日本でのセッションも可能になるのではないでしょうか?

ということで、しばらくはエドワードの本格復帰に関して目が離せませんね。


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」
正式に本屋さんで発売中なはずです(笑)

出版キャンペーンは6/6日から2日間!
詳細はこちらへ

お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★アマゾンでのご予約・ご購入はこちらから

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

ブログ・ランキング

先日お友達と話していたら、ブログ・ランキングの話になりました。

正直な話し、この「ブログ・ランキング」っていうのが良く分かってなかったんですね。

今まであんまり興味なかったし。

色んな方のブログに行ったら、皆さん同じように貼付けているし、じゃぁ無いのも変なので、貼付けましょう・・そんなノリだったわけです(笑)

そして友達と話していたら「色んな項目に分けていると、票が分散するって話だわよ」という情報を聞いたわけです。

それで登録したカテゴリーの変更をしにいったら、やっぱり複数に登録してました(笑)

何も考えずに、しかも説明も読まずに登録してしまったオバカな脳みそ・・・。

ということで、先日こころを入れ替えて登録しなおしました。

カテゴリーは「癒し・ヒーリング」です。

どうして「スピリチュアル」とか、「宇宙人」とかいうカテゴリーがないんでしょうかねぇ。

このブログに「癒し・ヒーリング」という響きがマッチするかと言えば疑問符なんですが、内容に近いものがこれしかなかったので、取り合えず「癒し・ヒーリング」にしておきました。

どっちかと言うと「多次元脳みそ」というカテゴリーが合うと思うんですけど、そんなのありませんから、どこかにハメこまなければなりませんでした。

皆さんの「1クリック」をお待ちしております(嬉)


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊

「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」

!!


キャンペーンも始まります
6月6日朝6時から6月8日朝0時まで


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★アマゾンでのご予約・ご購入はこちらから

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/30

UFO来てます

今、ハワイ時間の夜9時10分過ぎ。

夕飯を食べて、ラナイで夕涼みをしていたら見つけました。

マーノアの山の向こう側。

ちょうど今日出かけたラニカイの空の上当たりでしょうか。

久しぶりのUFOです。

今、家に泊まっている友人を呼んで、見てもらいました。

彼女は今までUFOを見たことがありません。

パっと見では、キラキラ光る星のように見えるんですけど、違うんです。

ペルーで見たUFOのように、ダイヤモンドのように青く輝いていて、さらに両端というか、中央の光りの横に、グリーンの光りが同じようにキラキラと輝いています。

ちょうど三つ重なっているかのようにも見えるし、本体からアンテナのように二つの輝きが出ているようにも見えます。

その周囲でも、小さな光りの輝きが時折のようにフラッシュしております。

「聖なる谷」の出版祝いに来てくれたのかな?

道理で頭が何日間にも渡って開いているわけです。

とこれを書いていたら、メールにエドワードからフェイスブックを通してメッセージが入っているのを見つけ・・・。

そしたら何と、エドワードがジャゼワのアカウントを登録していて、ジャゼワとの再会です。

あまりのタイミングの良さに、偶然を飛び越えたものを感じました。

ジャゼワにお礼を言って、わざわざホノルルまで見せに来てくれたことのお礼を書いていたら、涙が出てしまいました。

時間が18年間の距離を飛び越えて、今まで折り畳まれていた時間が浮上して融合し始めているんですね。

15分くらいラナイを離れて、再び戻ったら、普通の夜空になってましたけど、位置が移動してました。

少し離れたみたいですね。

私が思うに、多分いま地球の近くに母船が来てるんでしょう。

楽しみですね。

これから数日間は、夜の星の輝きに気をつけて見てみるのをお勧めします。

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」
ただいま発売中!



お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★アマゾンでのご予約・ご購入はこちらから

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ:ハワイアンのスピリチュアリティー」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

「スピリチュアルに楽しむオアフ島:史跡、伝説とパワースポット」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

「聖なる谷」キャンペーン

ようやくキャンペーンの日程が決まりました。

★ 出版記念キャンペーン:第1弾 ★

★期 間:

2009年 6月6日(土曜日):午前6時

〜6月8日(月曜日):午前0時まで


★対 象:

アマゾン、書肆侃侃房、または各種書店で

「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」
【書肆侃侃房 【アマゾン

もしくは

聖なるハワイイ:ハワイアンのスピリチュアリティー」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

「スピリチュアルに楽しむオアフ島:史跡、伝説とパワースポット」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

のどれか一冊をご購入になられた方、

先着100名様。

★特 典:

オリジナル・デスクトップ背景 36枚組

「ハワイアン・カラーズ」

先着100名様にプレゼント!


★★★40ページのデジタルブックレット付き★★★

コンピューターのデスクトップの背景に使える、

マカ〜ウラが撮影・制作した、美しいハワイのイメージ集。

しかも豪華に36種類ものイメージをプレゼントしちゃいます。


キャンペーンの更なる詳細はホームページでどうぞ。


キャンペーンのページから36枚全てのイメージを見ることが出来ま〜す。


ブログやメルマガをお持ちの方、是非ぜひ告知のご協力お願いしま〜す!

ブログやメルマガでご紹介して下さった方には、
無料で1時間チャネリングをさせて頂きま〜す。

メールでリンクをお知らせしてくれれば、セッションをスケジュールいたします。

お友達にもメールなどでお知らせしてくださいね。

まはろ・ぬい・ろあ (感謝・感謝)

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」
いよいよ発売だぁ〜!



お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★アマゾンでのご予約・ご購入はこちらから

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ:ハワイアンのスピリチュアリティー」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

「スピリチュアルに楽しむオアフ島:史跡、伝説とパワースポット」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

ホームページの更新

長年にわたって更新していなかったホームページを久しぶりに更新しました。

http://homepage.mac.com/makaula/Welcome.html


やっぱり更新していかないと駄目ですね。

更新作業をしながら色々なことを考えてしまいました。

また機会をみて少しずつでも更新を重ねて行きたいと思っています。

これからブログに掲載した映像をまとめて一カ所にしたりとか、

前のような情報満載のスピリチュアルに役立つ情報とかも充実させる方針でいます。

「宇宙の24時間質問箱」も復活させるか???

ブログのみならず、ホームページにも遊びに行って下さいね。


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」発売間近!!!


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★アマゾンでのご予約・ご購入はこちらから

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/29

頭が開いてチャララ〜ン!

ここ数日は、何故か頭が開きっぱなしなんですわ(不思議・・・)


こんなに頭が長期間に渡って開くのは非常に珍しいんです。


まぁ第七チャクラ、王冠のチャクラというのは、私の場合は結構頻繁に開くんですけど、ここ数日は異常です・・・。


別に何処かへ出かけているわけでもないし、家で一生懸命に「聖なる谷」のキャンペーン関係のことをやったり、チャネリングのクラスの準備をしたりしているだけで、特別に何かをやっているわけではないんですね。


何が進んでいるのかと言えば、上記のことくらいなので、これが「聖なる谷」の発売に関係があるのかどうかは良く分かりません。


でも何でか分かりませんけど、開いております(笑)


私が思うに・・・・。


これは「スフィア」に関係しているのではないかと・・・。


先日のブログにも書きましたけど、「スフィア」は私がこれまで出版した本とは全く方向性の違う内容のチャネリング本です。


「スフィア」の構成の中にはヒーリングのテクニックも含まれるので、新しいヒーリングのテクニックを学んでみたりしました。


非常に簡単に出来るテクニックというか、あまりのシンプルさに、大丈夫かいな? と思いつつも、少し練習して、実際に遠隔ヒーリングで使ってみたわけです。


しかし、それがこんなに引っ張るわけないし・・・。


とにかく今までになく「スフィア」のことを四六時中にわたって考えているので、そうすると頭が開くのは理解出来るのですが、考えてない場合もあるわけだし・・・。


ここ1〜2年は、チャネリングのセッションを受けるのは、かなり意図的に避けていたんですね。


ましてや「スフィア」の考えで実際にクラスを教えるなんて考えてもいませんでした。


しかし、上はそうは考えていないようで、どう考えても、教える方向へ引っ張っているようにしか感じられないんですわ。


でないと、このノンキな私がテキスト本なんて本気で終らせようなんて思わないからです(笑)


「スフィア」の絡みで、少し落ちついたら「コズミックシフト2009:パート2」の情報降ろしもしないといけないし。


この「CS2009-#2」は前回のよりも濃い内容になる感じだし。


今これを書いている間にも、開いている脳みそが、更に別の振動域で開くんですから、これはそれらの情報に関係あるとしか思えません・・・。


う〜ん、もしかしたらガイドが入れ替わるのかな???


何か不思議なことが起きております。




☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」発売間近!!!!



お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。


★アマゾンでのご予約・ご購入はこちらから


★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★


「聖なるハワイイ」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】


お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/28

スフィア:光次元世代の意識統合ツール

最近はまだまだ色々とバタバタしております。

シアトルからお客さんも来ているし、「聖なる谷」関係の諸々の仕事を終わらせなければいけないし・・・・。

まずはキャンペーン用の「ハワイアン・カラーズ」を終らせなければ・・・(焦)

そしたら久々の「チャネリングのクラス」の準備を本格的に始めなければなりません。

そんな感じの日々の中で思ったことは、「スフィア:光次元世代の意識統合ツール」のこと。



もう表紙のイメージは出来ているという変な状況なんです(笑)

ウチに泊まっているお友達が、出版社から送られて来た本屋さんに送られるチラシを見て一言・・・「この『スフィア』っていういのを読みたい人は沢山いるでしょう」とおっしゃいました。

別にこの方はスピリチュアルに系統している方ではないんですけど、普通のレヴェルで興味はある方なんです。

そんな方から「スフィア」の話が出るとは思わなかったので、少しビックリしました。

この「スフィア」はチャネリングのクラスのテキストを基礎にして構成し始めているんですが、実際には、それを遥かに超えます。

この本の内容は「チャネリング」のみならず、「ESP:エクストラ・センサリー・パーセプション」の事柄に関してかなりの重きを置いています。

その中で書きたい内容は「身体の操縦の仕方」的な部分です。

東洋医学的には気脈のこととかから始まり、エネルギー体のこと、オーラのこと、チャクラのこと等、わたし達の身体に元々備わっている霊的な機能に関する内容になります。

更にはその延長線上で「ヒーリング」についても解説してますし、そのヒーリングに関する内容も、かなりアドバンス的な内容になるでしょう。

どちらかと言うと「総体的なサイキック能力開発」に近い本になるということですね。

先日のブログでは、いつ書き終わるのか、そしていつ出版されるのか見通しは無いという話しを書きましたけど、「聖なる谷」の一件で、考えを変更しました(笑)

今、抱えている次のハワイ本三冊目、これが私の手元を離れたら、すでに予定に組んである「ハワイ本四冊目」を進めながら、それと同時に本格的に取り組みます。

まぁ頑張って来年のどこかで出せれば良いでしょうって感じですね。

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」発売間近!!!


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★アマゾンでのご予約・ご購入はこちらから

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
【書肆侃侃房】 【アマゾン】

お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/26

「聖なる谷」が届きました。

本日、郵送で「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」が手元に届きました。


↑ これが実物です!

正直な話、私は久しぶりに感動しました。

前の二冊のハワイ本の時は、そんなに感動しなかったんです。

二冊とも制作するのが大変だったにも関わらず、届いた時は嬉しかったんですけど、そんなに感動しなかったんです。

最初の二冊が届いた時は、感覚的には「あぁ、やっと仕事が終わったんだ。これで一息できるのね」という、肩から荷が降りた感じでした。

しかし、今回は違いました。

まず驚いたのが、本の厚さです(笑)


↑ まず、この本の厚さに感動してしまいました。

「こんなに厚い本になったのね・・・」とビックリしましたが、紙質が軽いので、重いイメージは何故か、一切ありません。

逆に、手に取ってみると、異常に軽いんです(驚)

結構厚めの本なのに、手に取ると、ビックリする位に軽い・・・。

前の二冊はオールカラーでしたから、使われているインクの量が違うのもあると思いますけど、「聖なる谷」は、とっても軽いんです・・・・。

この本の存在は、もしかすると、地球の重力に反しているのではないか? と思ったくらいです。

波動的にも、前の二冊よりも、非常に透明感があるというか、明るいんですわ。

自分で書いていますから、どこまで客観的になれるのかは少し疑問符ですけど、前の二冊とのあまりの違いに驚いてしまいました。

手に入れた方の、この本から受ける印象というか、手に取った時の感触とか、感覚とか、一体どんな感じがするのか、とても興味あります。


↑巻頭の16ページはカラーです。 

カラーページはやはり奇麗ですね。

この本は写真集でもないし、ガイドブックでもなく、旅行記なので、写真があった方がイメージが湧きやすいと思います。

本文の中にも、かなり多数の白黒写真が掲載されています。

本の構成が、前の二冊とは完全に違うので、「聖なる谷」は読み物としてのレイアウトで組まれています。

文字の大きさも小さめで、横書きだった前回の二冊に比べれば、縦書きだし、文字も普通の大きめのサイズだし、行間も普通の本の大きさです。

私も歳をとってきまして、小さな文字は読みにくいという世代に入っているので、読みやすい行間にして良かったです。

でもハッキリ言って、読み始めると、写真なんか目に入りませんでした(笑)

前述したように、校正やらで、何度も読んでいるんですけど、実際に本の形になってから読むと、読んでいる時の感覚が全く違っているのに驚きました。

前回の二冊の時は、読みながら、誤字脱字を探してしまったし、文章表現のされ方とか、内容の流れとかに気が動いてしまっていたんですけど、今回はそんなの一切なしでした。

更に感動したのは、この本の編集に関わってくださった編集者の采配というか、技術というか、心配りというか・・・。

編集の時点で、そんなに大幅な文章の変更は入ってなく、主に誤字脱字とか、文章の終わりの並びとかに焦点が当てられていたんです。

しかし、いざ完成したのを読んでみると、良い意味で、違うんです。

精神世界も約20年くらい足を突っ込んでいますから、ツイツイ説明不足がちになってしまったりしていた箇所も、丁寧に分かりやすく編集が行われているわけです。

この編集側の意識の高さに感動してしまいました。


↑ オマケに届けられた、本屋さんの発注用のチラシ

この発注書が本屋さんに送られるんですね。何か不思議な感じがします。

別にゴーストライターを使ったわけでもなく、自分で書いてますし、何度も何度も、一体何度読んだのか覚えられない位に読み返してるし、内容も頭の中に入っているので、飽きても良さそうなんですけど、またしても読んでしまいました(笑)

椅子に座り込んで、読み始め・・・。

二時間もかからない位で、一気に最後まで読んでしまいました(笑)

まぁ一気に読めてしまうのは、自分で書いているからだと思いますので、お読みになった方が、一体どれくらいの速度で読んでしまうのか? にも非常に興味があります。

あとは、読み進めて行く段階で、感覚がどういう風に変化するのか。

言葉の入って来る感覚とか、読みながらイメージが脳裏の中で再構築される感覚とか。

旅行記なので、色んな場所に行くし、色んな経験をするんですけど、それが読み手の中で、一体どういう風に伝わるのか? に非常に興味があります。

また、波動や、周波数に敏感な方々もお読みになられると思うので、それらの超感覚をお持ちになっている方々の反応も、非常に興味があります。

私が読むと、実際に体験したことを、再体験する方向性で感覚が動くんですけど、これを他人が読んだ時に、一体どんな感覚を体験するのか? が知りたいわけです。

その理由はですね。

私が思うに・・・。

これは私的な感覚で、自分で書いてますから、客観性に欠けるかも知れないと思うんですけど・・・。

しかし、読んでると、クラウン・チャクラ(第七チャクラ)が開くんです・・・・。

最初から読み始めてみて、「エっ・・・? どうして開くのよ?」と思ってしまったわけです。

箇所によっては、第三の目とか、第一チャクラが開くところもあるんですけど、全体的には、王冠のチャクラがメインに開くんです。

しかも、読み終わった後も開いてる・・・・。

これは私だけの反応なのか? 

それとも超感覚を持っている人だったら読みながら感じられるものなのか? 

じゃぁ超感覚を意識してない、そんなの気づいてない人だったらどうなのか?

ということで、お読みになった方の感想をお待ちしております。


↑ 編集の方がプレゼントしてくれたオリジナルの絵はがき。可愛いでしょ?

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」発売間近!

お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/23

ハワイアン・カラーズ

私は現在、全ての作業をストップさせて、「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」のキャンペーンのための、ブックレット「ハワイアン・カラーズ」の制作に専念しております・・・。

前のブログにも書きましたけど、これはコンピューターのデスクトップの背景に使える、ハワイのイメージ集です。

しかも豪華に36種類ものイメージをプレゼントしちゃうんです。



さらに、背景イメージだけでは物足りないと思ったので、40ページものデジタル・ブックレットのオマケ付き〜!



正直な話・・・・結構大変なんです(困)

しかし、宣言してしまった手前、中止にするわけにもいきませんから、頑張って制作しなければなりません。



ということで、これは先着100名さまとなっております。




ブログランキングも17番まで上昇しました。


ありがとうございます。感謝・感謝。


ようやく「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」のキャンペーン用に作った


「ハワイアン・カラーズ」が発信されたようです。


随分と長くお待たせしてしまいました。


遅れた理由は、この私・・・(困)


画像はすでに、とっくの昔に出来ていたんですが、デジタル・ブックレットの方が進まなかったわけです。


当初は結構簡単に書けるだろうと思っていたんですが、甘かったです。


一気に他のことが浮上して、ツイツイそちらに気を取られていたら、モードが変わってしまって、デジタル・ブックの執筆に意識が向かない状態へ・・・。


そのお陰もあって、合計43ページになってしまった「デジタル・ブック」は、当初考えていたよりも、良いものになったと思います。


「聖なる谷」の方も、まだ一ヶ月しか経っていませんが、首都圏では、まぁまぁ順調に伸びているようです。


興味のありそうなお友達にも是非ご紹介してくださいね。


ということで、予定よりも遅くなってしまいましたが、すでに出版社の方へお礼のメールが入っていました。


ダウンロードされた方、画面を背景にして、楽しんでください。






ハワイアンカラーを受け取った方からのメールです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ありがとうございました!!!


とってもうれしいです。


マカーウラさんの本では、ディープなペルー旅行気分を


そして、今回は、カラフルなハワイのシーンの数々を


なんともぜいたくな旅ごころいっぱいの企画に感謝です。


Mahalo nui☆


感謝の気持ちを込めて

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。

2009/05/22

「ゆりちかへ」ママからの伝言①



ゆりちかへ―ママからの伝言  

テレニン晃子

四六判、並製、152ページオールカラー 
定価1,365円(本体1,300円+税)
ISBN978-4-902108-62-0 C0095

難病に冒されたテレニン晃子さんが、まだ幼い娘「ゆりあ」に、せめて自分の思いを残したいと、書き始めた本が一冊になりました。

赤ん坊を抱き、お乳を飲ま せること、いっしょに遊んでやること、そのどれもがままならない、普通のことができない。

娘の将来を見てやれないかも知れない、そんな切なくいとしい娘へ の思いがいっぱい詰まっている。

「生きるとは、子どもを生み育てるとは、夫婦の愛とは……」

娘へのメッセージは、「勉強、お金、恋、sexのこと……」と、どれも自分に置き換えて読める、生き方を問う一冊。


********************


↑ ウチの出版社の本の中で、一番気になる本です。

まだ読んでないんですけど、ホームページに行って、このページを見るだけで、涙が出て来てしまうんですわ。

読者からのコメントとかも書き込まれているんですけど、圧倒的な波動を感じてしまうスゴさ。

内容的に、自分の経験と重なる部分が多いと感じているので、読みたいけど、読みたくない、泣きたいけど、泣きたくない・・・ という不可解な心境になってしまう本。

「心の琴線に必ず触れるのが分かる本」というのも非常に珍しいです。

私はこれを読むのに個人的にカナリの覚悟が要りますが、でもきっと読むと思います。

サッサと読んだ方が早いのかもしれませんけど・・・。


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ



アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますねラブラブ!

UFOさらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!

聖なる谷  空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae

¥1,890 Amazon.co.jp

2009/05/21

音声ファイルに挑戦・・・。

近頃は、ジュジュと一緒に音声ファイルというものを作る機会が多かったんですけど、今回、始めて自分一人で挑戦してみました(笑)

これは思ったよりも大変ですわ・・・。

一回の録音を済ませるのに,一体何度やりなおしたか・・・(笑)

何度も挑戦してみて分かったのは、声優さんとか、声を使う職種の方々の才能とか、技術とか。

30分の録音をするのに、その中のどこかでズレてしまったら、最初からやり直しなわけですから、大変です。

最初の30秒で駄目だったのを皮切りに、10分とかで駄目になったり、20分で駄目になったり・・・。

何ぶんにもスタジオ録音ではなく、自宅での録音なので、時には終りがけに救急車のサイレンが巨大な音で走り抜けたりと・・・。


何で音声ファイルなのか? というのは、これはチャネリングのクラスの為の、誘導瞑想の音声ファイルの制作です。

今までジュジュと一緒に録音した音声ファイルでは、色んな反応がありまして、聞いてると仕事が入るとか、回転が早くなるとか、気持ちよくなるとか、様々な反応をいただいていました。

まぁわたし達ツイン・チャネルが話すわけですから、それなりの波動と周波数が耳から入るので、聞いてる方に何かしらのことが起きても不思議はないわけです。

しかし、今回は私一人なので、ジュジュ抜きで、一体どこまで出来るのか? というのがありました。

何度もやりなおしを繰り返した結果に何となく分かったのは、録音している時の意識状態によって、録音される周波数が変わるということです。

今回は、ただ話を録音するという内容ではなく、テキストがあるものだったので、テキストに沿って録音をしなければいけなかったのですが、これが難しいわけです。

テキストを棒読みしても、波動が録音されてないのが分かるので、色々と試行錯誤した結果に、コツというか、どう意識を切り替えれば、上手く録音出来るのか? ということが分かり始めてきました。

結果として、録音している最中に、意識状態をあるレヴェルにまで引き上げて、チャネリング状態に近くしていないと、波動が乗り切れないんです。

チャネリング状態で録音すると、テキストから離れてしまうことも。

逆に意識がテキストにだけ向かってしまうと、ブチっと波動が録音から切れてしまう。

ということで、何とか数本録音しましたが、まだまだ先は長く,録音しなければいけないものが沢山あるので、しばらくは、この録音作業が優先されると思います。

この音声ファイルの効果的な録音の仕方がもっと明確になってきたら、波動を録音して届けるのも上手くなると思いま〜す。

ということで、私は新しい分野に挑戦中・・・・。

フフフ。

その内に、音声ブログっつ〜のもやってみるかも???


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」発売間近!

お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。


★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/20

いま考えていること

ここ最近は色んなことが頭に浮かんで来ています。

そのメインはチャネリングのクラスのこと。

そろそろクラスのテキストをアップデートする時期に差し掛かった感じがしているので、再構成をして、新しいフォーマットに仕立て直すことを考えていました。

そしたらクライアントの中からチャネリングを習いにハワイへ来たいという話があったので、お受けしました。

そこでテキストが再登場するわけです。

「スフィア●目覚めと統合の光次元ツール」という原稿を書き始めたのは数年前になります。

これは10年以上も前に書いていた「オープニング・チャネル」というクラスのテキストを元にしたものです。

ちょうど「聖なるハワイイ」と「スピリチュアルに楽しむオアフ島」の入校が終って、一息ついた時期だったのもあり、たまたま「チャネリングを教えてください」という話もあって、テキストの再構成を手始めていました。

すでに10年以上も前のテキストですから、アップデートする時期だったのかも知れません。

この、書きかけで中途半端になってしまっていた「スフィア」のことが、お受けした「チャネリングのクラス」のこともあり、ここ最近わたしの脳みその中で動き出しているわけです。

先日、ジュジュと色々なことを話していて、同じようにチャネリングのクラスの話になりました。

まぁ「チャネリングのクラス」と言っても、わたし達の場合は、一般的に理解されている「チャネリング」という概念にそのまま当てはまらないことが多いと思います。

そこで「スフィア」の話しが再び持ち上がって来たんです。

二人ともコンシャス・チャネルだし、どちらかと言うと、チャネラーというよりも、サイキック的な要素が強いので、「サイキック・チャネラー」というのが妥当な呼び名です。

そういう意味では、一般的なチャネリングの概念と取り組み方が、かなり違う角度になるので、新しい名前が必要でした。

「スフィア」は基本的に、一般的なチャネリングの概念を取り込んではいますが、それだけではありません。

一般的な概念よりも、更に広い領域を取り扱います。

それは「情報の取り込み方の角度」というもので、一般的なチャネリングの技術よりもかなり広い「ファセット:側面」を扱うためです。

私のチャネリング能力が開いて18年以上も経ち、チャネリングのスラスのテキストを組んだのがその4年後ですから、今の方が、内容的にかなり進化しているわけです。

ということで、わたしは次のハワイ本三段目を仕上げながら、この「スフィア」の再構成に励みつつ、そしてハワイ本の四段目も取り組まなければなりません・・・。

「スフィア●目覚めと統合の光次元ツール」は、一般へ向けた書籍としての出版は現在のところ考えていません。

それは自分でも一体いつ書き終わるのか検討がつかないからです(笑)

そういう意味では「皆様いましばらくお待ちください」的な状況です。


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」発売間近!

お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/19

出版社のホームページ

何となくウチの出版社のホームページを見ていたら、色んな本が出ていて、クリックしながら内容を読んでいました。

ネットでどんなことが書かれてるのかを知れるのは良いですね。

しかも、本によってはページのレイアウトまで掲載されている・・・。

何の気なく私のを見てみたら、何と目次まで掲載されていました。


こちらに行くと目次が読めます(笑)

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」がもうすぐ発売!

お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174

「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184

ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/18

ナチュラル・スピリット

先日、マーノア渓谷にある「ライオン植物園」に行った時に撮影したビデオです。



☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」がもうすぐ発売になります。

お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/16

チャネリング能力は開発可能か?

数日前にジュジュのメルマガの中で、どのようにして「オーラ13の魔法」が誕生したかという話しが書かれていたので、関連する話を少し。


ジュジュは誰でもオーラが読めるようにと「オーラ13の魔法」を、多くの人とのリサーチをしながら作り上げたそうです。


わたしはまだ「オーラ13の魔法」を読んでいないので、この本の内容がどんなものなのか分かりませんから、別のところから書いてみます。


世の中には「チャネラーになりたい」、「ヒーラーになりたい」、「能力者になりたい」と思っている方は結構たくさんいるようです。


でも多くのヒーラーやら、チャネラーやらサイキック、能力者というのは、その多くが「生まれつき」なので、そんな能力は、生まれもってないと駄目なんだと思う人も多いです。


しかし「自分にはそんな能力は無いわァ・・・」と諦めるのは早合点です。


私の場合は生まれつきではありませんでした。


26歳くらいから少しずつ予兆がありましたけど、実際に始まったのはそれ以降です。


開花が始まる前から、必要に迫られて、精神療法的なテクニックも20代の始めに習っていたし、事前に色んな本を読んでいたし、生き残るために瞑想もやっていたので、ある意味で素地が出来ていたんだと思います。


能力が表に出始めてからも、セミナーに出たり、本を読んだりして真面目に勉強しました。


私の場合はセミナーよりも、本からの情報の方が多いと思います。


現在までの過去に、その手のセミナーとかワークショップに参加したのは、4回くらいしかありません(笑)


しかもその内の2回はチャネリングが出来るようになってからです。


それは他の人が一体どのように教えるのかを知りたかったので参加したんです。


なので、ハッキリ言って、霊的な能力は開発が可能です。


ちゃんとお勉強することによって、能力は開花してゆきます。


ですから諦めないで、真面目にお勉強する方向へ脳みその回路を切り替えましょう。


「出来ればいいなぁ・・・」くらいのノリだったら、いっそのこと「出来るようになっちゃおう!」くらいの明るいノリにギアを変えましょう。


わたしは過去に何人もチャネリングを教えて来ました。


その経験からだと、ちゃんと教えれば、皆さん出来るようになります。


過去のブログにも書きましたけど、チャネルを開くのは結構かんたんなんです。


開くことよりも、それを維持して、さらに進化させる方が難しいんですわ。


出来るようになるんですけど、興味が続かない方が多くて、次第に回路が閉じてしまう人が多いんですね。


何事も日々の精進というか、地に足の着いた訓練が最終的にものを言いますから、経験値を増やして行けば、能力は進化するんです。


だからオーラ・リーディングも出来るようになります。


ヒーリングも同じで、ちゃんと真面目に勉強すれば必ず出来るようになります。


ジュジュのメルマガの中で「目の位置を変える」とオーラが読めるようになる。という部分があります。


これは正解です。


私の出逢って来た数多くのサイキックやら、能力者の方々を観察してきた結果に、コンシャス状態でリーディングする際には、皆さん同じ目の動きをします。


眼球の位置を変えることで、スイッチをオンにしたり、オフにしたり出来るんです。


ホノルルには「ラン・ボー」さんという非常に有名な女性のサイキックの方がいます。


お友達に連れられて初めて彼女の家へ届け物をしに行った時のことでした。


ちょうどランさんが出かける時で、駐車場で会釈をしたくらいで、別に長い話をしたわけでもないし、ほんの1分くらい同じ敷地にいただけの状況でした。


しかしお互いサイキックなものだから、分かっちゃうんです。


ランさんのアンテナというか、意識が私のオーラに、ピピッと触れるので、オーラを通じて何かを読んでいるのが分かってしまったわけです。


振り返ったらランさんの顔がリーディングする人特有の顔つきというか、目の位置になっていました。


これは私もジュジュも同じです。


回路を切り替える時に、眼球を動かして、瞳の光彩の位置と、瞳孔の大きさを変えるんです。


この他にも様々なスイッチが色んな場所にあって、それを駆使して読み込んでいくんですわ。


例えば、頭の位置とか、その角度、首の角度、耳の位置、手の位置とか、数え上げれば切りがありません。


前に何度も書きましたけど、わたし達の総体性というのは、重層構造なんです。


身体の機能というのは、潜在意識下の領域に入りますから、身体は独自の感覚機能を持っていて、身体には独自の意識があるんです。


これは、車を持っていて、車を運転出来るけれども、車の構造を良くしらない状態と同じなんです。


車を買うと、ちゃんと構造を説明しているマニュアルがついて来ますけど、そのマニュアルを完全に理解している人は、極稀でしょう。


しかし、人間という「意識の乗り物」には、印刷されて本になっているマニュアルが付いてないんですね。


霊的な身体のどこに、何のボタンがついていて、どこが何処に繋がっていて、どれがどんな役割をしているのかが、明確に分からないわけです。


中国は、鍼灸、気功や太極拳という分野から始まって、サイキックな領域の研究に対して意欲的です。


この鍼灸の中で語られる、体内を走る「気脈」や「ツボ」というのがあります。


これらの情報が図式として明確にされているのは、その「気脈」を見ることが出来る人、感じることが出来る人、さらには、気脈自体を見せることの出来る人がいるからです。


これと同じ領域のものに「チャクラ」があります。


世の中には、この目に見えない「チャクラ」が見える人、感じられる人、さらには、それを見せることが出来る人がいるんです。


話変わって、現在の多くの製品は、エコ的な方向性で、製品に印刷されたマニュアルが付いて来ないものも増えて来ました。


それはオンラインでダウンロードできるようになっているからです。


製品のマニュアルやチュートリアルが欲しければ、オンラインで降ろせば良いわけです。


これと同じ原理で、意識で出来た身体の構造マニュアルは、意識をオンラインさせて、検索し、ダウンロードしながら情報を読むことが可能なわけです。


過去にジュジュとツインチャネルやら、ワークショップやらを一緒にした経験の中でも、それらの情報を降ろすことも多々あったんですね。


そういう意味で、私はこの「オーラ13の魔法」を読むのを楽しみにしていわけです。


一体どんな内容が書かれているのか・・・・?




ということで、オーラに興味があって、オーラが読めるようになりたい方は、小宮・ベーカー・純子の「オーラ13の魔法」を読んで練習してみましょう(笑)


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」がもうすぐ発売になります。


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。


★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★


「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174



「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184



ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/15

聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて(3)

正直な話、わたしはこの本の出版を諦めていたというか、絶対に世の中に出すぞ〜!的な意欲はあまり無かったんです。

1991年に書き上げてから、まず最初に持っていったのが、バシャールやら、エクトンなど数々の大ヒットを出版している「ヴォイス」という出版社です。

一緒にペルーへ行ったカメラマンの友人と一緒にヴォイスの社長さんとお会いしました。

まぁ結果的にヴォイスでは駄目だったんです。次期が早すぎたんでしょうね。

その頃はプロとしてチャネラーになるという段階でもなったので、名前も出てないし、知名度も全く無い状態でしたから、無理な話だったわけです。

その後に本格的なチャネリングのトレーニングが始まって、その後にも何回か社長さんとお会いするチャンスに恵まれました。

しかも1993年にアメリカへ引っ越す前に、何故だかヴォイスの旅行部から電話が入り、東京で行われるペルーツアーの説明会に来て欲しいと頼まれました。

説明会で話す人がいないという状態だったのです。

その時には既に東京でチャネリングの仕事を始めていたので、東京へ出かけて行きました。

この時のことは良く覚えています。

私はかなりの数の写真をスライド用のフィルムで撮影していたので、映写用のスライドを用意したりしたのもありますが、その時の説明会の時の成り行きが印象深かったんです。

会場には20人くらいの人がいたと思います。

宇宙人系の情報が特色のリサ・ロイヤル氏がツアー・リーダーで行くペルーツアーの説明会だったんです。

旅行の行程が私たちの行程とは違って、このツアーはボリビアの方へも行く予定になっていました。

どんな場所か? から始まって、どんなことが起きたなど、スライドを変えながら色々な話をしたわけです。

当然、その時点では行ったことのないボリビアの話は出来ません。

時間も残り少なくなって、ペルーの話も終わり、ボリビアのことに少し触れましたが、その時に、チラっとリーディングしたんです(笑)

ボリビアの行程とか、どんな感じになるのかをチャネリングで読もうとすると、空白な感じで帰って来たんです。

そこには行程すら無い感じでした。

説明会の間もアンテナを張って話していたので、終わり頃にピピっと情報が入ってしまったんですね。

そして私の口から出た言葉は・・・・。

「う〜ん、もしかしたら何かの原因で、ボリビアには行けないかもしれませんよ。」でした(怖)

後から聞いた話ですが、行けなかったそうです。

その後に私は渡米して、生活の拠点がアメリカに移り、「聖なる谷」の出版は頭の中から消えてしまいました。

その代わりというのも変ですが、「コズミックシフト」の執筆が始まったんです。

シアトルからホノルルへ移動してから、再び「聖なる谷」の出版を目指して、幾つかの出版社に原稿を送りましたが、実現化しませんでした。

丁度、日本の経済状況が悪くなっていった過程や、インターネットの急速な普及で本離れが騒ぎ始められていた時期です。

この頃にワシントン州にお住まいの翻訳家で、「バーソロミュー」シリーズと、ヴォイス刊の「ソース」などを手がけられた。ヒューイ・陽子さんにも誤字脱字の訂正を手伝っていただきました。

それから再び「聖なる谷」は置き去りにされ・・・(笑)

ホームページ作りに意欲を燃やしていた時期に、本として出版出来ないのであれば、ネットで公開しましょうか? という単純な理由で、ホームページで公開したわけです。

かなり長い年月の間に渡ってホームページに載せていたので、すでにお読みになっている方々が多いのはこのためです。

前回のブログでも書きましたけど、沢山の方々から感想のメールを頂きました。

まぁ話の内容で、UFO目撃が頻繁に出て来るのもあり、その頃はヴォランティアで「宇宙の何でも質問箱」という質疑応答もやっていたのもあり、「宇宙人チャネラー」という名詞がつきまとい始めたのもこの頃ですね。

ネットで公開してしまったので、実質的な出版というのは頭の中から無くなってしまったわけです。

それから更に様々なことがあって、年数が経ち・・・・。

「聖なるハワイイ」の出版話が持ち上がって、ウチの出版社の社長さんがホノルルに来た時に、「聖なる谷」の話をしたところ、近年のスピリチュアル・ブームの波もあり、乗り気になってくれたので、出版への扉が開いたわけです。

ということで、「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」は校正段階も終わり、現在、印刷屋さんに入っています。

もうすでに本屋さんからの注文も入っているそうで、あと少しで本屋さんに登場するわけです。

ネットで購入するのが面倒な方は、本屋さんに行って予約できると思います。

聖なる谷—空中都市マチュピチュを超えて (単行本(ソフトカバー))

Hiroshi Makaula Nakae (著)
  • 出版社: 書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)
  • ISBN-10: 4902108992
  • ISBN-13: 978-4902108996
  • 発売日: 2009/5/25
本屋さんで上記のISBNの番号で検索してもらえば注文することが可能です。

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」がもうすぐ発売になります。


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/14

スタートレック




見ました。

今、話題のスタートレック。


昔のテレビシリーズのリインヴェンション劇場版ですが、これはスゴイです。


あんまり期待してなかったんですけど、非常に面白かったです。


CGも凄いし、話もちゃんと出来てるし、とにかく飽きさせないし、山場も盛り沢山。


昔のスタートレックを知らなくても充分に楽しめて、ファンになれます(笑)


この夏のヒット・ムービー間違い無しです。


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ




アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!




¥1,890

Amazon.co.jp






「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 


ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/13

「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」(2)

「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」が発刊されるので、一体この本はどんな内容なのか? という話を書いてみます。

チャネリングというものが私の生活の中に突入して来てからはや18年・・・。

チャネラーという肩書きをオン・オフで18年も続けていると、かなり頻繁に「どういう風にしてチャネラーになったんですか?」とか、「どうやって始まったんですか?」という質問を聞かれます。

この質問をされると、その過程がややこしく、話が長いし、一般的な常識とか、想像とかの領域を遥かに超えてしまっているので、結構な割合で困るんです。

知りたいから聞きに来るんですけど、かいつまんで話してみても、現実感が伴わないのか、聞き手の目が、点・・・になってしまっているのが分かってしまい、居心地が良くないというか、変な感じがしていました。

私の場合、「チャネラーになるぞぉ〜!」という勢い的なものは、あまり無かったんです。

しかも生でチャネラーという人に会ったのもペルー旅行でした。

この旅行の時まで、私の人生の中に、俗に能力者と呼ばれる、不思議なというか、霊的な能力を持っている人は、ホボ登場していませんでした。

そんな人が登場しない人生だったので、突然に霊的な経験が始まってしまうと混乱せざるおえないわけです。

バシャールとか、エクトンとか、書籍でチャネリング関係のものは読んではいましたが、実際に目の前で経験したのは、ペルー旅行の中だったんです。

今では「チャネリング」やら「ヒーリング」という言葉は、かなり世間に広まっていますが、その当時では、「なんじゃソレ???」的な感じでした。

実際に自分に「チャネラー的」な物事が起きるまで、そんな世界は「不思議な世界」だったわけです。

そんな不思議が、いざ自分の身に起きてしまうと、分けが解らないというよりも、想像を超えていたので、脳みそが真っ白になってしまったんです。

その当時、日本に紹介されていたのは外国から招かれたチャネラーさん達が殆どで、しかも、かなり深く変成意識状態に入る「トランス・チャネラー」でした。

しかも始まったのが意識を明確に持ったままチャンネルしてしまう「コンシャス・チャンネル」だったので、さらに輪をかけて脳みそが真っ白になってしまったんですね。

そういう意味では、トランス・チャネルが主流の時代から、コンシャス・チャネルをやっていたジュジュは非常に稀な方なんです。

この本の中では私の場合は「どういう経過で霊的な能力が開花したのか?」が書かれています。

まぁ言い換えると「他人の不思議の秘密を覘く」的な内容(笑)とでも言いましょうか・・・(笑)

過去生を思い出すという感覚とか、映像が見える感覚とか。

チャクラが開くとどうなりえるか?とか、瞑想すると、どんなことが起きえるとか・・・。

テレパシックな感覚とか、意識が移動する感覚とか、本の中で書かれている内容はけっこう多岐に渡ります。

今から振り返ると、その過程を忘れない内に書いておいて良かったと思いました。

実際には「書いておこう」的な考えではなく、「書いておかないといけない」的な切迫した心境で、取り憑かれたように書き上げたんですね。

その当時は、この経験が他の人達の参考になるとか、何かの役に立つなんて考えは一切なかったわけです。

まぁ能力の開花というのも人それぞれですから、参考の一部にしかならないかも知れませんけど。

しかし、興味があって、知らないよりは、知っている方が心の準備が出来るというものなので、こういう世界に興味がある人だったら、非常に興味深く読める内容になっていると思います。

まぁ「あなたの知らない世界」的な本ということですね(笑)


アマゾンは←こちら。すでに予約が始まっていま〜す。

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/12

「聖なる谷」 空中都市マチュピチュを超えて

ジュジュの「オーラ13の魔法」に引き続き、今度は、まか〜ウラの新刊です。

「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」がもうすぐ発売になりま〜す!

別に意図的に「オーラ13の魔法」に出版時期を合わせたわけではないんですけど、ツイン・チャンネルですから、当然のようにシンクロしてしまって、何故か同じ時期になってしまったという不思議な縁の代物です。

しかも「聖なる谷」の終わりに、ジュジュもちゃんと登場します。

これで私とジュジュの繋がりの秘密がバレてしまいますね(笑)

もうすでに、アマゾンでの予約受付も始まっていて、出版社のホームページでもすでに紹介が上がっている(驚・・・)

という状況が先日分かりました・・・。

私の知らないところで、色んなことが進んでいるのを知るのは非常な驚きです・・・。


時を超えてマチュピチュで開く魂の目覚め
「聖なる谷」
空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae
四六判、並製、272ページ(巻頭カラー16ページ) 
定価1,890円(本体1,800円+税)
ISBN978-4-902108-99-6 C0095
世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春、
ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。
そこで体験する常識をはるかに超え たスピリュチュアルな世界。
色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。
いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。
2009年5月下旬全国書店にて発売。
*******

↑何か結構鳴りもの入りな感じの紹介文になっていますわ(驚き)

テーマが個人的な内容の本だからかも知れませんが、今回は色んな意味で、最初の二冊よりも驚く感覚が多いんです。

これは199年、今から18年前に書いたものですから、時間のかかっている度合いが違います。

12年という一回りをスデに飛び越えて、+6年で一回り半してますから、完熟状態も良いところでしょう(笑)

本当は昨年に出るハズだったんですけど、忙しかったのもありますが、なんか止めてしまったんですね・・・。

無意識で時期的な辻褄を合わせていたのかもしれません。

出版に向けて急速に動き出してから、アレヨ、アレヨという間に、こんな状態になってしまいました。

動くと早いものなんですね。

この旅行記は昔のホームページで読まれた方も沢山いると思います。

当時は結構たくさんの感想をメールで頂きました。すでにお読みになっている方々、ありがとうございます。

ホームページからプリントアウトして電車の中で読んでくれた方もいましたし、これを読んでマチュピチュへ行かれた方もいました。

ようやく「本」という形になったので、これで何時でも何処でも読めますよ。

感謝、感謝。(合掌)

本ヴァージョンは、誤字脱字などの修正の他に、内容的には大きな変更はありませんが、ウェブ・ヴァージョンにはない豪華さが!

何と言ってもスゴイのは、巻頭16ページに沢山のカラー写真の数々!

本文内にも白黒の写真やら、マップやら、キャプションやらが一杯入っています。

是非是非お読みになられて下さい。

きっとお目眼が・・・を飛び越えて、!!!☆☆☆☆☆☆!!!になるでしょう。

お友達にも知らせてあげて下さいね。


アマゾンは←こちら。すでに予約が始まっていま〜す。

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/11

ス〜イ、スイ




☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」

6月9日に発行が決まりました!


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★

「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174


「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184


ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/10

凄いペプシのCM

スゴイものを見つけてしまったので、ご覧あれ(笑)



☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」がもうすぐ発売になります。


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで。

★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★



ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/09

オーラ13の魔法の法則:出版記念パーティー

昨日は朝からノースショアへ出かけて、一日そっちを徘徊しておりました。


アラモアナからバスに乗ったんですけど、今時の日本からの観光客は、バスに乗ってノースまで出かけるんですね。


何組の日本人の皆さんがバスに乗って来たか・・・。


エライ、エライ。


とにかく往復で時間がかかるので、朝早くから出かけるのが良いですね。


そんなこんなで夕方前に帰って来て、夕方からはスカイプでジュジュの出版記念パーティーにゲストでお呼ばれしてました。


映像が見えなかったので、音だけでしたけど、楽しかったです。


しかも私が日本でワークショップやら、セッションしていた時に、それらに参加して下さっていた方々ともお話することが出来て、良かったです。


お一人は渋谷で「コズミックシャワー」という三部構成のワークショップをやった時に来てくれていたお客様。


もう一人はジュジュと一緒にツインチャネルをやった時のお客様。


もうかれこれ10年以上昔の話ですから、今で覚えてくれているのは嬉しい限りですよね。


まぁ時間制限がかなりあったので、それぞれの人と長く話すことは出来なかったのが残念です。


でも、それぞれの短い時間の中で、お話した人を通じて、色んなものを見させて頂きました。


イルカは来るわ、クジラは来るわ・・・。


色んな場所の映像も見させて頂きました。


ということで、出版記念パーティーに参加していた皆さん、とっても楽しかったで〜す!


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。次回での解説に勤めさせていただきます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラの新刊
「聖なる谷:空中都市マチュピチュを超えて」
6月9日発行に決まりました!


お問い合わせ、ご購入のご予約は書肆侃侃房まで


★☆★☆★まか〜ウラのハワイイ本も好評発売中★☆★☆★


「聖なるハワイイ」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/174



「スピリチュアルに楽しむオアフ島」
http://www.kankanbou.com/kankan/item/184



ご購入は書肆侃侃房、お近くの大型書店、
アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

ピカケ(孔雀)

次のハワイ本の制作・執筆に本格的に取りかかって、早くも一ヶ月以上が経ってしまいました・・・。

とにかく、調べなければいけない・・・、探さなかればいけない・・・、撮影しなければいけないものが沢山あり過ぎて、大変な日々なんです。

その中で様々な苦難に直面するわけですわ。

そしてこれがその中でもトップの座を争う課題です。



いやぁ、探しましたわ、探しましたわ。

もうこの課題は数年続いているんですけど、未だにまだ満足のゆく形で終ってないんですよね・・・。

また今週も頑張ろうっと!!!

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/08

象さんの散歩

三たびの動物園シリーズです(笑)



象を見ると、少し前に来たお客さんで、東南アジアで象の群れに囲まれて生活していた過去生がある方を思い出します。

熱帯の森の中を象と一緒に生きる人達。

ハワイには野生の象はいません・・・(悲)

☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2009/05/07

他者&自分の観察で客観的に冷静でいられるコツ

日本の東北地方、福島県に住んでいる方からメールを頂きました。


ハワイイへ行きたくなって、いろいろ調べていたら、まか~ウラのサイトに頻繁に遭遇するようになったんだそうです。


この方にとっては大切なシンクロだそうで、読んでいたら色々なモヤモヤがすっきりしたという話。


「他者の想念や憑衣の影響で、豹変してしまう方々を、まか~ウラさんのように、「今、違う人だから~」と、私はどうしても、なが~い目で見れず、常に恐怖があります…。もし、気が向きましたら、他者&自分の観察において、客観的に冷静でいられるコツなどありましたら、ブログの話題にでもして頂けると、うれしいです。」


******


正直な話、いつも冷静で客観的になれるわけではありません。


その時々のわたしの相対的な状況によりますが、出来るだけ自分自身に対しても、周囲に対しても客観的であろうと自分の立ち位置を常に確認するところから始めます。


もし自分自身が不安定だったり、何かの原因でイライラしていたり、心のモヤモヤがあったりすると、周囲に対して冷静で客観的になるのは難しいからです。


これは体内のホルモン物質のバランスだとか、脳内物質のバランスだとか、肉体的な疲れ、睡眠だとか、栄養素のバランスとかにも左右されます。


更には、自分のオーラを含めたエネルギー体の状態にも左右されます。


自分のエネルギー体が曇っていたり、ネガティブ想念が沢山張り付いていたり、エネルギー体のそこここに裂け目とかが出来たりしている場合もあります。


そういう状況では個人の総体性は、自分を含めて、周囲から受けとる必要以上の情報を処理しなければいけないわけです。


そういう状態だと、自分自身が抱えている未解決の問題、乗り越えたいテーマなども中々解決の方向へ向きませんね。


内面の中に「恐怖」とか「悲しみ」とか「怒り」とかが絶えず存在する場合は、その原因を探って直面し、それを認めて分離されている状態から、統合されている状態へと移行させる必要もあります。


自分自身の内面を統合する段階で、肉体的なバランスが調和されていなかったら、その行程もスムーズにいくわけがありません。


ポイントは、自分の外側に反映されている、自分自身の中にある「恐怖」とか「悲しみ」とか「怒り」に翻弄されないことです。


多くの人は、自分の外側に世界を見ます。


これは分離の状態です。


周囲は自分の内面の動きを反映しますから、周囲だけに気を取られていると、自分の内面の位置が中心から外れてゆきます。


もしわたし達の内面に「恐怖」とか「悲しみ」とか「怒り」とかが無かったら、それらに反応して、恐れたり、悲しくなったり、怒ったりという反応は出て来ないからです。


内面の中にある、それらの種を見つけ出して、昇華させる必要があるわけです。


そういう意味では、周囲に振り回されずに、しっかりと自分の内面を把握しなければいけませんね。


この第三の視点を確率するためには、自分自身の意識の総体性を拡大させる必要があります。


自分自身の総体性に客観的であることを維持するには、自分と周囲を同時に、自分の外側から見るという、第三の視点を確率する必要性が出て来ます。


これは一般的に言われている「超越意識」もしくは「ハイヤーセルフ」的な視点ですね。


自分の意識を出来るだけ高いところに合わせる訓練が必要なわけです。


一番簡単なのは「瞑想」です。


毎日の日課として、自分自身と繋がる瞑想を心がけてみてください。


出来れば朝、昼、寝る前の一日三回くらいが望ましいです。


これは一時的に全ての感覚を外界から遮断して、自分の内面にだけ方向づけます。


これは5分でも、10分でも構いません。


自分の身体と一緒にいる。


自分の心と一緒にいる。


自分の魂と一緒にいることを確認するわけです。


意識が自分の外に合わさっていると、それに振り回されるので、内面のバランスを司るのは難しいからです。


無意識的な呼吸から、意識的な呼吸に切り替え、光を吸い込んで、不必要なネガティブ思考だとか、自分の中にある不純物の排出、転換、変換に意識を向けます。


三位一体を実現させることによって、内面は冷静さと静寂を取り戻し始めますから、これを続けることによって、瞬時に意識を切り替えるスイッチを開発することが出来ます。


ネガティブ系のものに引っ張られない自分を作るというのも重要ですね。


そして、それと同時に、ポジティブ系のものに絶えず意識を置く訓練も重要です。


「恐怖」とか「悲しみ」とか「怒り」とかに慣れ切ってしまうと、そこにしか意識が向かず、解放とか、拡大とかに動くポジティブ系に意識が合いにくくなるわけです。


自分自身でこれを確認する方法はいたって簡単です。


どこかお近くの美術館とかガーデンとかに出かけてみましょう。


そこで時間を過ごして、自分が何に惹かれるかを知れば良いわけです。


美しいものに惹かれるか、輝くものに惹かれるか。


それとも力強いものに惹かれるか、軽いものに惹かれるか。


一般的に美しいものに意識の焦点が合いにくい場合は、内面の軸がズレているわけです。


非常に簡単なのですが、簡単すぎて見逃してしまうのでしょうね。


このエクササイズは、道ばたでも、電車の中でも、人ごみの中でも、どこでも可能です。


自分の意識が何を捉えているかに客観的になるだけだからです。


周囲に対して公平に敏感であるためには、自分自身の総体性に対して同じように敏感である必要がありますから、自分で自分の総体性をモニターするのは非常に重要なことだと思います。


**************


それから、私は時々、相手の言葉が、意味のない音にしか聞こえない時があります。


同じ日本人同士、日本語で話しているのに、ラジオのチューニングがあってないみたいに、雑音として流れるだけで、意味のある言語として、頭に入ってこないのです。


とうとうキタか…と青ざめました。


***************


別に変なことではないと思いますけど(笑)


私は意識が比較的簡単に別の場所へ移動するので、周囲の声なんか聞こえない状況なんて日常茶判事です(笑)


自分の意識の総体性の発達が進んでゆくと、その時の状況で意味のない会話とか、魅力的に思えない会話などの場合は、意識の焦点が別の場所へ移動することは多々あります。


そこに魅力を感じないからです。


このような状況では、意識が魅力を感じる方向へ動くわけです。


これは話の内容を含めて、その人達が放っている波動域にも影響を受けます。


潜在意識的に、受けとっている波動が心地よくなければ、そこから剥離する方向へ動きやすいからです。


意識というの非常に柔軟なものですから、意識を別の場所へ飛ばして、そこから必要な波動を取り込むことも可能だからです。


これが問題となるのは「白昼夢」的に、外界から離れ過ぎてしまう場合ですね。


意識を目の前の現実に戻すには、そこに魅力を見つけ出す訓練が必要になります。


会話の中に魅力を探し出すとか、もしくは自分で魅力的な内容へ導くという方法もあります。


全ては総体性のバランスですから、出来るだけ柔軟性を維持しながら、クリエイティブになって意識的に関わる努力をするのをお勧めします。


****************


医学的にはなんら原因が見つからない、奇妙な体調を経験しておられる方々も多いと思います。


眠っても眠っても眠いとか…。


地球の波動上昇やDNAの変容なども、関係するのかもしれませんが、そんなお話や、神社の多い日本の波動と、ハワイの波動の相違とか、まか~ウラさんならではの見解を書いてほしいなあ、と思っております。


*************


↑これはコズミックシフト2009、もしくはバックナンバー(復刊予定)をお読みになられてください(笑)


☆「コメント」並びに「ご質問」などはメールにてお願いします。
次回での解説に勤めさせていただきます。
cosmicshift808@gmail.com


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿