2008/05/22

言霊とホオポノポノ

ブログをご覧になっている方から以下のようなメールを頂きました。


「今度「言霊」についてハワイイ日記で解説して頂けるとうれしいです。


***

言霊という意味は、私たちの発する言葉に「マナ:力」があるということです。


私たちはまず脳みその中で何かを考えます。これが「マナオ:思考」です。


そして何かを口にして話すわけですが、大体の場合は頭で考えたことを然程には考慮せずに同時に話してしまいますよね。


私たちの「思考」が話し言葉という形で表現されるわけです。


まず「思考」というのは「方向性を持ったエネルギー」です。


日本語では「念」という言い方もしますね。


そして私たちは言葉を発するために、声帯を振動させ、言葉を「音」として発現させます。


私たちの「言葉」は基本的には「音」であり、同時に「振動」なわけです。


これはスピーカーが振動して音を出すのと同じものです。


振動させて発せられた言葉には、高い、低いなどの音域があります。


そして周波数があります。


この「言霊」というのは、私たちの使う「言葉」にも「霊」が宿るという綴りですが、「霊」というと少し違和感が強すぎますよね。


どちらかと言うと「言葉」に「思念」が宿るというのが妥当だと思います。


ですから、私たちの発する言葉には、その発した本人の思考の力、念がついて廻るということです。


私たちの放った言葉はエネルギーです。


ですから放った「言葉」にどのような「気持ち、念」が含まれているか? が問題になりますね。


その人の言葉に乗って届けられる思念は、言葉を直接的、または間接的に受け取る人に何かしらの影響を与えます。


これが一般的な「言葉に気をつけなさい」という意味ですが、これは非常に表層的は言い回しで、実際にはその奥があるんですね。


波動の法則の中で「与えたものが帰って来る」というのがあります。


自分が放った言葉の中にネガティブな思考が含まれていたのであれば、それは遅かれ早かれ自分の元へ戻ってくることになるんです。


自分の話した、もしくは考えたことが他人に影響を与えるということと、さらに自分の放ったことが自分に帰って来るというを理解し始めると、自らの言動を省みる必要性を感じますよね。


みなさん「言霊」を正しく良い方向で使いましょう(笑)

 ★

ブログをご覧になっている方から以下のようなメールを頂きました。


「今度「言霊」についてハワイイ日記で解説して頂けるとうれしいです。


それから「ホオボノボノ」、ありがとう、や、愛してる、を言って自分を癒すと、相手が癒される、分かるようですっきりと分からないのです。気分が乗ったときにでもお願いします。」


***


今回は「ホオポノポノ」に関してですが、これは実際には前回の「言霊」の続きもになります。


hoʻo.pono.pono ホオポノポノ」というのは、ハワイアンの文化の中に残されているカウンセリング技術のことです。「聖なるハワイイ:ハワイアンのスピリチュアリティー」をお読みくだされば簡単な説明が載っています(笑)


それではハワイ語のお勉強から始めましょう(笑)


hoʻo.pono.pono ホオポノポノ」という言葉は「hoʻo+pono+pono」で構成されています。


***


pono 1. nvs. 長所、直立、モラル、徳性、正確または適切な手続き、優越性、安寧、繁栄、福祉、利益、利益、公正、目的、真実の条件あるいは自然、義務;モラル、取り付 け、 適切、正義、右、直立している、ちょうど、高潔、公平、有益、成功する、無故障の中で、正確、緩和されて、修正する、取り除かれた;すべきだ、すべきだ、 ねばならない、必要。


***


pono.pono:1. vs. きれい、整然としている、整えられて、順番に、専念されて、注意した、処理された。
a. 権利に置くこと;順番に置くために、あるいは形、修正する、改訂する、調節する、修正する、規制する、整える、改正する、整然としている、を上へ、作る、整然としているかきれいな、処理する、指揮する、監督する、管理する、編集する、注意深くきれいに働く。
***
HOO :この単語は動詞への原因となる接頭辞です。例えると、malu:日陰に → hoomalu:日陰を引き起こす原因。曇らせる。 pono:よい、正し い → hoopono:修正する、正す為に。 akea:広いこと、広くさせる →hooakea(hoakea):広くするために、拡張する、拡大す る
***
hoʻo.pono.pono vt. 修正 する。


***


人間関係の中でねじ曲がってしまった関係性があるとします。


この人間関係の不調和のバランスを正しく修正するために、何もかも正直に隠さずに話して、お互いの気持ちを表現させ、和解や許しに導き、愛のある状態へ戻すという意味です。


ありがとう、や、愛してる、を言って自分を癒すと、相手が癒される」という書き方は非常に分かりにくいですね。


簡単に説明してみます。


あなたが誰かのことを良く思っていないとします。それはどんな理由でも、どんな感情でも構いません。まぁネガティブな感情としましょう。


この自分の中にあるネガティブな感情は、言葉や思念として相手へと伝わり、相手に対して影響を与えます。


それは私たちの思考がエネルギーであり、波動だからです。


では何がそのような「思考や想念、思念」を発現させているのでしょう?


それは、その本人が「不幸せ」であるからであり、「愛の中心に立っていない」からです。


ですから、その本人が自分自身に対して「愛している」や「ありがとう」といったポジティブな言葉、思念を与え続けることによって、自分自身に対する愛情が深まってゆきます。


その結果に、その人から発せられる「言葉」や「思念」がネガティブ思考からポジティブ思考に変わってゆきますね。


その結果に、相手に良い影響を与えるということです。


まぁ「自分が変われば、他人が変わる」ということです。


ですから、あなたが幸せになれば、あなたの周囲に存在する人々にポジティブな影響を与えることになるということです。


世界を平和にしたいのであれば、まず自分の裏庭から始めなさい。ということですね(笑)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ






アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。
 


さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!








¥1,890




Amazon.co.jp












「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」



ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。




2008/05/21

まか〜ウラのプレイ・リスト

良くバックに流れる曲を教えて欲しいと言われるのですが、マルチでリストしてあるので、どれだか分からないんですね。

左側のバーの下の方にジュークボックスが表示されているので、お知りになりたい方は、そこをご覧になってください。

以下がジュークボックスのリストに加えてある曲の情報です。

Steve Roach [ Structures From Silence ]
"medley"

Sarah Brightman [ Eden ]
"Deliver Me"
"Eden"

Sarah Brightman [ Halem ]
"It's A Beautiful Day"

Sarah Brightman [ Harem World Tour: Live from Las Vegas ]
"Snow On The Sahara"

Enigma [ Love Sensuality Devotion: The Greatest Hits ]
"Sadness"

Enigma [ The Screen Behind the Mirror ]
"Endless Quest"

Josh Groban [ Closer ]
"You Raise Me Up"
"Oceano"

Josh Groban [ Troy - Soundtrack ]
"Remember"

Ryuichi Sakamoto [ Merry Christmas Mr Lawrence ]

Hans Zimmer [ Pearl Harbor - SOUNDTRACK ]
"Tennessee"

Oleta Adams [ The Very Best of Oleta Adams ]
"Get Here"

Vangelis [ Oceanic ]
"Memories Of Blue"

Vangelis [ 1492: Conquest of Paradise - SOUNDTRACK]
"West Across The Ocean Sea"

2008/05/20

太陽の黒点活動

しばらく前に目に留まったワイキキの日本語新聞に掲載された記事です。

「2012年に人類は滅亡する」
平成の新都市伝説:並木伸一郎(作家)

2007年3月10日、NASA(米航空宇宙局)が、2010年から2012年ごろ、「太陽フレア」の規模が過去最大になり、それによって発生する磁気風の影響で、電子機器に膨大な被害が起きると公表した。

 太陽活動の「極大期」は、約11年ごとの黒点出現によって予測が立てられて来たが、次の「極大期」は、1000年に一度の“超活動期”だという。

そして今年1月3日にはアメリカの海洋大気局(NOAA)は「太陽が新たな活動期に入った事を示す黒点を二つ観測した」と発表している。

太陽の活動が活発になる今後数年は太陽風の影響で携帯電話やGPS、ATMなどの、あらゆるハイテク機器に障害が起こる可能性があると警告を発している。

今回の発表に関連して、マヤ歴など、現代にも通じる高度な天文学を築いた古代マヤ人が残した予言書「クワウティトラン年代記」が注目されてる。

そこには、紀元前3113年に始まった「第5の太陽の時代」が、西暦2012年に滅びると記されているからだ。

つまり“世界の終末の年”と。この「超極大期」が、くしくも一致するのだ。

予言では、2012年12月22日(もしくは23日)に“世界が終末を迎える”となっている。

ちなみに。一部の地域でしか観測されなかったオーロラが。全国各地で見られる現象が起きた時、それは“世界の終末=マヤ予言の成就”に向けての全長だと言う。

***

非常に面白い記事だと思いました。

2012年に関する憶測は様々な種類のものがあります。

2012年にマヤ歴が終焉を迎えるという話しは有名ですよね。

これに関連して、時間が終焉を迎えるという「ゼロポイント」セオリー、それに絡んで「アセンション」セオリーもありますね。

しかし太陽の黒点までが出て来るとは思っていませんでした(笑)

実際に地球の全人類が滅亡するのか? と聞かれたら、非常に疑問符です。

まぁ2012年以降のことがらに関する予言もありますから、全滅には至らないのでしょう(笑)

ということで、また何か面白い記事を見つけたら掲載しますね。

2008/05/17

Don't Let Me Be the Last to Know

最近の個人的なヒットでちょっと一息。

Don't Let Me Be the Last to Know (Hex Hector Club Mix) [Edit]
Britney Spears



出産からドラッグ中毒と色々と取りざたされてますけど、個人的にはブリットニーさんが特別に好きではないんです(笑)

曲のリミックスを手がけたヘックス・ヘクターの曲を漁っていたらブチ当たってしまったこの曲。

私はアメリカでナンバー1のDJと言われる「ヘックス・ヘクター氏」のリミックスを集めているんです(笑)

この方は大御所を含めて多くの楽曲のリミックスを手がけておりますんです。

いやぁ、ゆっくりとブリットニーさんのお顔を拝ませてもらいましたが、非常に美しい方なんですね(笑)

まるでアンドロイドのようなお顔・・・(笑)

アメリカのバービー人形な方です(笑)

2008/05/13

本当のあなたを取り戻す方法


インナーチャイルド
本当のあなたを取り戻す方法
(単行本)
ジョン ブラッドショー (著), John Bradshaw (原著), 新里 里春 (翻訳)

http://www.johnbradshaw.com/

オバカな私のセッションをしてくれているカウンセラーの勧めで今この本の英語版を読んでいますが、この本は超お勧めです。半日で一気に半分以上読んでしまいました。

宇宙人系のチャネラーもチャイルドフッド・トラウマがあるんです(笑)

インナーチャイルド系の書籍ですが、非常に上手く解説されています。

現在の成長した大人の意識の中に現れる、インナーチャイルドの影響というのは非常に大きなものです。

何かの切っ掛けがあると、この封印されているインナーチャイルドがヒュルっと出て来て、大人なのに子供のような言動をしちゃうんですね。

この方は「アダルト・チャイルド」と言う意味も上手く解説しています。

本の中には様々な質問事項や瞑想の方法なども含まれています。

自分のインナーチャイルド・トラウマを自覚している方、そして、周囲の人の不可解な言動パターンに関する理解を求めている方に是非読んで頂きたい本です。

またカウンセラーや、セラピストを目指す方は必読の本です。

人間という複雑な精神構成の動物を理解して無条件の愛に生きるのに非常に役立ちます。

インナーチャイルド
本当のあなたを取り戻す方法

(単行本)
ジョン ブラッドショー (著), John Bradshaw (原著), 新里 里春 (翻訳)
価格: ¥ 1,680 (税込)
  • 単行本: 427ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会; 改訂版版 (2001/02)
  • ISBN-10: 4140805781
  • ISBN-13: 978-4140805787
  • 発売日: 2001/02
  • 商品の寸法: 18.6 x 13.2 x 3 cm 
★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ



アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますねラブラブ!

UFOさらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!

聖なる谷  空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae

¥1,890 Amazon.co.jp

2008/05/12

JUJUの不思議なオアフ旅行⑪ノースショアへ

また少し間が空いてしまいましたね。出来るだけ追いつくように努力します(笑)


なので今回は豪華に写真付きです。


それは記憶が薄れていてるので誤摩化しです(笑)でも写真から波動をもらって下さい。「百聞は一見にしかず」です。


さて、私たちはヌウアヌ・パリを出発してウィンドワード側へ向かいます。


カイルア、カネオヘ地区というのはホノルルの向こう側で、非常に降雨量の多い地域です。


目指すのはオアフ島の聖地の一つ、クアロア。


ここは過去のブログでも数回ほど書きましたので探して下さい(笑)。


私たちはクアロア・ランチで少しゆっくりしながら昼食を食べ、周囲のエネルギーを満喫させて頂きました。







クアロア・ランチは乗馬などのアクティビティーをこなしながら、一日ゆっくり過ごすのにピッタリの場所です。





そして次に行ったのがクアロア・ランチの谷間の裾野にあるビーチ。


まぁ非常に気持ちの良いこと(笑)


ザッブん、ザッブんと波が打ち寄せていたんですが、まぁ波のエネルギーの凄いこと・・・。





しばらく三人でビーチに座ってエネルギー浴してしまいました(笑)


ここいら辺からエネルギーが非常にアップし始めたのは確かだと思います。


これからノースに向かってひた走りです。


クアロアからノースまでは、美しい景観が続きます。


しかし美しい景観だけだと思って、ツイツイ走り飛ばしてしまうんですね。


かく言う私もアンテナが引っかかる場所があるにも関わらず、いつも通り越してしまいます。


次に目指したのはポリネシア・カルチュアル・センターとモルモン教の寺院が近くにある「ナニロア・ポイント」。





この場所は白人の観光客には人気のスポットのようですが、ここで日本人にであった事はあまりありません。


まぁただの岬で、美しい景観があるだけのように感じられるかも知れませんね。


でもそれでは能力者はやっていけないんです(笑)


ちゃんとエネルギーやら波動やらを感じる「余裕」を持っていないと(笑)





この日は良く晴れていたんですね。まぁ先日アマテラスをお呼びになった方々ですから、ご褒美なんでしょうね。


とにかく真っ青でした。


オマケに打ち寄せる波のエネルギー量の凄いこと・・・。


過去に何度もこの岬へ来ましたが、今回ほどの圧倒的なエネルギーを感じたのは初めてです。


三人でバラバラにそれぞれの感じ入る場所でかなりの時間を過ごしました。


そしてケンさんが「あの雲ってUFOみたいだよね」と言います。


雲のない空に、まるでクネクネと飛んでしまった飛行機のような細長い雲が随分と長い間出ていたんですね。


こいつ分かってるじゃん・・・。と思いつつ、「さっきのクアロアのビーチでも出て来てたよ」と教えてあげました(笑)


最近はスターシップの存在を近くに感じることが少なかったので、少し安心しました(笑)


あぁ、まだ見捨てられてないのね(笑)でも何時になったらお迎えに来てくれるんでしょう?





次に停まったのがウミガメの見れるビーチ。


このビーチは万歳パイプラインのそばにあります。





これがハワイイ諸島の近海に生息する「緑ウミガメ」です。


この人達は海岸の岩についている海藻を食べて、満腹になったらビーチに上がって来て昼寝をするんです。


いやぁこのウミガメさん達の人気の凄いこと(笑)


次から次へと観光客が現れて、見張っているヴォランティアの方々も説明したり、近づきすぎないように縄を張ったり大忙しです。


ハワイでウミガメ、イルカ、モンクシールなどの海洋生物に触るのは違法です。





最後に行ったのがパイナップル畑の真ん中にある「王族の誕生石 クーカニロコ」。


ここでもUFO雲を見ました(笑)


「上」の付添人の方々も急がしい一日だったかも知れません。





ここも何度行っても気持ちよい場所ですね。


この渦巻くエネルギーの周囲にいると、時間と空間が別の場所に行ってしまうというか、噛み合ってしまうようで気持ち良いんです(笑)


先日、先々日と御神業をこなして来ましたから、ここでもか? と思いましたが、私もジュジュもサッサと諦めました。


こういうのは引き際も肝心です。


単純な話し、あんまりレイライン・ウィークをする気にもならなかったし、二人の力では上げられないのが分かったからです。


ここはある特定の「音域」に反応するんですね。


三人ともその音域を派生させる物を持っていなかったし、意識で音域の波動を作り上げて持ち上げるだけの時間もなければ、意気込みもなかったので、「今回は無理だわね、まぁ次回に廻しましょう」ということでチャンチャンです。


ここは次回に何処からか音響設備を持って来てもらってケンさんに、テーブルをスピンしてもらって実験しながらコズミック・ダンスをするのが良いかも知れません(笑)


そうなったら「Love The Earth in Hawaii」ですね。それもまた良いかも。


周辺の石を見て回ったら、いつもよりレイの捧げ物が多かったですね。オマケに数カ所の石のそばに「塩」が撒かれていました(笑)


たぶん日本人の方々がハワイアンの聖地巡りのツアーで来たのでしょう(笑)


この場所も随分と有名になったもんです。


という事で、私たちはワイキキでお友達の子供と一緒に鉄板焼きを食べるために引き返しました。


終わり。 




【JUJUの不思議なオアフ旅行:目次】

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ



アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!





¥1,890

Amazon.co.jp







「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」



ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2008/05/06

JUJUの不思議なオアフ旅行⑩ヌアヌパリ展望台



長らくお待たせしました(笑)連載の再開です。


私はノースショアからホノルルへ帰る間に虹を何度見かけたのかは、すぐさま数えるのを止めました(笑)


虹というのは無色の光がプリズムを通過した時に分光されて現れる現象なのはご存知だと思います。


「光」または「可視光線」は、人間の肉眼で見ることの出来るおよそ400〜700nm波長の電磁放射です。


私たちの肉眼が捉えることの出来る波長域は以外に狭く、目に見えないからと言って、そこに「光」が存在しないわけではありません。


犬や猫、鳥や爬虫類などは、私たち人間の肉眼では捉えることが出来ない波長域を捉えているのです。


そうなると人間の目で見えている狭い波長世界と、他の動物達が見えている波長の世界が違うのは当然で、彼らは人間には見えない世界が見えているんです。


この「光」は光子と呼ばれる素粒子からできています。(以下ウィキペディアより)


光の3つの主要な特性は「強さ」「頻度または波長」そして「分極化」です。


光は、波と粒子の特性を示し、この特性は波粒子の二重性と呼ばれてます。


「虹」は太陽が地球の大気中で湿気の小滴に光り輝く時に、光のスペクトルが空に現れる光学、気象学的な現象です。


ギリシャ神話では「虹」は地球と天の間でメッセンジャーである「アイリス」によって作られる経路だと考えられていました。


中国の神話では5つの異な る色の石を使っている女神ヌーワ(Nuwa)によって閉鎖されると言われる空の切れ込みです。


ヒンズー神話においては、インドラダニュシュ(Indradhanush)と呼ばれ、インドラ(稲妻と雷の神)の 会釈を意味します。


古代スカンジナビアの神話では、ビフロースト(Bifrost)橋と呼ばれている虹は、それぞれsgardとミドガルド(神と人間の自宅)の領域をつなぎます。


虹が観測者の位置に依存する光学的な特殊効果なので、この場所へ着くのは不可能とされていて、虹の終わ り頃へと向かうと、それはさらに遠のいて行きます。


でも何故だか私たちはくぐってしまったんです・・・。


くぐった途端に後ろを見たら虹は消えていました。


虹というのは片側からしら見えない現象です。


連続する虹のゲートを眺めながらやっとの思いでホノルルに帰り着き、友人のお宅でのバーベキューへと向かいました。


今夜で広島からの千代リンさんとジュジュの妹さんのミミちゃん息子さんとはお別れで、彼らは早朝早くに空港へ。


そして翌日からは、私とジュジュと旦那のケンさん三人で再び島巡りです。


私の頭の中では連れて行った方が良いであろうと思われる色んな場所があったんですが、この短期滞在の期間では無理なので、かなりハショリました。


ハワイはイギリスのビクトリア王朝と深い縁のある場所なので、ハワイ王朝系の場所にも連れて行きたかったんですけど、今回はパスです。


次回のお楽しみですね。


翌日は三人で午前中にチャイナタウンへと向かいました。


その理由はチャイナタウンにある中国漢方医の先生に会うためです。


ジュジュはもうかれこれ数年に渡って両肘の皮膚病に悩まされていて、とにかく何を試しても回復しなかったんだそうです。


そして私も同じ皮膚病に悩まされていたんです(笑)


正価で1本$180もする強力な塗り薬を使っても一向に回復の兆しは見えませんでした。


しかも合計四本も使ったというのにです・・・。


アロマもやったし、実験も色々やりました。


しかし漢方医が処方してくれたクリームと血液の浄化剤で回復したんです(笑)


一晩で一気に症状が好転し、一週間くらいでほぼ普通に戻りました。


必然でその話題になって、その漢方の先生に会いに行かねばならなかったわけです。


ジュジュ曰く「私あなたも同じ症状が出てるの知ってたの。それにホノルルに来れば解決されるのも知ってたのよ。だから来たの」。


「上」も御神業に関しては、スゴイ仕掛けを組むんですね(笑)


それに答えてしまうジュジュ様ご一行の思い切りの良さも輪を掛けて凄いと思いますけど(笑)


わざわざイギリスからホノルルまで地球を半周して来たのは、こういう理由もあったんです(笑)


ジュジュはイギリスに帰って久しいですが、治ったのかしら(笑)


そういう理由でチャイナタウンを後にして、そのまま島の反対側へ向かって高速へ。


私たちが次に停まったのは「ヌウアヌ・パリ展望台」です。


いやぁ風の強いこと(笑)あんなに風が強かったのも久しぶりです。


展望台で眼下に広がるカイルア、カーネオヘの町並みを眺めて、三人で旧道を降りて行きます。




ここも波動に敏感でないと、ただのハイキング・コースに成り下がってしまいます。


しかし、この旧道の上空にはヴォルテックスが複数存在するんですね。


これを発見したのはかれこれ4〜5年前で、ちょうどウィークインされるのに失敗されてしまっていた時期でした。


ウォーク・インっつ〜のは、ある意味での憑依現象ですね(笑)


だって外身は同じで、中身が別人になってしまうわけですから。


ある事が切っ掛けで、私の意識が身体から外れてしまって、頭に繋がってる一本くらいの霊線で辛うじて繋がっていたんです。


私という自我はあるんですけど、でも違う。半分あっちの世界に行ってる感じで、非常に興味深い体験をさせていただきました(笑)


いつもと同じ風景で、同じ人達と生活してるんですけど、見えてる世界が違うんです。


色彩とか距離感とか、見えちゃうし、聞こえちゃうし、分かっちゃうし・・・。


テレパシーで声も聞こえてしまうし・・・。


とにかく感覚の全てがそれまでとは全く違っていました。


オマケにシンクロニシティーが起きること、起きること。


まるで自動の歩行路に立っているように連続して全てがシンクロしていました。


そして私はその凄さにおののいてしまった結果でトラウマに・・・。


精神力とか下段階とかをスっ飛ばしてしまって一気に別次元を体験してしまうと気が狂いそうになるというのは本当です。


消化出来ないし、対応出来ないんです。


準備が出来てないから、意識はそれを異常だと見なしてパニックになるんです(笑)


私の見解上、下準備なし、意識の上昇とそれに伴う肉体の変化などの過程無しで一気に多次元へのアセンションは考えられません。


2012年が来たら自動的にアセンション出来るという考え方はナンセンスだと思います。


私の見解の中であの経験に一番近いと思われるのがネイティブ・アメリカンの言う「ドリーム・タイム」です。


ヴィジョン・クエストで「ドリーム・タイム」に入り込んでしまった知人の経験と非常に良くにていたからです。


普通の生活の中で意識の焦点が合わさっている波動域に、別次元が幾つか重なってしまってたような感じです。


彼ら曰く「メディスンマンに引き戻してもらったから良かったけど、気が狂うかと思った」そうです。


まぁ私の場合はすでに相当に狂っていた状態でしたから、話しも難ですが、それでも頭が変になるかと思いました。


狂ってる私の脳みそで「狂ってしまうぞぉ〜!」と思えたんですから、相当に狂ってたんだと思います(笑)


この一連の出来事を目の当たりにしたハワイの魔女は「あなたは完璧に別人だったわ。取り憑かれてたとしか思えない」と言ったくらいです。


でも、何を隠そう、あの頃は「ぷるぅるぅるぅ〜」とプレアデス語が話せたんです(笑)


今は鳴き声の真似くらいしか出来ませんけど(笑)


そんな半分以上ウォーク・インされてしまい、イってしまっている状態の時に、このヌウアヌ・パリの旧道に連れていかされ、偶然のようにヴォルテックスを発見したんです(笑)


それ以来というもの、ヴォルテックスには敏感なんです(笑)


私たちはヴォルテックスの真下を通りながら身体をクルクルと右回り、左回りで回転させながら半分くらい下まで降りました。


まだヌウアヌ・パリの旧道と言えば、過去のブログでグアヴァ刈りを紹介しましたけど、今回はグァヴァの花が咲き始めていた時期だったので、実は見つけられませんでした。


でも坂道を降りて行くのに、帰り道で坂道を上っても疲れません(笑)


パリ旧道は、ハイキングするだけでパワーアップしちゃえる場所なのです。


▶JUJUの不思議なオアフ旅行⑪ノースショアへ


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ



アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!





¥1,890

Amazon.co.jp







「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」



ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿