2008/11/29

ヒーリング:抜く

先日、ヒーリングを教えていて気がついたことがありました。


この人はレイキとか、気功とか、ヒーリングの基本的なことはすでに学んでいる方々です。


私がヒーリングを教える際にいつも戸惑うのは、その人が一体どこから何処まで分かっているのか? ということです。


ヒーリングと言っても様々な種類や方向性があるので、単純に「ヒーリング」を教えて下さいと言われても、私の視点からすると、あまりにも幅が広すぎるわけです。


そこでまず取り掛かりとして、一体どこまで出来るのか? どこまで理解しているのか? どれくらい意識が成長しているのか? を探らなければいけません。


レイキを第二段階まで取得しているということは、感情のヒーリングまで教えられているハズなんですが、私の感覚の中では、様々なことがピンと来ませんでした。


レイキにはレイキ風のハンズオンの基本的なポジションがありますが、すでに知っていることを教えても意味がないので、知らないことを教えなければなりません。


それで一通りのポジショニングを指導しながら、質問しつつ、一体どこまで理解出来ているのかを観察する努力をしてみました。


基本的に「エネルギー」というのは、必要な場所へ自動的に流れます。


これは肉体の持つ電磁的な性質の基本に沿ったアイデアですね。


場所に手を置けば、エネルギーは自動的に必要としている場所へ動いて行く分けですが、一カ所に置いておけば良いというものでもなく、感覚や直感を通じて手を移動させる必要もあります。


ここで思ったのは、ハンズ・オン系のヒーリングからヒーリングに入っている人は、エネルギーの方向性をあまり理解していないのではないか? ということです。


一般的にヒーリングというと「エネルギーを入れる」というアイデアの方向性が強いようです。


マチュピチュに二回目に行った時に、10人ほどで月の神殿という場所に行きました。


帰る途中で一人の方が辛くなってハフハフし始めたので、レイキの出来る方々が手を当ててエネルギーを入れていました。


しかし状況は変わりません。


そこでエネルギーを入れるのではなく、エネルギーを抜かないと効果がないことを伝え、やり方を教えました。


許容量を超えて体が重くなって辛かった人は、身体が軽く元気になって再び山道を登り始めました。


オーラに関しても同じことで、色々と張り付いてる付着物を取り除いた方が早く状況が変化します。


これは汚れた水に綺麗な水を注いでも汚れが薄くなるだけで、水の中の汚れが取り除かれる分けではないのと同じものです。


ハンズ・オンのポジションでも、経絡の流れのポイントに詰まりがあると、エネルギーもスムーズに流れませんから、要所、要所の詰まっている箇所を開いてエネルギーの通りを良くすると、ヒーリングの効果が早くなります。


ヒーリングの基本は「抜く」こと。


とりあえずは頭の上で手を払ってネガティブ想念を払うことから始めましょう(笑)


☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。


言い換えると、エネルギー的な下準備として掃除をすると、綺麗に整頓され、無駄なく効果が現れるということですね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2008/11/27

憑依

ここ最近は、自分の言動、意識の変化に絶えず客観的になって観察するという話しを書いています。


感覚が敏感になって、様々な波動域を認知出来るようになると、その人から発生している波動の幅とか、エネルギーの状態とかにも敏感になります。


このような人間の波動的な変化に気を配っていくと、様々なことに気がつくようになるわけです。


これに連動するのが「憑依」です(笑)


「憑依」と書くと、何かとてもオドロオドロしい感じがしますねぇ・・・。


これは一般的なイメージで、何かが誰かに取り憑いて、全く別人になってしまうというイメージがありますが、実際にはそのような特出した状態だけではありません。


何故なら私たちは常日頃から様々な目に見えないものから影響を受けているからです。


かなり前に住む場所を変えると人格が変化するという例を書きました。


あるカップルが居を別のコンドに移した頃から恋人が暴力を振るうようになったという話しです。


また居を移した頃から夫婦仲が悪くなったりとか、仕事が上手く行かなくなったりとか、逆の例えだと、居を移してから運が好転したとか、夫婦仲が円満に戻ったとか話しは色々とあります。


何かが身体の中に入りやすい人を一般的に「憑依体質」と呼びますが、それはある種の特定の人達にだけ限られたものではありません。


突出した話し、今の私の目からは、憑依されていない人なんか珍しいのではないか? と思えるからです。


絶えず自分の思考の動きとか、身体の動きとかに気を配るようにしている私の個人的な経験からだと、私の中にも様々な意識が普通に入り込んで混合しているのが良く分かります。


去年の年末にノースショアのヘイアウに行った際に足の指の間から何かが入って来て、しばらく身体の中から外を眺めていたとう話しを書きました。


こんなのは私以外の人の中でも、日常的に平気で起きています。


それは、突然にイライラが始まったり、脳みその中がループしてネガティブ思考を続けたりと状況は様々です。


それに気がついてから、自分を観察するのと同じように、身近な人達も観察するようにしました。


しかもかなり細かく客観的に(笑)


身近な友人の数人は私よりも憑依体質で、しかも自分の中に何かが入っているのが分かる人達です。


ある時に友人Mさんが私に向かって言いました。


「今、男の人が入っているのよ、右目を見てみて、左目と違うでしょ?」と言います。


そして良く観察してみると、分かるか分からないか位の非常に微妙な違いなのですが、違うんです。


視線が右と左で違うというのも含めて、目の波動が違います。


時にはいつもより前に出ているように見えたりします。


別の話しでは、ある時に日本からのお客さんの為に、足裏マッサージを予約しに仕事場の近くのスバに立ち寄った時のことです。


ドアを開けてフロントのお姉さんに向かって、翌日の予約の状況を聞いてみようとしたんですが、あまりの恐ろしさにビビッテしまって、魂の一部を落としてしまうかと思ってしまいました。


それは、そのお姉さんのお目眼の波動が普通ではなかったからです(苦)


お目眼は普通に顔についているんですが、私の目から見ると、お目眼がニョキニョキと、通常の顔の位置から飛び出して、1メートル近くも離れている私の目の前に来ていたんです。


ちょうどアメリカの漫画で、お目眼が飛び出してビックリする場面がありますが、まさしく同じような光景だったわけです。


この場合はお姉さんはビックリせずに、私がビックリしたわけですけど(笑)


オーラの動きとか、形とかに対して敏感になって観察する努力を続けていると、その中に付着している何かに遭遇することが良くあります。


私も能力者の友人達も、それぞれの目から見ると、非常に分かりやすいので、その時々の状態によって、どんな波動域のものに影響されているのかが良く分かるんですね。


私たちの日常の会話の中ではお互いの体質が良く理解されているので「顔がベロンとしてるわよ、何か入ってるでしょう?」とか言う会話は日常茶判事です・・・。


でもこのような話しを、この手の話しに全く通じない相手に向かって気軽に話すことなど出来ません。


およそ十数年ぶりに会った友人に会いに出かけた時のことです。


意識を集中して友人の全体を観察していると、胸の中心に何かが見えて来ました。


それはどうみても映画の「もののけ姫」に出て来る大きくて白い犬の顔にしか見えません。


しかし少し立てに潰れているように見えました。


そしてその顔は目をつぶっていて、仮眠しているように見えました。


話しをしている最中に喉のチャクラの周波数が上がって別の音域の周波を言葉に乗せて話していたので、少しは取れやすくなっているはずだと思い、ワイキキにいる間に海に入って浄化するのを勧めました。


たまたまジュジュに話しを出来たので聞いてみたら「ものの化が憑いているということは、それが乗っている人間が生き残る為に、色んなことが提供されるということね?」と返って来ました。


確かにそうかも知れません(笑)ものの化が憑いている限り、生活に困るようなことはないでしょう・・・。


帰国前に再び電話で話しをしたら、彼女が海に入って沐浴していたら、胸の中心から、ドロドロとした何かが流れ出て来たそうです。


それ以来、オーラの中の付着物に対してもっと観察してみようと思って観察を続けた結果、幾つかのことが分かりました。


付着物は身体の中心軸に対して、真ん中に現れている場合と、横にズレている場合、外側についている場合と、様々なヴァリエーションがあることです。


中心軸に住着いている場合の殆どは、胸の中心、もしくはちょうど丹田と呼ばれるおヘソの当たりの二つです。


身体の中心軸に入り込んでいる場合は要注意な感じがしました。


この場合、本人は自分が何をしているのか、どういう意識なのかも、本人は全く目覚めていないように見えます。


またオーラの中の現象として面白いと思ったのは、おヘソの部分に、その本人の眠っている顔が見える場合もあることです。


本人の身体の中に、本人の眠っている顔が見えるわけですから、色々と考えました。


この場合はセルフ・ポゼッシブ、日本語で言うと超自己中心主義というのが近いかも知れません。


こんな観察を続けていると、その人に関して何か気持ちよくない現状が起きても、以前よりもサラリと受け流すことが出来るようになりました。


本人の意識で行っていないのが分かるようになると、表面的な事柄でブツカってつまずく回数が減り、少しは寛容になるのかも知れません。


中に何か入っているから仕方がないか・・・。と思って受け流し、さらなる観察をしてみようと思うと、そこから先が長くなるので、視野の長い関係を維持することが出来ます。


まぁ人間関係というのは友人であれ、親族であれ、恋人であれ、先を長く考えて関係性を維持していると、その場の問題で関係性を閉じたり、切ったりすることが少なくなります。


「まぁ、そんなこともあるわなぁ」と思って長い行き先を考えれば、目先の問題に振り回されることが少なくなるわけです。


フォトンの活動が活発になっている現在、様々な事柄が、良きも悪きも浮き出ています。


究極の二極化現象であるアセンションに近づくにつれて、ポジティブで開かれた方向性のものも、ネガティブで閉じられた方向性のものも過疎して浮き上がって来ます。


この「憑依」という現象も、これが引き金になって、以前よりも早く認知することが出るようになっているわけです。


私たちの身体を包み込んでいるオーラに色んな付着物が張り付いているままだと、波動の上昇に対して波動的に身体が重くなります。


自分自身の意識の変動と、周囲の細かな変化を観察することを心がけて行くと、自分の意識の目覚めに繋がりますから、様々なことをスムーズに進行させることが出来るようになります。


まずは自己観察から。


波動が変動している現在の状況の中で、自分の立ち位置や、行き先、目的を常に確認することが重要ですね。


☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2008/11/25

「シンクロ」と「シンク」と観念チェック

友人の「ジュジュ」こと小宮ベーカーさんの新刊「五時元思考」を紹介しました。


彼女の本の「五時元思考」の中では「シンクロ」というのが頻繁に出て来ます。


日本語で言うと「共時性」ということで、偶然のように何かが偶発的な感じで起きることを指します。


例えば、フト誰かのことを思ったら、しばらくしたらその相手から電話が掛かって来たり、または何処かで偶然に出会ったりという出来事が起きます。


または、何かの出来事が連続するようにスムーズに起きていって、とても簡単に目的を達成してしまう結果になるというようなことです。


ジュジュの新刊「五時元思考」の中では「思考のシンプル化」というアイデアが「シンクロ」を起こす鍵だと説かれています。


まぁ頭でコネくり返して考え過ぎないということですね(笑)


目的までの道筋の中で様々な理由やら、ネガティブ想念を派生させずに、思考を直結するというのがシンクロの鍵なわけです。


(詳しくは「五時元思考」をお読みください)


この「シンクロ」ということに繋がるのが「シンク」というものです。


これは携帯電話と携帯電話をシンクさせて情報を交換させる、またはコンピューター同士をシンクさせてアップデートしたり、同じ内容に書き換えたり出来るというアイデアです。


現在のコンピューターは頭が良いので、インターネットを通じてそれぞれのアップデートのファイルにシンクシて、自動的にアップデートの情報を探し出して来ます。


アップル・コンピューターのアイ・チューンはアイ・ポッドとシンクして楽曲をダウンロードします。


一般的に「シンク」させるというのは「同調」させるという意味です。


個人的に私は「シンク」しやすい体質なので、考えなくても良くも悪くも「シンク」します(笑)


だから人間掃除機になってしまうわけですね(笑)


利点としては私と誰かが一緒にいると「シンク」するので、相手の能力が引き上がって開花して行きます。


これは私が別に意図的に行っているわけではないんですが、何故かそうなるんです・・・。


こういうことに詳しい友人達曰くは「オーラの幅が大きくなると、他の人に対しての影響力が大きくなるから」だそうです。


私と付き合いの長い友人の数人は、人間掃除機の私と一緒にいるか、話しをすると詰まっている物事がスムーズに進み始めるので、何かに詰まると連絡して来ます(笑)


彼らは潜在的に私の人間掃除機機能を理解しているわけです(笑)


私の場合、チャネリングとかヒーリングを行う場合は、相手に対して意図的に感覚の全てをシンクさせます。


その結果に多岐に渡る感覚の中から様々な情報を受け取ることが出来るからです。


チャネリングの場合は相手と話しをする場合がほとんどで、様々な質問に対して回答を出すわけですが、実際に起きているのは質疑応答だけではなく、波動、そして周波数の変換も同時に行われています。


一般的に、周波数の低いものや、振動数の荒いものは、それと逆の高いもの、細かいものの方へと引き上げられます。


まぁ磁石のようなもんだと思っても良いかも知れません。


あるいは冷たい水が暖かいお湯に混ざると、二つの温度差の違いが均衡化して、ぬるま湯になるようなことかも知れませんね。


不健康な人は、健康な人のいる場所に行くように心がけると、早く健康に近くなれます。


運の悪い人は、運の回転している人、運の高い人と一緒にいると、運が早く開いてゆきます。


人間だけでなく、住む家とか、住む場所、土地にも同じような性質があり、私たちの感覚はそれらに絶えず影響されているわけです。


この「シンク」するというアイデアですが、一般的にそれを意識している人はほぼいないようです。


例えば、ルームメイトが仕事から帰って来ると、それと同時に波動的なシンクが始まるわけですが、そんなことは毎日のことなので、普通は全く意識していません。


仕事場に行っても同じように、敷居をまたぐ前くらいからシンクが始まります。


私たちの相対性は、人間を含めた「環境そのもの」と絶えずシンクしているわけです。


過去のブログで「客観性を保って観察することの重要性」を何度も書きましたが、無意識的に生活していると分からない「シンク」のことも、意識的にアンテナを張って観察、洞察する癖をつけると、非常に良く分かるようになります。


身体の感覚の変化だとか、意識の微妙な変化、感情の変化などに気を配っていると、自分を取り巻く環境からの影響に関して様々な気づきを得ることが出来るようになります。


そしてこれが更にアドバンスになると、周囲の人々がどのような潜在的な意図で自分とシンクしようとしているのかが理解出来るようになります。


相手の潜在的な意図が理解出来るようになると、その先を考えて進めることが出来るので、ある意味で効果的な関係性を成り立たせることが可能です。


まぁ前もっての心の下準備が出来るというか、前情報を用意しておくことが出来るというものですね。


一般的に言うと「感が働く」というものの延長線です。


チャネラーであるジュジュもそうですが、お客さんから連絡がある前から、この「シンク」というのが始まることが多々あります。


例えばセッションの前に、何だか分からないけど、何かが必要な気がして、それを揃えておくと、後に会った人が目の前に出されている用意されているものを見てビックリするというような場合です。


このような場合は、相手はそのシンクロに驚くわけですが、準備した方は、シンクロに対して驚くわけではなく、シンクしていたことに対して驚くわけです。


これを考えてみると、「シンク」することによって「シンクロ」が派生するわけですね。


「五時元思考」もそうですが、意識をシンプル化することによって、それを引き出す領域へと「シンク」することで、目の前にポジティブな方向性の「シンクロ」が派生して現実にもたらされるわけです。


最近の話題は少し方向性がバラバラなようにも思えますが、その時に思ったことを書いているので、ご了承ください。


さて、シンクロニシティーの話しの続きです。


一般的に「シンクロ」というと、何かが偶然のように噛み合って起きることを指しますね。


しかし、シンクロというのは絶えず起きているものなんです。


それが一般的に言う「シンクロが起きている」と思えないのは、引き寄せているもののアイデアが紆余曲折しているからです。


ですから、意識をシンプル化させると「ポジティブな方向性を持ったシンクロ」が起きるわけです。


というわけで「ネガティブなシンクロ」というのが絶えず発現されているわけですが、その理由も意識がシンプル化されてないからですね。


言っていることと、思っていること、感じていること、行っていることが真っ直ぐになっていないと、物事はポジティブな方向で素直に引き寄せられません。


一般的にこれを「三霊(みたま)」が揃っていないと人生がスムーズに運ばないといも言います。


前のブログでも書きましたが、そこで意識の三位一体の重要性が出て来るわけです。


潜在的な意識と、顕在意識、そして超意識が一緒に同じ方向性へ向かって動いていないと、現実が混雑し始めるわけです。


意識の相対性のバランスがネガティブに傾けば、ネガティブな方向の現実を作り出します。


また逆に意識の相対性がポジティブな方向性に合っていれば、現実はポジティブな現状を作り出します。


要は、私たちは絶えずシンクロニシティーの世界に生きているというわけです。


違いはそれがネガティブに起きているか、ポジティブに起きているかの違いです。


単純な話し、ネガティブに起きている場合は、そこに混乱した意識があることを指し示しているわけですから、意識の方向性を変化させれば、現実はポジティブな方向へ働き、ポジティブなシンクロを引き寄せていきます。


そこで観念チェックが重要な役割を果たす訳です。


経験している現実が上手く行かない、ネガティブに感じられる場合は、意識の相対性がズレているわけですから、それを揃える必要がありますね。


単純な話し、自分の目の前に広がっている現実は、自分の意識で引き寄せたものですから、そこにネガティブな方向性を見ていたら、それは自分の観念、意識で引き寄せたということに気づけば良いわけです。


シンクロニシティーをスムーズに気持ちよく起こす方法は、ジュジュの「五時元思考」の中に書かれていますからお読みになってみてください。


またジュジュの開発した「SV-1」というメソッドも同じように意識のシンプル化と現実のシンプル化のプログラムですから、受けてみられるのも良いですね。


☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2008/11/20

意識の変化

前回は自分自身の客観性に関することを少し書きました。


良くチャネラーさんとか、カウンセラーさんとかが「意識が変わらないと駄目」とか、「意識を変える必要がある」という言い方をしますね?


でも大抵の場合は、「意識を変えれば良い」という事だけを言われ、どうやって意識を変化させることが出来るのかを伝えてはくれません。


結果的に「じゃぁどうするの?」という状態で留まってしまいます。


良いチャネラー、良いカウンセラーというのは、どうやって意識を変化させることが出来るのかを提示して導くことが出来るだけでの知識や経験が必要です。


問題点を提示するのは非常に簡単です。


それは数学や物理、もしくは家庭科の授業と同じような問題です。


要は答えを導き出す為の法則を知らないわけですから、その法則を理解させる必要があるわけです。


また料理を作るにしても、どうやって作るのか? 何と言う素材を使うのかを知らなければ簡単にはいきません。


そこで、「行程」を簡単に、的確に指し示す必要性が出て来るわけです。


じゃぁ「どうしたら意識を変化させることが出来るのか?」という行程です。


意識を変化させる方法は様々で色んなやり方があります。


まずは「自分の中のパターン」を認識することからやってみましょう。


最初の例えとして「恋愛、人間関係」を上げてみます。


中々、人間関係や、恋愛関係が上手く行かない場合がありますね。


その中でも特に「同じことが別の人との関係の中で起こる」場合です。


ある人が「男性の恋人との関係が長続きしない」という状況がありました。


長くても半年、引っ付いたり離れたりして何年間も続いても、振り返ってみるて換算してみると同じように半年くらいの密度で関係が終わってしまっていました。


第一段階として、過去の恋人の中で、それぞれの人のネガティブな部分を書き出してみるということをやってみます。


自分勝手、二股を掛けていた、引っ付いたり離れたりする、良く街を留守にする、などのことを出来るだけ多く箇条書きにしてみました。


第二段階では、父親の中との関係性との相似を探し出してみます。


すると面白いことに、父親はいつも家にいなくて、帰って来たり、また出て行ったりしていたことと結び付きました。


この場合の要点は、潜在意識の中で「無意識的に父親との関係性を恋人との中で再現していた」ということです。


頭の中では関係性が長く続くリレーションシップを求めていても、経験の中に安定した父親との記憶や繋がりがないために、同じような距離を持った関係性を恋人との中に再現していたわけです。


「書き出す」とうのはとても簡単な行為ですが、非常に効果的です。


「頭の中で考える」と物事が整理されにくいんですね。


それは「頭の中でグルグルと回転」するので、上手く整理整頓されないからです。


人間関係の中で何度も繰り返し現れる問題を解決したい場合は、潜在的な意識の動きを知ることが重要です。


私たち自身の意識、思考、感情の絡みが、その方向性に見合った人々を引き寄せて、経験する現実を作ります。


まずは自分の中を客観的に見るということも含めて、自分自身を深く知る努力をしてみましょう。


☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2008/11/17

近況報告

何だかバタバタしていて、ネットに向かう時間もないんです(笑)

その原因の一つは、オーラの大きさが拡大しちゃったのも含まれます。

今まで座っていた椅子と机の位置が心地よくなくて、机で作業が出来なかったんですね。

という分けで、セッセと部屋のレイアウトの変更を毎週のようにやっていて、ホーム・ディーポやら、ウォールマートやら、色んな場所に出かけております。

後は部屋の整理整頓との格闘です・・・。

部屋の中に放置されているもので、今の自分の波動に噛み合ないものは、処分したり、寄付したり、並べ替えたりしています。

前のように多少乱雑になっていても平気な感覚が減って来ているので少し大変ですけど、奇麗に整頓されている方が気持ち良いので、ポジティブな変化ですね。

もっと広くて空間に余裕のある部屋に引っ越ししたいので、しばらくはそれに思考を集中させようと思っています。

部屋が広くないと、石橋先生に教えてもらった施術の練習もままならないんですわ(笑)

☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2008/11/11

石橋先生のヒーリング:気づき

今回は石橋先生ご夫妻と一緒に過ごして、沢山のことを学ばせて頂きました。

本当にありがとうございます。

ホノルルでの施術の時に、遠隔でヒーリングを送っていただいた友人からメールが来ました。

施術を受けた後は凄く元気で幸せモードだったのに、なぜかさっきいきなり落ちたんだそうです。

この方は独身なので、結婚できるのだろうか??とか、何やってるんだろう???みたいな弱気な事が頭をかすめるという話し。

本人は「まずい、まずい。いけないいけない・・・。どこかで何か拾って来たのか? どうしちゃったんだろう?? それともこれも変化の一つ?」と考えたそうです。

施術の後というのは、様々なことが組変わるので、非常にバランスの良い状態になります。

このバランスの良い状態を常に覚えておく必要があります。

何故なら、私たちの意識は、無意識の内に様々なものから影響を受けるからです。

それは誰かの意識だったり、すでに身体の無い人々の意識だったり、環境、行った場所、出会った人、電話で話した人など様々です。

この意識の変化は、分かるか分からないか位に、非常に自然に起こるので、気がつかない場合が殆どです。

さっきまでは幸せだったのに、急に落ち込んだり、急にイライラし始めたり、悲しくなったり、怒りっぽくなったりとヴァリエーションは様々です。

自分の感情の変化に対して客観的であると、このような自分の意識の変化に気づくことが出来るようになります。

しかし、今の自分が絶えずマイナス方向に合っていると、それに気づくのも難しいかも知れませんね。

それは絶えず自分の意識がマイナス方向なので、何がポジティブ思考なのか、自分の幸せな状態がどこなのかが既に分からなくなってしまっているからです。

そういう意味でも、自分の思考の幸せな状態、バランスの取れている状態、前向きな状態などをシッカリと把握して、覚えている必要があるわけです。

急に思考の方向がネガティブへ変わるのは、何処かで何かを拾って来た場合が殆どです。

重要なのは「自分の意識の焦点がネガティブに変化した」というのに気づくことです。

自分の意識の変化に気づくことが出来れば、そこから抜け出るのも早くなります。

単純な話し、原因を探って、それが自分のものではないことに気づけば良いだけだからです。

この段階で何処かで拾って来た誰かの思考に振り回されてしまうと、不幸せになります(笑)

そして自分が不幸せになると、周囲にも同じように不幸せを振りまくようになります。

そこで一番バランスの取れている時の自分をシッカリ思い出すことが必要ですね。

こういう場合は、エネルギーの良い場所に行くとか、幸せを思い出せる場所に行く、そのような人に会うというのも効果があります。

また塩風呂に入るか、酒風呂に入るとかして、何とかして取り除きましょう。

要点は、いつもの自分のポジティブな感情の時を良く覚えておくと、変だなと思うので、そのままネガティブ思考に染まらないように、どこかで思考の切り替えをするということです。

☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2008/11/02

石橋先生のヒーリング:意識の変化

先日の土曜日に、ホノルルでの石橋先生の施術が終了しました。

会場に来られて施術を受けられた皆さん、ありがとうございました。

今後の変化が楽しみですね。

個人的に二週間くらいの間は、どこでどんな変化が現れるのか皆目検討が付かないので、自分を客観的に観察することをお勧めします。

自分自身の観察日記ですね。

前回の私の経験だと、非常に甘いものが食べたくなります。

しかも特定のもので、それは良質のチョコレートに含まれている良質のカカオでした。

身体は純粋に反応するので、その声を聞いてあげて、バランスが取れるように助けてあげるのが大事です。

それと意識の変化も助けてあげましょう。

様々なレベルを組み替えていますから、見た目や外見は同じでも、実際にはかなり変わっているからです。

感情的な部分の組み替えを行ってもらった場合は、自分の感情の反応の仕方に注意をしましょう。

先日も10年来の知り合いが施術を受けて、その反応を聞いたら、ずっとつきまとっていた胸の中心にあった違和感と痛みが消えたそうでうす。

それと同時に漠然とした寂しさがスッカリ消えてしまっていて、とても軽く、明るくなったと行っていました。

その方は二回目の施術も受けて、更に意識が変化して、トラウマ・フリーの意識になってしまったようです(笑)

潜在意識的な部分が組み替えられている場合は、無理してそこを引っ掻き回して、引き出さないことです。

施術前までの自分が懐かしくなることは無いと思いますけど、中にはオバカな私のように、どこでどう変化したのか知りたくなって、こじくり出して、つついて見たくなる人もいるかもしれませんが、それはお勧めしません(笑)

感情の潜在的な部分が変化して解放され、ポジティブな部分に焦点を合わせ出すと、様々な事柄が楽しくなってゆきます。

それと同時に、ネガティブな事柄には反応しなくなります。

内面にあるブロックとか、トラウマが多い場合は、無意識的にそれらの部分が、外にある同じようなものを引き寄せてしまうので、結果的に、それを強化する経験をしてしまうわけです。

例えば、過去に嫌な経験をして、気持ちよくない感情を抱いた場合には、その記憶が書き込まれてしまいますね。

その感情のデータは、肉体を含めた全てのレベルのエネルギー体に蓄積されます。

この記憶が意識の種になって、同じような経験を磁石のように引き寄せるわけです。

これが許容量を超えてしまうと、全体性に多い被さってしまい、常にその感情に捕われてしまうようになります。

これを逆算すると、全てのレベルのエネルギー体に蓄積されているデータを書き換えてしまえば、そこに反応しなくなるわけです。

当然のように、全てのレベルの書き換え、そして組み替えが行われていますから、意識を含めて身体全体に変化が現れるわけです。

その変化の為に、施術前とは違ったものを取り込み始めます。

それは新しい人間関係だったり、新しい開かれた感情だったり、今までとは違う食物だったりします。

とにかく古い意識が取り込んでいたものが、新しい意識を乗せた身体にそぐわなくなるので、別の何かが吸収されてゆくわけです。

この新しい何かは人によって違うので、自分で感覚的に、直感的に関わるしかありません。

今までは好きじゃぁなかった食べ物が食べたくなったり、好きだった物が食べられなくなったりします。

掃除が苦手だったのが、整理整頓に意識が向き始めるかも知れません。

全体性の周波数が変化するので、今まで好きだった色の洋服が着れなくなったり、新しい色やパターンの洋服に目がいったりします。

それと同じように、全体性の波動域が変わるので、波動に対しても敏感になります。

低い波動のもの、荒い波動に惹かれなくなって、高い波動、細かい波動のものに惹かれるようになります。

例えば、食材の鮮度です。

新鮮なお肉や、お魚、野菜などに敏感になります。

良い意味で言うと、鮮度に敏感になりますから、美味しいものと、そうでないものが明確になりますね。

水分も同じで、美味しい水とそうでないもの。その美味しさにも色んな種類があることに気づいていきます。

当然のように味覚も変化するので、今まで美味しいと思っていた「味」が変化します。

科学的な味覚と、自然な味覚の違いが認識出来るようになります。

これが伝えているのは、いかに私たちの食卓が汚染されているかということで、それが普通になっていたので疑問を感じなかったわけです。

それが書き換えによって変化しますから、そこに違和感を感じるようになって離れて行くわけです。

人間関係も、嫌だと思っていた人が、別に意識しないくらいに平気になったり、逆に惹かれていた人に対して魅力を感じなくなってしまったりということも起き得ます。

感覚的な部分では、直感的になったり、テレバシックになったり、今までは気づかなかった何かに気づくようになったりします。

そのような変化に対して柔軟に関わって、自分の全体性が伝えようとしている事柄に意識を向けて、自分自身の変化を助けてあげるわけです。

このような全体的な変化が現れ始めると、その気持ちよさに目覚めて生き生きとし始めるので、同じように生き生きとした経験に惹かれ始めます。

皆さん、施術後の変化に意識を配ってくださいね。

☆下に並んでいる小さな「コメント」の文字をクリックするとコメントを書き込めます。更に知りたいこと、シェアしたいことがあればお書き込みください。コメントによるフォロー、もしくは次回での解説に勤めさせていただきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まか〜ウラのハワイイ本「聖なるハワイイ」&「スピリチュアルに楽しむオアフ島」好評発売中。お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿