2007/06/28

7月17日:A COSMIC OPPORTUNITY

A COSMIC OPPORTUNITY - JULY 17,2007 - 11:11 A.M. GMT
Introduction by Patricia Diane Cota-Robles
http://www.eraofpeace.org/

簡訳

今年の夜明けの時から宇宙の父と母、そして天界の人々は2007年がとても記念碑的な変化の年になるであろうということについて議論してきました。

信じがたい程の光の活動が日々を追うにつれて紐解かれてゆくなかで、私たちはこのディヴァイン・プランの顕現化を見ることが出来ます。

光の活動は、無限の完全性の領域である第5波動レヴェルへの中へと私たちがアセンションするために人間性と地球を準備しています。

Precious Hearts, since the dawn of this year we have been discussing the fact that our Father-Mother God and Company of Heaven issued the fiat that 2007 will be a year of monumental change. As incredible activities of Light unfold day by day, we can see the tangible manifestation of this Divine Plan. These activities of Light are preparing Humanity and the Earth for our Ascension into the 5th Dimensional Realms of Infinite Perfection.

さて、July17(2007年)においては、私たちの一生において先例がない「コズミック・オポチュニティー:宇宙の機会」が提示されます。

過去数十年間の間に起こった光の無数の活動のために、人間性はようやくこの大切な地上に生きる全ての人々、女性や子供たちに内在する神と結合させることの出来るグリッドに炎を灯す位置に達します。

このグリッドは、さらに人間性を私たちのソースに再び直接的に結び付けるでしょう。

Now, on July17, 2007, we are being presented with a Cosmic Opportunity that is unprecedented in our lifetime. Because of the myriad activities of Light that have taken place over the past several decades, Humanity is finally in a position to fire the grid that will unite the Divinity within everyman, woman and child on this sweet Earth. This grid will also reconnect Humanity directly with our Source, All That Is.

このグリッドの持つオリジナルの可能性は永劫の時間の中で破砕した影となっていました。

この状況は人間性が人間性のワンネスを明白に知覚すること、あるいは内面の小さな声を聞くことを防いでいました。

従って、照らされた真実の領域と、私たちの父なる、母なる神とのコミュニケーションは非常に、とても制限されていました。

This grid has been a fragmented shadow of its original potential for aeons of time. This situation has prevented Humanity from being able to clearly perceive the Oneness of Humanity or to hear the still small voice within. Consequently, our communication with the Realms of Illumined Truth and our Father-MotherGod have been very, very limited.

なぜ2007年7月17日なのか? さて、光の存在たちは「宇宙の瞬間は訪れ、そして宇宙の瞬間は去ってゆきます」と表現しました。彼らは、もし人間性がこれらの宇宙の瞬間を逃す場合、機会が再び示される前の何千もの年かもしれないと言います。

Why July 17, 2007? Well, theBeings of Light have an expression, "Cosmic Moments come and Cosmic Moments go." They say that if Humanity misses these Cosmic Moments, it may be thousands of years before the opportunity will be presented again.

2007年の7月17日は宇宙の瞬間です。この聖なる神聖な日に創造のエネルギーの高まりがあるでしょう。私たちの全知で、全能の神、遍在する父と母なる神の中心は天地創造の全体によって燃えるでしょう。この全能の光は、神の心からかつて前へ呼吸された命の総ての面のエネルギーと振動、そして意識を上昇させるのです。

July 17, 2007, is a Cosmic Moment. On this sacred and holy day, there will be a surge of Creation Energy the very Heart of our Omniscient, Omnipotent, Omnipresent Father-Mother God that will blaze through the whole of Creation. This All-Powerful Light will raise the energy, vibration and consciousness of every facet of Life that was ever breathed forth from the Heart of God.

世界中のLightworkersの集合的な意識の一体になった意図により、この威厳のある創造のエネルギーはさらにグリッドを活性化し、私たちの自己と神からの分離、そしてお互いからの分離を引き起こした短絡のサーキット、および破片を再び結びつけるでしょう。

このメッセージを発信しているシェレリー・イェーツさんのサイト:http://www.firethegrid.org/

Through the unified intention of the collective consciousness of Lightworkers around the world, this awesome Creation Energy will also fire the grid and rewirethe short circuits and fragments that have caused our self-inflicted separation from God, as well as from each other.

This facet ofthe Divine Plan is being revealed to Humanity by Shelley Yates, herwebsite is http://www.firethegrid.org/ . Please read her story with an open heartand mind. We have all been preparing for this Cosmic Moment for millennia.At long last, our time is at hand.

This amazing story byShelley Yates tells about a miracle that happened to her and her smallson. The miracle revealed an opportunity for Humanity that will create anunstoppable shift for Planet Earth and all her Life. Read this informationcarefully, take it into your heart of hearts, and share it far and wide.Know that YOU are the Hands of God now made manifest in the physical world of form.

And so it is, Beloved IAM.
Patricia Cota-Robles
> ***********************************************
FIRE THE GRID
by Shelley Yateshttp://www.firethegrid.org/
THE STORY

We are now in atime when natural disasters like hurricanes, earthquakes and tidal wavesare dramatically affecting our planet, and our lives on it. We now havethe power to destroy this beautiful Earth quickly, with atomic power, ormore slowly, with pollution and devastation of our resources andoverpopulation. I have been guided to tell you that we also have the veryreal power to save this planet and to make it a loving and healthy placefor ourselves and for future generations. Please take a few minutes toread my story. It will hopefully save our Earth.

I have a storyto tell you that I know will be hard to believe in parts, but it hashappened to me, and I cannot erase or deny any of it, though at times Iwish I could. I am a normal woman who grew up in simple yet chaotic times.I am much like you in most every way. I always thought I would be the lastone to have a miracle occur in her life, much less two miracles and allthat has happened since. Therefore the tale I tell could be of your life,and not mine. But seeing it is mine, I guess I was meant to tell it.

What I want to establish first is the fact that miracles dohappen, and they happen to people like you and me. What we need to makethese miracles happen is to open ourselves to the communication that isall around us every day—communication not from this world but from theworld of our Creator, the Cosmos and the Universe. The message comes froma distance, but you find it by going inside and believing. We can allcreate miracles within our lives, and that is one of the main points inwriting this for you. I have no special tricks. Simply open yourself tothe possibility that what I tell you is possible and that it is availableto every person.

I will refer to God in many ways throughoutthis story.
This is strange for me to refer to God in any sense, as Ibelieved He had abandoned me a very long time ago. But I will refer to aPrime Creator of the Cosmos and the Universe, along with this Earth thatwe live on every day. I call God the Prime Creator because I want allthose to understand that this story is completely unbiased andunprejudiced to any affiliation with any religion, and the God of myunderstanding is not only an Earthly God, but a Universal God. I will alsorefer to God as Mother Earth, Gaia, which I came to learn through thisjourney is the female piece of God. As in everything that is in ourUniverse, you must balance darkness with Light, peace with war andrecognize the two faces of God, the female and the male. We are all piecesof this Prime Creator. We are a part of God.

Two miracleshappened in Halifax, Nova Scotia, Canada. My son and I drowned in aflooded marsh and not only ived to tell the tale, but we are better thanever. I was dead for fifteen minutes. I was told by Beings of Light how tosave myself and my small son, and I was given a message on how to heal theEarth.

As you are reading this, I ask you with all my heart toopen yourself to the possibility of what I say. I feel it is imperativethat we unite this world as one planet with one common goal—to establishpeace and prosperity for all, not just the select few who were blessed tobe in the right place at the right time. We are entering a new phase ofHumanity, and what I will tell you in this website, http://www.firethegrid.org/, will help us as a race to assimilate thechanges that the future will bring.

I have not had God in mylife for forty years. I did, however, as a child, chase the possibility of God. I felt that those people who had undying faith were the lucky ones, and the fact that I believed in nothing made me the loser. As a child I often spoke to God but never felt heard or connected. It took life throwing me into a flooded marsh and drowning me to open my eyes to thereality of how much we are all connected to the Divine Power.

It is showing up now more than ever. You can go on the
>
=== message truncated ===

2007/06/21

風邪ひきさんの対処作

事の始まりは昨年の異常気象。


2006年の春先のハワイはかなり寒い気候でした。


普通だったら結構暖かいのだけれども、夕方近くになるとガ~んと気温が下がるし、風も冷たい。


しかも未だに雨が頻繁に降っている。夜になると毎晩のように降っている。 困ったちゃんである。


そんなもんだから、今ハワイで流行っているのは風邪引きさんである。


知人の奥さん曰く、今回の風邪は身体の弱いところをアタックするらしく、背骨やら膝やら、頭やら、いたるところを攻撃するらしい。


かく言う私ももうかれこれ三週間くらい引いたままである。


最初の週はかなり酷かった。肺が表も裏も痛くて、数回ほど心臓が止まるかと思うような症状もあった。(止まらなくて良かったけど・・・)


凄すぎ効果のジェネシス・ゴールドを毎日欠かさず飲んでいたにも関わらず、頭痛攻撃には参った。




頭の中でウィルス君が大暴れしているもんだから、脳膜炎になってしまったのかと心配した。


局ジェネシスだけでは「じぇね死す」になってしまいそうだったので、まず最初に「ニュートリシャス・ヒーリング」というスゴク分厚い代替療法の本を取り出して、いろいろと調べてみる。


その結果に挑戦したのは、レモン汁と生姜の摩り下ろしと、オリーブ・オイルと蜂蜜を混ぜたお茶である。


生姜を好きなだけ摩り下ろして、レモンを一個分絞って、オリーブオイルを大さじ一杯くらい入れて、蜂蜜で味を調えただけなのよ。冷たいと駄目だけど、熱いと飲めるわよ。


これはかなり利いた。


肺の痛みも少し治まったし、熱も少し下がった。


しかし頭痛は治まらないのでアスピリンのお世話になって、次に挑戦したのは天然の抗生物質であるニンニク攻撃。


次に挑戦したのが同じく天然の抗生物質である「ゴールデン・シール」と免疫機能を高めるという「アカネシア」のサプリメントである。


ゴールデンシールは続けて1週間以上服用してはいけないので、途中で休憩を入れなければならない。


これで少しは治まったものの、やはり効果が遅いような気がしたので、次に市販されている「デイクィル」という日中用の風邪薬を飲んでみたが、一向に治まらない。


一週間飲んでも聞かないので「飲んだらフ~らフらしてしまうぞぉっ」という噂の夜に飲む「ナイクィル」を思い切って購入した。


ルーミー2号君曰く「飲んだらフラフラで飛んじゃって爆睡するわよ、しかも翌朝は二日酔いで起きれないわよ」などと抜かしている。


お薬の達人である彼の言葉にどれくらいの信憑性があるのか?と思いつつ、「ナイクィル」をゴクゴクと飲んでみた。


チェリー味のシロップなので、そんなに酷い味ではないが、エラク甘ったるい。


その結果は・・・。


全然眠くならくって、睡魔に襲われるどころか、急にエラク元気になってしまった。


最初は元気だったものの、床に入ったら気がつかない内に寝ていた。


そして朝起きたらサルになっていた。


翌朝になって夢も見ずに爆睡から目が覚めると、頭が重たかった。しかも身体が動かない・・・。


ひそかに心の中で(酸欠か?)と考えていると、ルーミー2号君が意味深な顔つきで「家政婦は見た!」攻撃を仕掛けてくる。


寝起きで頭の回らないパッパラパ~な私に向かって、お目めパチクリの真剣な顔つきで、笑いもせずに神妙に。


「あぁ~た、寝てる間にサルになってたわよ・・・」 という彼のいきなりの発言に対して、どっ・・・ど~してサルなんかに・・・? という私の質問に「布団から顔だけ出して、布団のすそを握ったまんま、キぃー・キぃー・キぃーって叫んでたわよ」 


おおおぉ、サルになった夢なんか見てないぞぉ・・・と思いつつ、キぃーキィならイルカになってたんじゃぁなかったのか? と内心思いきや、家政婦は見た攻撃は続いて「いんや、あれはイルカじゃぁなくってサルだった」とお墨付きが・・・。


「まか~ウラ」が風邪をひいて「バカ~ウラ」になってしまって連日のように日記に意味不明なタラコ唇のピート・バーンズ攻撃をしていた後に、最後にはサルになってしまったらしい・・・。


何でサルになってしまったのかは永遠のナゾである。


本人が覚えていないので非常に性質が悪い。


唯一考えられるのは、ネットで見つけたピート・バーンズがゲストで登場するテレビ番組を見たら、ピート様はゴリラの毛皮で出来たアンティークのコートがスタジオ内で紛失してしまったと騒いでいた。

(紛失した毛皮が本当に絶滅に瀕しているゴリラの毛皮だったら大問題だという事で、これはイギリスではかなりのスキャンダルになったらしい・・・が、結局は問題なかったらしい)


その続きを観ていたら、ピート様がゴリラのぬいぐるみを着て番組に出ていた。


しかもその茶色の着ぐるみには肌色の二つのオッパイまで付いていた・・・。くらいしか考え付かない・・・。


雌ゴリラにされてしまったピート様・・・。


そして私はサルになってしまっていた。(本人は今でもイルカになっていたと信じているが・・・)


しかしそれがサルになった引き金だったら、どうしてゴリラでなくてサルになっていたのだろう・・・。(疑問・・・)


ゴリラはサルのように「キィキィ」と鳴くのだろうか・・・? 

あぁ話が脱線してしまった・・・。


2007/06/20

サイキック講座:エンパシック(5)

それでは映画を例に挙げて話を進めてみます。 映画の中には、コメディーから、社会派もの、SF、アクション、ホラー、サスペンスなどと様々なジャンルがあります。

ここでの話の争点になるのは、個人個人が感じる、もしくは共感する幅のことです。 

例えば、ある人は血みどろのホラーが嫌いです。

しかしまたある人は血みどろのホラーが好きだったりします。

要は人それぞれによって感じる部分が違うので、目の前に写されている惨劇を、恐怖の悲劇として捉えるのか、作り話のコメディーとして捉えるのか、もしくは本当に目の前で繰り広げられる惨劇をエクスタシーとして捉えるのか、心理的にどう反応するか、反響するかの違いです。 

鑑賞者の心の視点によって、反響する部分と感じる部分が違ってくるということです。 

ホラーでなくても、どのようなジャンルの映画でも基本は同じです。

その根底にあるのは、鑑賞者がどこのレベルに、どの方向性で反響するのか? という事です。

上列したメリル・ストリープの映像ですが、一通り何も考えずに見てみるのをお勧めします。

すべてが英語なので何を言っているのか分からないと思いますが、それは無視して、彼女の存在のあり方に焦点をあわせて、彼女から派生されているエネルギーをそれぞれの異なった映像から感じてみてください。 

単純な話、頭を使わずに、客観的に放出されてるエネルギーをい感じるという部分に意識を当ててみて下さい。

メリル・ストリープという一人の存在は、演技をするという技術を使って、放出するエネルギーの質を大幅に変化させているという事です。 

違う波動域の役者とのエネルギーの回転を良く現しているのが、上から二番目の「永遠に美しく」のベストシーンです。 

それぞれの役者の間で回転するエネルギーが巧く廻っている良い例だと思います。

役者同士の間で的確にエネルギーが回転していないと、鑑賞者を轢き付けることが難しいわけです。 

前回のエネルギーの動きの話に戻りますが、エネルギーというのは絶えず動いています。

私達の身体の中の器官が動いているように、地球は自転しながら太陽を中心として公転し、太陽はさらに外側の銀河系の中心の軌道に沿って公転し、その銀河系も、さらに大きな銀河系の中心に沿って公転しています。

ここで登場するのが、らせん状に回転しながら上昇と下降を繰り返すエネルギーの動きです。

私達の脊髄に沿って存在する、垂直パワーストリームの中で、クンダリーニのエネルギーはらせん状を描きながら上下して動いています。 

頭の天辺に接続されているクラウン・チャクラに媒介されるエネルギーも、尾てい骨に接続されている、基礎のチャクラのエネルギーも吸引と放出を同時に行っています。 

全てのチャクラに媒介されるエネルギーは、一般的なイメージでは入り込んで来るという一方方向のエネルギーの流れのように捉えられがちですが、媒介されるエネルギーは、実際には吸入と放出を同時に行っているんです。

身体にエネルギーが入り込むと同時に、放出しているんです。 

分かりやすく説明すると、海洋発電の場合には、海面付近の暖かい温度の海水と、海底近くの冷たい温度の海水に送り込む事によって、海流が発生させて原動力にするんです。 

モーターも基本的には同じですが、プラスの電流と、マイナスの電流をコイルに流すことによって、磁力を生じさせて軸を回転させるわけです。 

簡単に説明すると、方向性の違うエネルギーを衝突させることによって、エネルギーを派生させているわけです。 

お湯を沸かすときに、煮えたぎったお湯は、水煙りとなって、温度の低い空中へ向かって蒸発するわけです。 ここで何が言いたいのかというのは、私達のエネルギー的な身体は、様々な波動域のエネルギーを吸収しながら、同時に放出しているわけです。 

ですから、二つの異なったエネルギー身体が重なると、自然にエネルギーの渦が出来て、空間を共有するお互いの間で、エネルギー的な海流が派生して、エネルギーの循環が始まり、ある程度のエネルギーのレベルの平均化が始まるまで、動き続けるという事です。 

これは感情的なエネルギーに対しても同じ事が言えます。 

私達は、自分以外のものと対峙するときに、エネルギーのやり取りを行うわけです。

高所恐怖症の理由

ワイキキはハワイの島々の中で最も有名な観光拠点。

本当はハワイの観光イメージが崩れるからあんまり変な事は書いてはいけないんだろうけど、他に書く事がないからとりあえず怖い話しをツラツラと書く。

恐怖のマキキのアパートからワイキキの高層コンドミニアムに移ってからというもの、私は理由の分からない自殺願望に襲われ始めました。

わたしのお部屋は15階で、ラナイ(ベランダ)からは緑のフィールドが美しいアラワイ・ゴルフコースが見渡せました。

それまで15階などという高所に住んだ事がなかったので、そこに住むまで自分が高所恐怖症だなんて気付かなかったお馬鹿さんなわたし。

その美しいラナイに立って野外を見渡すと、足がすくんで動けません。

オマケにそのラナイの柵は透明な強化プラスティックで出来てたもんだから、上から下ま で外が丸見え。

まるで、すう~~~~~っとその透明な柵に吸い込まれるような感じがいつもしていました。

だからそこに出る時はいつも何処かにシッカリとし ばみついていなければなりません。

ある夜のこと。 

わたしは仕事から帰ってご飯を食べてそのままラナイのあるベッドルームへ。

バッタンきゅ~とベッドに横になってウダウダしながら「もうこのまま寝てしまお うかなぁ~。」なんて思っていると、突然窓の方に吸い込まれるような感覚が襲ってきて、あらまぁ、ビックリ。

ベッドと布団掛けにシッカリとしがみつかなけ れば、そのまま引っぱられてラナイから飛び降りてしまいそうな恐怖心に襲われたのでございます。
 
その感覚の恐ろしかったこと。

『別に死にたいくらいに不幸せでもなんでもないのに、何でラナイから飛び降りなきゃぁあかんねん』。

と後から変に思ったのでございます。
 
その感覚は、最終的にそのコンドを出るまで、そのベッドルームで何度も続きました。

ベッドは別にラナイにひっついてるわけでもないし、カーテンもあったし、ちゃんとガラス戸もあったし、その引っぱりは、ガラス戸を閉めてても、カーテンを 引いててもやって来たのです。

またラナイ自体も結構広かったんですが、その飛び降り自殺の衝動は、怖いくらいに突然やって来て、その度にわたしはベッドに しがみついていなければならなかったのです。

その怖さというのは多分スカイダイビングで飛行機から飛び降りる時と同じくらいにドキドキしてお尻がキュ~っと緊張する感じとでも言うのでしょうか。

身体中が緊張して筋肉が全部硬直するのでございます。

スピリチャルな用語で言えば、第一チャクラがギュギュギュっと閉まって大地とのグランディングが全くなくなるもんだから、どっかにシッカりとしがみつきたくなるって所でしょうか。

そんなこんなで私はそんな眺めの良いラナイを持ちながらも、殆ど全くのようにそのラナイは使いませんでした。

かといって他の高層コンドで同じ様な感覚に襲われるのかと言えば、まぁ基本的な高所恐怖症はあったとしても、全く同じではなかったから、多分そこだけのモノだったのかもしれません。

それよりももっと怖かったのは撮影で便乗した小型機でのオアフ島の空撮。それはその飛び降り自殺願望より怖かった。

根性カメラマンの男性がダイヤモンドヘッドを美しく撮影したいがために、パイロットに頼んで何度も何度も何度も機体を大幅に斜めに傾けて上空を旋回させた 時は本当に緊張して第一チャクラは閉まるわ、手は力んで座席を握りしめるわ、足は床にグイグイ押し付けるわで、もう死ぬかと思いました。

これは人からまた聞きの話しですが、確か同じコンドの14階には首なし女の幽霊が出没するという話しもありましたっけ。

まぁ確かにそれぞれの階で波動が違うのは確か。

ある階はとっても明るい感じがするのに、ある階はとっても不気味な感じがするのですよね。

実はですね、ワイキキの幾つかの高層ホテルは自殺の名所でもございます。

年間でかなりの日本人が飛び降りするみたいですね。

でもワザワザとハワイに来てま でそんな事って思っていましたが、いざ自分にそんな感覚が襲って来てからは、何となく、『あぁ~恐ろしや』と思ってしまうようになりました。

そして現在のコンドは4階なのでその心配はありません。全然平気。

がしかし、ある晩の事。外が救急車でやたら騒がしいので「一体なんなんだろうね、誰か心臓発作でも起こしたのかしらね?」とわたしは煙草を買いにいくつい でに下に降りてプールの脇を通って行くと、端の階段の奥に警官がスックと立っていました。

そして戻ってからルーミー君に聞くと、実は誰かが隣の高層コンド から飛び降り自殺したらしいとのこと。

ギョギョギョギョギョ。

わたしが通ったその警官の後には飛び降りした無残な死体が横たわっていたのでしょう。

知らぬが仏とは正にこのことです。

ウチのルーミーはこのコンドのコンプレックスにもはや10年以上も住んでいるので、
「いやぁ、あっちの高層コンドの方は過去10年で10回は飛び降り自殺があったんだよ」とサラリと言ってくれました。あぁ~恐ろしや恐ろしや。

さらに恐ろしいことに、ウチのルーミーのガーリーちゃんが実はねって一言。

「ここに入ってからなんだけど、昔このコンドに住んでた知り合いがいてね、ココやっぱり出るんだって」

「どどどど~~~~~~してそんなコト早く教えてくれないのよ~。」と言ってみましたが、移った後だったから仕方がないという事になり、さらにウチのガーリーちゃんが
 「でもウチの部屋は出ないよね。全然出る感じしないよね。ヒロシ君どう思う?やっぱりサイババの写真がリビングの真ん中に置いてあるからかなぁ?」と首をひねっていました。

「ここに入ったばかりの頃に一回だけ、“ヤバイ、来たぞっ!!”って思った事があったけど、それっきりだよね、サイババいるから大丈夫なんじゃぁない?」という事でそれ以来というもの、わが家には夜の不思議な訪問者は現われません。

いやぁそれもこれもサイババさまのお陰ですか。

たかが写真とはいえ、ここハワイではサイババ様はお粗末には出来ません。

レイちゃん頼みもしないのにサイババ君を送ってくれてアリガトね。

翌日に知り合いにこの事を話すと、ウチの近郊ではイメージダウンだからと言って、この手のものは新聞にも載らないのよって言っていました。

ハワイって不思議なところだよね。

モヒカン宇宙人的【サイキック】考・・・

とりあえずウィキペディアで言葉の意味と概念を調べてみましたが「サイキック」では出てきませんでしたが、「超能力」で記載されていました。

何だか超能力って書くと、凄い響きなので、ビビってます(笑)

超能力 


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

★超能力(ちょうのうりょく)とは、テレパシー・透視・予知・念力などといった、通常の人間の能力を超えた特殊な能力のこと。ただし、実在は確認されていない。

まかうら:実在は確認されてないというのは少し語弊があるかも知れません。


米軍もFBIもすでにサイキックな人々を戦前に送り込んでいます。

長崎のスーパーサイキックに会いに行けば考えも変わると思います。

★超能力は超心理学の中心的な研究対象である。ただし、超心理学は科学哲学者から疑似科学とされることが多い。

まかうら:昔は超心理学だったと思いますが、今では超物理学とか波動学とか、脳の能力を中心としたラジオニクスな領域の事柄に移っているのではないでしょうか? 


ちょっと疑問符。

★その一方で、超能力はSFにおいては人気の高い題材であり、単なる物語の小道具から人間や宇宙のあり方を見つめる哲学的主題にまで、広く用いられている。

まかうら:そりゃぁそうでしょう。


なんせ究極はX-MANのスーパー・パワーですから。
 

★★★ 概 要 ★★★

超能力は、ESP、テレパシー、念力などに分けられる。

まかうら:テレパシーはESPの中に分類されてるみたいですね。


念動系と感覚系では媒介されるエネルギーの質量が違うんです。

★ESP( extrasensory perception )は日本語では超感覚的知覚、感覚外知覚などとも呼ばれ、透視・予知などの超常的な感知能力を指す。テレパシーは精神感応などとも呼び、他人の心を読み取る、声に出さず意思を伝える、などの能力を指す。念力(念動力)は、手を触れずに物を動かす能力や高熱・低温を発生させる能力などを指す。

まかうら:何か少しかみ合ってない感じがしたので、英語版で調べてみたら、テレパシーはESPの中にカテゴライズされてますけど、どうも和訳が変な感じですねぇ・・・。

基本的には、

クレアボヤンス(clairvoyance)視覚、

クレアオーディエンス(clairaudience)聴覚、

クレアガスタンス(clairgustance)味覚、

クレアセンチエンス(clairsentience)感覚 

の四つに分類されています。

★超能力は、限られた一部の人間が持つ能力であるとも、全ての人間が持っているが使えるものが少ないとも言われる。

まかうら:誰でも能力は持ってると思います。


単純に開発されてないか、興味がないかの違いではないでしょうか・・・。

それに上手に教えてくれる人も数少ないでしょうし・・・。

★大抵は若いころに自然と能力を発揮すると言われる。

まかうら:バラバラだと思います。出産を経験して開く人もいるし、臨死体験をして開く人もいるし、勉強して開く人もいるし、年とってから開く人もいます。

★超能力を使用するには驚異的な集中力が必要で、使用後は非常に疲れ、マジックのように何度もやることはできないと言う主張もある。

まかうら:集中力が必要なのは確かだと思いますが、基本的には意識の集約点を変えて、脳波を変えるのが基本だと思います。


非常に疲れるのか?っつ~のは、う~ん、どうだろう・・・、バイアスが架かりすぎれば疲れることはありますが・・・。

★超能力・超常現象関連の用語の接頭語としてよく見られるサイ- (psy-) とは、ギリシャ語で心・魂を意味するプシュケー (psyche) から来ている。

まかうら:ふんふん。一つ賢くなったぞぉ。

★「超能力」という概念は、心霊現象に科学的な説明を与えようとして考え出されたものであり、存在すると主張される「霊能力」のほとんど全てについて、それぞれ対応する超能力が存在する。

まかうら:少し分かりにくいです。


私がお馬鹿なだけでしょうか?

基本的には同じシステムを使用しているので、振動数を合わせるチューナーの幅と方向性が違うだけだと思います。

★これらの両方が存在すると考える立場からは、霊能力が霊的存在に力を得ている、超能力は使用者に内在する力である、といった主張もある。

まかうら:使用者に内在する力っつ~のは少し疑問符かもしれません。


エネルギーを媒介するパイプが太いか狭いかの問題ではないのでしょうか?

★超能力者:超能力を持つ人を超能力者と呼ぶ。さらに細分化して、超感覚者(ESP能力者)の場合はエスパー又はスキャナー、テレパシー能力者はテレパス、サイコキネシス (Psychokinesis、テレキネシスともいう。PKと略す)能力者の場合はサイコキノとよぶ。

まかうら:分類に分類が重なるとややこしいだけですよねぇ。


でも一体誰が名称したんでしょうかねぇ・・・。そろそろ統一してほしい感じもしますが・・・。

★エスパー:エスパーの語源は英語の Extra Sensory Perception(訳せば「超感覚的知覚」)を略したESPに接尾語"-er"をつけたESPerであり、これはクレヤボヤンス(透視、千里眼とも)、テレパシー、プレコグニション(予知)の3つを併せて言う言葉である。


知覚能力を意味し、なんらかの物体に働きかける能力のことは本来指さない。スキャナーともいわれる。

まかうら:英語版では4つに分類されてますけど・・・。

本来、英語で超能力全般を意味する言葉は psi (ψ)または psionics であるが、現在日本では「エスパー」が超能力者全般を意味する言葉として使用されることが多い。

まかうら:エスパーって万能なイメージがあるんですが、実際には万能な方ってそんなにいないんですよね。 


さらに詳しく知りたい方はウィキペディへどうぞ。

でも情報の記載にかなりの思い込みがあるようなので、書かれている事を妄信しない方が良いかもしれません。

なんだか調べてたら疲れてしまったので、サッサと本題に入ります・・・。



最近思う【サイキック】

まかうら:う~ん、世の中に色んなタイプのサイキックが溢れているので何とも言えません。

最近の傾向を見る限りでは、サイキックと霊媒とチャネラーとヒーラーとスピリチャルが全部混ぜ合わされて混乱しているように思います。

こういう、向性を見失ったら何でもありに成りえてしまう世界をナビするのには、少しお勉強をしてないと駄目な世界になって来たのは確かだと思います。

個人的には全面的にサイキックに頼らなくても自分である程度ナビできるだけの能力を開発するのが無難だと思いますので、少しでも興味のある方は、良い先生を見つけて、隔たりのないように幅広く、思い込まずに、地道にお勉強することをお勧めします。

この【サイキック】には感動

長崎のアンデルセンっつ~喫茶店でショーをやってる叔父さん。

透視は100%だわ、テレポートさせれるわ、テレキネシスは使えるわ、見たらお眼メが点になって、世の中なんでもありって思えます。

上には上がいる事を忘れずに、地道に検索と訓練を繰り返しながら、日々精進と謙遜を忘れずに能力に磨きをかけている人には感動すると思います。

会って見たいのは、ブルックリンに住んでるエリー・クリスタルさんではないでしょうか・・・。彼女の視点はブリリアントです。

好きな【サイキック】

まかうら:う~ん、誰だろう・・・。ハワイでも、シアトルでも、そこそこの数のサイキックに会いましたが、誰が好きかと聞かれたら、困ったチャンですねぇ・・・。

エネルギーによどみが無くて、知識が豊富で、コメディーのセンスと、ユーモアがあって、同時に霊的な気配りの出来る方。 


質問してる人に自然な感じで確認させる技術を持っていて、学習させる事を忘れてないサイキック。

私のサイキック・ネットワークに繋がってる、頼んでなくても助けてくれるお友達と、フランスのマーティン先生かな?

こないだ出会った日系人らしき、ダウジングで色々調べてくれる健康叔母さんはサイキックなのかどうかは疑問ですが、嫌いではなかったので、また会ってみたいですけど・・・。

こんな【サイキック】はいやだ

まかうら:う~ん、ネジのずれてる人。というか、サイキック的に自信過剰で、エゴが増殖してる人は好きではないかも・・・。

明確に情報を翻訳して伝えられないサイキックは、う~んかも・・・。

棘トゲしてるエネルギーのサイキックは嫌かも・・・。

何にも知らないというか、信じやすい人に、お告げをしてコントロールしてしまう支配型タイプのサイキック。 


既成概念の狭いサイキックはう~んかも。

かと言って、瞳孔開いたままで、ぶっ飛んでる人もう~んかも。

この世に【サイキック】がなかったら ?

まかうら:う~ん、良し悪しかもしれません・・・。


いたらいたで混乱が増えるような気もするし、いなかったらいなかったで進化の道が遅くなるような気もするし。

全く存在してなかったら歴史は大幅に変わっていたと思います・・・。

過去形で歴史を見てみるのであれば、思い込みの激しいサイキックが権力に翻弄されてしまうと、起こさなくても良い混乱を起こしているのは確かなので、結果論としては何とも言えません。

その時代によって違うとは思いますが、大体にして霊能者とか、神託者いうのは政治と結びついているので良し悪しではないのかと思います・・・。

まぁ表舞台に出てきてない人たちも沢山いるんだと思いますから、彼らの地道な活動に感謝するべきだと思います。 


さて、れいちぇる様の課題提出による私の考察に対する、皆様の反応ははいかに・・・? 

脳みそ疲れてしまいました・・・。

モヒカン宇宙人的【宇宙人】考・・・

れいちぇる様の課題その3です。

宇宙人に宇宙人の事を語れっつ~のは、非常にクレバーでブリリアントな発想だと思います(笑)

初めての宇宙人体験はですねぇ、多分ペルーでしょう。

何せリマ空港に着く前の飛行機の中からUFO目撃してましたから・・・。

オレンジの光の球体が飛行機に付いてくるっつ~。

リマに着いたら着いたで、夜中に夜空を見上げたら、UFO一杯ウロウロしてたし、なぜだか直ぐに見つけられたし・・・。

まぁペルーでは色んな事件があったんですが、膨大な数のUFOを見てしまった夜にはさすがに感動して涙出ました。

日本の家に帰っても、時々部屋の窓の近くに来てましたし。

極めつけは予想もしてなかった過去生回帰とハイヤーセルフワークの合体したセッションを受けた結果に、完璧にイッてしまった時に、デヴァまで行って会見してしまった時でしょう。 ↓

まずは地球人の考える宇宙人について調べてみました。

宇宙人 ----出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

宇宙人(うちゅうじん)とは、地球外生命のうち人類並み、または人類より高い知性を持つものの総称。エイリアン(alien)、異星人と呼ばれることも多い。また、一時期「EBE(イーバ)」と呼ばれた事もある。

まかうら:EBEの事を「イーバ」と呼んでいますが、実際にはエクストラトレスティアル・バイオロジカル・エンティティーの略称です。

★★★フェルミのパラドックス★★★

はたしてこの宇宙に知的生命は存在するか―という疑問をめぐっては、物理学者エンリコ・フェルミによる「フェルミのパラドックス」がよく知られている。これは「もし恒星間航行を可能とする宇宙人がいるなら、なぜこの地球にやって来ないのか?」というものである。

まかうら:誰でもそう思うでしょうねぇ。

でもどうして「やって来ていた」という過去形の発想は出来ないんでしょうか?

灯台下暗しのような気がするんですが・・・。

でもこのパラドックスのことは全然知りませんでした。

そんなに有名なセオリーなんでしょうか?

★もし恒星間宇宙を超える技術を持つ高度な宇宙文明があったとしたら、自己増殖マシンによる宇宙探査や植民などによって宇宙の全域を移動しているので地球に来ていてもおかしくない。しかし地球上には外宇宙から来た知的生命体の証拠は一切見つかっていない。フェルミによれば、「宇宙人がいる? ではどこにいるのか?」とのことである。

まかうら:自己増殖マシンって凄い発想だと思います。

殖民っつ~のも凄く地球人の支配欲を指し示している言葉だと思います。

地球人は相変わらずコロンブスの植民化時代の発想から抜け出ていないんですね。

本当に一切見つかってないんですか?

ロシアでもメキシコ、NY、パリ、ロスでも大規模なUFO目撃が録画されてるはずですけど・・・。

読んでたら、単純に筆者が宇宙人フォビアなだけかもしれないと思ったりしますが・・・。

★こうしたフェルミの疑問の解釈は大きく分けて四種類挙げられている。

まかうら:フムフム。それでは行きましょう。

★宇宙人は存在し、すでに地球にやってきているが、表立っては活動していない(または、やってきていたが確実な証拠が見つかっていない)。例えば、政府との密約により公表が差し控えられている。

まかうら:政府との陰謀説は古くから言われていますが、証拠が見つかってないのは疑問符です。

そりゃぁ誰かが隠蔽してたら見つからないでしょう。

テンプル騎士団がバチカンの勢力によって聖杯の秘密を抹消するために、魔女狩りで抹殺されたのと同じ要因だと思いますけど。

★既に来訪しており、遺蹟などにその痕跡が残されている。詳細は古代宇宙飛行士説を参照。

まかうら:そんなの何万年も前から来てるでしょう。

じゃぁ今の科学技術でギザのピラミッドをもう一個建設できるのでしょうか?

出来るんならやってみなさい。

★宇宙人は存在するが、なんらかの制限もしくはある意図のためにまだ地球にやってきていない。例えば、宇宙人による地球探索計画が実際になされているとしても、光速の壁に突き当たってまだ地球には達していない。

まかうら:すごく三次元的な思考だと思います。時間と距離を直線で捉えるから問題なんです。

彼らは空間と次元の歪みを利用したポータルから出入りしてるんです。

★多くの宇宙人は穏健で引っ込み思案な知的生命であるため、宇宙に進出しない。

まかうら:という事は、地球人はデシャバリな知的生命体なんですね。

進出っつ~言葉の響きには、凄く男性的で支配願望的な響きを感じてしまうのですが・・・。

★あまりに地球人と異星人の文明のレベルが違いすぎるので、異星人と接触した結果地球上に起きる混乱を避けるために敢えて目立った接触を行わない。これは「動物園仮説」もしくは「保護区仮説」と呼ばれる。(創作小説等の言葉を借りれば、「未開惑星保護条約(宇宙に大規模に進出し得ない文明レベルの惑星には介入しない)」のような国際条約が存在する可能性がある) ↑

まかうら:今の地球人の思考形態と宗教形態から派生している信念形態だと確実にパニックになるでしょう。

宇宙人の皆さんは、地球という彼らにとっての絶滅の危機に瀕した宇宙種族を囲っている動物園に遊びに来ているというアイデアはかなり正解だと思います。

★文明レベルまで進化が進むと、核戦争や著しい環境破壊などの事態を引き起こし、短期間に滅亡してしまうため宇宙旅行に乗り出す時間を持ち得ない。

まかうら:これは現在の地球人のことを話しているんですよねぇ・・・。

★宇宙人は存在するが、恒星間空間に進出するための進化・技術発展における難関を突破できない。例えば、生命が発生するのは非常に難しい。

まかうら:どうしても地球人が凄いのだと主張しているようにしか感じられないのは私のエゴでしょうか・・・?

突破出来てないのは次元的に閉鎖されてる地球人の脳みそのせいだと思います。

★たとえ生命が発生しても、知的生命として発展するのは非常に難しい。

すでに発生している地球人は類まれなチャンスをものにして猿から進化してしまったのですねぇ・・・。

じゃぁ進化のミッシング・リンクは一体どこに隠れているのでしょうか?

サルからいきなり人間に進化したなんて絶対に考えられません。

★知的ではあっても宇宙に乗り出したり情報発信できる高度な技術文明を生み出すのは非常に難しい。

まかうら:物質的な進化ばかりに気をとられているから、次元を超えられないんだと思います・・・。

★宇宙人は存在しない。この立場からは、「存在しないものは来ない」ため、パラドックスではあり得ない。

まかうら:あくまでも来ていないと断言出来てしまう脳みその中身を見てみたい・・・。

★この宇宙には地球以外に生命が存在しない。 ↑

まかうら:何かすごく悲しい見解だと思います。

だから孤立してるんではないでしょうか・・・。

★地球以外に生命が発生する確率はゼロではないが、今のところ人類が第一番目に発生した生命で、二番目がまだ登場していない。 ↑

まかうら:あくまでも地球人至上主義な感じがするのは私だけでしょうか・・・・。

もうすでに地球人と宇宙人のハイブリットが生まれてきているっつ~ご時世なのに・・・。

まかうら:疲れてきたので、さらに詳しくお知りになりたい方は、ウィキペディアで「宇宙人」で検索すると、まだまだ凄い発想の情報が出てきますのでお調べになられて下さい。

開いた口が塞がらない事典の情報でしたが、話し変わってモヒカン宇宙人の「宇宙人」考に戻ります・・・。



最近思う【宇宙人】

まかうら:世の中には結構な数の宇宙人さんがいらっしゃいます。

かったのは、身体とギリギリ一本の線で繋がってたときに、ウィッカ系の友人とウォール・マートに行った時。

あの時のウォール・マートは当時開店したばっかりで、ものすごい数の人だかりだったんですが、まるでSF映画の中に出てくる宇宙船のターミナルのように、宇宙人らしき地球人がゾロゾロと出口から出てきたのを目撃して二人ともビビリました。

宇宙人系でないお友達も見ている光景が信じられずに、半分以上引きつった顔して泣き笑いしてました・・・。

何で宇宙人さんは地上に現れないのか?っつ~シンプルな疑問は一気にぶっ飛んでしまいました。

わざわざ自分の身体で降りてこなくても、プロジェクションすれば良いだけの話だったんですよねぇ。

もしくは人間の意識にウォークインするか。

二年前にウォークイン経験をしてしまったので、(身体に戻ってくるのが大変だったけど・・・)知らない間にウォークインされて、モニターされてる人は多いと思います・・・。

地球人のふりして、実は宇宙人な人間は沢山いると思います。

この【宇宙人】には感動 

まかうら:エジプトのギザで見たエササニ系宇宙人。

感動したっつ~か、お眼メが釘付けになって、丸まったまんましばらくの間声も出せずに点になった。

好きな【宇宙人】

まかうら:一般的に言われている宇宙人のイメージとか数にはかなりのものがありますが・・・。

好きな種類は何かと聞かれても・・・。

やっぱり目撃してしまったエササニ系でしょうか・・・。

密かに緑色のレプタリアン系の宇宙人にも会ってみたいと思いますが・・・。

インターギャラクティック・ディーヴァのジャズ・シンガーの女性が出会ったエイリアン。

彼女の話は凄いです。

ロシアの歩道で目撃されて、歩道を走って渡っている写真まで写されてしまっている小人のような宇宙人には会ってみたい。

スピルバーグのET君は可愛いとは思うけど・・・。

地球で迷子になってる宇宙人には共感を感じられずにはいられません。

が、しかし、お迎えを待っていても、多分まだまだお迎えは来ないと思うので、現実に直面して地球人の振りをするのを学ぶしかないと思います。

こんな【宇宙人】はいやだ 

まかうら:う~ん、あんまり無いかも・・・。

宇宙人差別は良くないと思うし・・・。

映画の中に出てくるような怪獣系だったら嫌かも・・・。

知性のない動物のようなエイリアンは、宇宙人ではなくて、ただの怪獣だと思います。

この世に【宇宙人】がなかったら ? 

まかうら:う~ん、考えられない。

人間は猿から進化出来ずに今でもジャングルの中でバナナを食べて生活してると思います。

まか~ウラ的【ニューエイジ】考

今回は「ニューエイジ」を振り返って見たかったので、これを選んでみました。

▶ニューエイジ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目では宗教関連のニューエイジについて説明しています。
 

まかうら:という事は、一応は宗教として分類されているわけですね。個人的にニューエイジは宗教としては捉えていません。どちらかと言うと信条形態というのが妥当かもしれません。
ニューエイジ(New Age)とは、字義どおりには「新しい時代」であるが、新しい世界、新しい思想を含意する。世紀末に現れる思想である。
 

まかうら:という事は各千年ごとに現れるのでしょうか? まぁ21世紀に入る前に発祥したわけですから、ある種の世紀末的な匂いをかもし出すのはしかたのないことだとは思いますが、すでに21世紀に入ってしまった今でもニューエイジなので、各千年ごとに現れるいう考え方は妥当ではないかもしれません。
背景には、キリスト教の千年思想がある。すなわち、神と悪魔の戦いが千年続き、最後に神が勝利して、ニューエイジ=新しい世界がやってくるというものである。
 

まかうら:う~ん、ちょっと違うような気がするんですけど、基本的にはヨーロッパからの占星術からアイデアを得ているはずですが・・・。 うお座の時代からみずがめ座の時代に入るというのが基本的なアイデアだと思います。
基本的には、伝統的な教えの中から、古くて役に立たない教えを廃し、真の意味での教えを明らかにしようという運動である。
 

まかうら:伝統的な教えっつ~のは現在ある宗教的な教えということなんでしょうか? それだったら、全く新しい、メタ・サイエンスとメタ・フィジックスの合体した新しい思想形態は含まれていないのでしょうかねぇ・・・? 現在のニューエイジは宗教の枠を飛び越えて、精神学と超物理学を統合しつつあります。
ただし、現在「ニューエイジ」(ニューエイジ・ムーブメント、ニューエイジ運動)と言うときには、アメリカ合衆国、とりわけ西海岸を発信源として、1970年代後半から80年代にかけて盛り上がり、その後商業化・ファッション化されることによって一般社会に浸透、現在に至るまで継続している、霊性復興運動およびその生産物全般を指す場合が多い。以下ではこれについて述べる。
 

まかうら:それでは行きましょう。でもどうして、ヒッピー・ムーブメントとか、サイケデリック・ムーブメント、反核運動の解説が含まれてないのでしょうか?これらの運動がかなりの影響を与えていると思います。

ニューエイジのムーブメントの中で重要な位置を占めるのは精神性の可能性で、その探求のために薬物による変性式状態の誘発などという様々な実験やらが行われていたんですね。

要は人間の意識というのは一体どこまで行くことが可能なのか?というのが含まれているわけです。
ニューエイジ運動は、60年代のカウンターカルチャーをその直接の起源とする。
 

まかうら:初めて聞いた言葉です。リンク先の説明ではサブカルチャーとして定義され、「社会の支配的な文化(メインカルチャー)から逸脱した文化事象を指す。」となっています。
物質的な思考のみでなく、超自然的・精神的な思想をもって既存の文明や科学、政治体制などに批判を加え、それらから解放された、真に自由で人間的な生き方を模索しようとする運動である。
 

まかうら:これがいわゆる「カウンター・カルチャー」の解説なのでしょうか? それともすでに「ニューエイジ」の解説に入っているのでしょうか?
その中には、以下のような共通項をもつ、新旧の多様で雑多な要素が、互いに力動的に関わり合いながら共存している  
 

まかうら:新旧のアイデアリズムの統合ということなんですよね。
反近代、反既存科学、脱西欧文明(禅や道教などの東洋思想やネイティブ・アメリカンの思想、あるいは“異教”的文化への親和性)、
 

まかうら:とりあえず現代文明への疑問符から起きた振り返りの思想だとしておきましょう。  
ポジティブ・シンキング(個人に内在する力と可能性の強調)
 

まかうら:各個人の意識がそれぞれの現実の創造(広げると地球的なも含む)を左右するということではないでしょうか?
五感や身体性・主観的体験の重視、
 

まかうら:説明不足。何のことを基本にして指しているのか分かりません。
論理的思考に対する直観的理解(「気づき」)の優位、
 

まかうら:直感は論理をすっ飛ばしているように見えるだけで、論理がないわけではなく、論理を理解するためのプロセスが非常に短く短縮されているだけです。

要は、質問が出た時に計算式をすっ飛ばして答えが先に出るようなもので、その後に計算式が理解されるんです。
快の感覚や欲望の肯定、
 

まかうら:これは語弊を招くかもしれません。
旧来の社会道徳の否定と極端な自由主義の思想、
 

まかうら:社会道徳に関する定義が必要だと思います。
汎神論的・宇宙神的存在あるいは「大いなる意志」への信仰と、
 

まかうら:信仰なんでしょうか・・・。ちょっと違う気がします。こう表記されると凄く宗教的な匂いがしますね。
万象に対するその介在を根拠とする「偶然性」の否定、
 

 まかうら:凄く意味が不明だと思います。「偶然性」を否定しているのではなくて、「必然性」と「偶然性」というアイデアが意味を持たないというのを示唆してるだけだと思います。
自然への回帰(しばしば人間以外の生物との精神的な交感を含む)、
 

まかうら:万物一体化論を指しているのでしょうか? しばしばではなくて、殆どがだと思いますけど。
女性性の尊重、など。
 

まかうら:筆者の男性優位思考を表す言葉ですね。時代はすでに、男性性や女性性といった、性別を超えようとしていると思います。
具体的な構成要素として、チャネリング/リーディング、瞑想法、前世療法・催眠療法等の心理療法、ヨガや呼吸法・さまざまな整体術等の身体技法、ホーリスティック医療、心霊治療、アロマテラピー、オーラソーマ、パワーストーン、輪廻転生信仰、さまざまな波動系グッズなどを挙げることができる。
 

まかうら:もう今や何でもありの世界ですよね。
そのうちの少なからぬものは、一般に「オカルト」と呼ばれる領域に属する。
 

オカルトの本当の意味は何でしょう? ミスコンセプションですね。
 

その裾野部分では、ニューエイジは現代の行き過ぎた消費文化や効率主義に対して警鐘を鳴らし、これを中和しようとするようなオールタナティヴな社会思潮として機能しており、
 

オールタナティヴではなくて、オルタナティヴです。基本はエコロジーだと思います。
今やアメリカ文化の重要な一端を担っていると言える。
まかうら:う~ん、アメリカは相変わらず突出した物理主義です。ニューエイジが文化の重要な一端を担っているとは思えません。文化の重要な一端を担っているのはエコロジー意識の方が強いんではないでしょうか。
しかしその一方で、しばしば、その信奉者の理性的・論理的・科学的な思考を麻痺させて健全な批判力を鈍らせ、
 

まかうら:お馬鹿さんは何処にでもいるもんです。ニューエイジの世界だけではありません。
また極端な場合には、破壊的カルトやオカルト商法といった反社会的な形をとって立ち現れる。
 

まかうら:単純に反社会的な思想を持った人が反社会的な行動をするだけであって、ニューエイジとはあんまり関係ないのではないと思います。
そのようなわけで、ニューエイジの功罪について、明快な評価を下すことは容易ではない。
 

まかうら:功罪つ~言葉がスゴイと思う・・・。基本的に、ニューエイジの功罪を明らかにしたかったけど、出来ないということなんですよね。
ニューエイジ的な価値観を信奉する人のことをニューエイジャーという。
 

まかうら:信奉という言葉が引っかかりますが、どうなんでしょう。信奉と言うよりは、ライフスタイルと言った方が無難かもしれませんね。
 

★最近思う【ニューエイジ】
まかうら:これ書いてたら、どうでも良くなってしまいました。 もうこの「ニューエイジ」という言葉は死後に近いかもしれません。
この【ニューエイジ】には感動
まかうら:ニューエイジの申し子、シャーリー・マクレーンでしょう。
好きな【ニューエイジ】
まかうら:UFOロジーかな?
こんな【ニューエイジ】はいやだ
まかうら:ご都合主義的なニューエイジ。
この世に【ニューエイジ】がなかったら ?
まかうら:う~ん、個人的には、私の人生は、殆ど全てが仕組まれているような気がするので、無くてもきっと今のようになってると思います。 社会的には戦争を繰り返して、男尊女卑な世界が今でも続いてたかも。

自分で書いておいて、おばかだなぁと思いました。

サイキック講座:エンパシック(2)

さて、それらのサイキックな能力や、エンパシックな能力は伝染するのか? 

どうやら伝染するようです。 これはインターネットの発達と携帯電話の普及によって効果がもの凄いスピードで加速されているのが大きな一因です。

一昔前のように、連絡を取るのに電話や郵便に頼っていた時代から、コミュニケーションは殆どデジタル化されてしまっているご時世なので、携帯電話を使って私たちは好きな時に、好きな場所でネットにアクセスして、メールを読んだり、情報を検索したり、受け取ったりする事が出来るようになりました。

意識の中の情報交換に対するタイムログ(時差)が外れて来てしまった結果です。 

サイキック的に遠隔で情報を引き出す場合には、地球を取り囲む、エネルギーのグリッド網(格子網)にアクセスする必要があります。

このデジタル・コミュニケーションの発達のおかげで、地球上にはものすごい数のサテライトが軌道上に飛んでいて、デジタル回線も海底を通じて世界各国へつながっています。

このような物質的な「くもの巣」のようなネットが、非物質的な「ネット」と共振してシンクロするわけです。

ですから一昔前よりは、このグリッドに接触する事が楽に出来るようになっている訳です。 

今この瞬間にも、無数のデジタル化された情報が身体の周囲を飛び交っているわけです。 

このような携帯電話やコンピューターのようなデジタル・デバイスが日常生活の中に定着してくると、次第にそれらのデバイスなしでは生活を営むのに支障を感じます。 

この段階で、意識とデバイスの間にエネルギー的な融合が起きてくるわけです。

俗に言う「一体化」です。 地球を一つの有機体として捉えるのであれば、それは一人の人間という有機体にも比喩することが出来ます。

ですから、地球間での情報交換の速度が速くなると、私たち人間も、自分自身の中での情報交換が加速してゆくことに重なっていきます。

情報が伝達される時には、発信源のエネルギー的な質量にもよりますが、着信側にバイアスがかかります。 

通常の許容量を超えてしまっている場合には、エネルギー的な摩擦が起きてくるわけですが、この際にキャパシティーを拡大させるための拡張作業が行われるわけです。 

ひとたび今まで使用してなかったレベルの機能が活性化を始めると、異変として認知されます。 

エネルギー的な拡張作業がおき始めると、エネルギー的な新陳代謝が活発になるので、頭痛を感じたり、疲労、膨張感、圧迫感を感じたりするようになりますが、これは錆びていたパイプに水が通って錆を洗いなおしてパイプが太くなるようなものなので、しばらくすると違和感を感じなくなり、パイプの中を取ってゆく水の透明度も上がって来ます。 

このエネルギー的なパイプをラジオのチューナーに例えると、AMラジオにFMラジオが付属されて、インターネット・ラジオが合体するようなものだと思ってください。

要は選択できるチャンネルの幅が更に広くなるというわけです。 

このチャンネルには様々な種類があって、それぞれ独自の周波数を放っています。

ですから、それらの周波数にチューニングを合わせる事によって、コメディーものから、メロドラマ、スポーツ、ニュース、サイエンス、ヘルスから、ホラーに至るまで、様々なチャンネルを通じてエネルギーに触れることが出来るようになるわけです。

受信する能力が拡大してゆくと、次第に混線が起きてきます。 

混線する原因は、無意識の状態で回線が開いたままで、アンテナが至る所に自動的に焦点を合わせてしまうようなもので、通常は、善しも悪しも、エネルギーの質量のハッキリしたものに焦点が合わされます。

このチューニングの暴走を一度経験すると、次第にコントロールの方法を学ぶようになります。

意識の集約点を変える事によって、不快だと感じるエネルギーの類の周波数に対して、ブロックをいれる事を学ぶしかありません。

エネルギーの変動を感じた時点で、様々な感覚レベルに警報が鳴らされるので、不快感を伴うエネルギーを感じた場合には、一度意識を別のものに集約させて気を取り戻して、放たれている振動数に共振しないようにチャンネルを切り返すわけです。

サイキック講座:エンパシック(1)

この数日は、朝起きたら二日酔い状態で、ベッドの上でまな板の上の鯉状態が続いている。


別に前日の夜にお酒を飲んでいるわけでもないし、低カロリー高タンパクの食事を心掛けてるから、お酒や油分を多量に使った食事をしているわけでもないのに、朝起きたら身体は二日酔い・・・。


だるいわ、動けないわ、手はピリピリするわ、身体にお酒が残ってる感じがして気分が悪い・・・。


どうしてなのか? 

おバカな脳みそで考えてみても、個人的には何ら思い当たる事はない。


唯一考えられる原因は、ルーミー2号君と1号君である。


1号君は毎晩お酒を飲む。ワインにブランデーである。


2号君はこの週末の金曜日から毎晩お出かけになられていて午前様であるから、もちろんお酒を飲まれて返って来る・・・。


お酒を飲まない私が二日酔いなのは、こいつらのせいか? と怪訝に思ってしまうのである・・・。


何でこの話題なのかと言うと、ここしばらく密かに内輪で「エンパシック」な話題が繰り返されているからである。


友人のハワイの魔女さんは、シンクロする関係で、なおかつテレパシックな関係なので、何が起きても「ふ~ん、そうなの?」で終わってしまうのであるが、彼女も数日前に、この「エンパシック」の事を書いてる。


日本の「おフランスの魔女さん」も、今までは「それ系」の能力の事なんかあんまり話題に上がって来なかったのに、突然のように会話の中に現われて来ている。


おフランスの魔女さんと仲良しの「アロマの魔女さん」も同じである・・・。


最近出会った人のエネルギーに影響されて揺れているっつ~会話になってしまう・・・。


類は友を呼ぶのか・・・?

(呼んでいると思う・・・。というか、必然的に自然にそうなると言うか・・・)


おまけに別の日本の友達が読んでくれた私の未公開の小説を読んだ感想の中にも「エンパシック(この言葉は初めて聞いたわ)なんだけど普通ぽいというか、感情移入しやすかったかな。」と書いて来る・・・。


この「エンパシック」というのは、エネルギーを体感的に経験してしまう能力のこと。


通常の第五感を超えた、第六感系の能力は、基本的に三つに分類される。


感覚を中心に分類してあるので、この中にテレキネシス(念力)やテレポートやマニフェステーション(具現化)等の「念動系」なことは含めない。


クレアボヤント(ビジュアルとして視覚的に捉える能力) クレアオーディエント(音や言葉として聴覚的に捉える能力) クレアセンチエント(体感+触感といった感覚として身体で捉える能力) サイキックと言うと、何でも分かってしまう人っつ~、とても曖昧な見解が巷で誤解を生んでいるのであるが、実は種類も、その方法も色々あるのである。


この「クレアセンチエント」の別名が「エンパシック」。


日本風に言うのであれば「霊障」っつ~奴。


エンパシックなサイキックというのは、物に触ったり、人に触ったりして、エネルギーをトレースしながら感じて言語に翻訳する。


この能力が臨界点を超えて暴走すると、非常にややこしく発展する。行き過ぎて反転してしまうと「強烈でスゴ過ぎのエネルギー的ヴァンパイア」にもなれてしまう。


殆どの「エネルギー的なヴァンアイヤ」は生血を吸ったりはしないし、自分がそうである等とは皆目思ってもいないから質が悪いし、世の中にゴマンと野放しにされて徘徊している。


「これから吸うぞぉ~」と予告してくれれば、まだ覚悟は出来て対処のしようもあるものだが、何せ潜在意識レベルで密かにエネルギーを吸血してしまうので、始まった時にはもう遅い・・・。


(まぁ呑気に吸われている方にも多小の問題はあるのであるが・・・)


このエンパシックな能力が開花して来ると、良きも悪きも身体の色んな場所に、ワサワサしたエネルギーを感じてしまうようになる。


感じ方にも色んな感触があるのであるが、ワサワサしたり、チキンスキンになったり、ビリビリしたり、ピリピリしたり、酷い場合には刺すような痛みだったりする。


ポジティブ系だと身体が温かくなったり、軽くなったり、スッキリしたように感じたり、千差万別である。


この「エンパシック」+「テレパシック」が合体して来ると「人間ポケベル状態」へと移行してゆく。


この「人間ポケベル状態」っつ~のは便利なようで不便である。


(携帯で話した方が便利っつ~もの)


例えばであるが、私の場合は、「ハワイの魔女」が何か私の事を誰かと話してたり、私の事で彼女の脳みそがクリクリしてると、その思考が私の所にやって来て、「今あ~たの事を考えてるわよぉ~」とメッセージが届けられて来るのである。


ちなみに彼女の場合はジンジンするような感じで、左の頬骨から顎の間の数センチの感覚で耳側から口の端辺り一帯で感じる。


「おフランスの魔女」さんの場合は耳のやや上の方で、少し広範囲な一帯で、強めのホワホワを感じる。


「アロマの魔女」さんの場合はおフランスの魔女さんより少し舌の方で、さらに少し弱めのホワホワを感じる。


ウチの社長の場合は右側の耳の上下一帯でワサワサする。


基本的には女性は左側で、男性は右側である。 恐ろしいのは、数人が一気に同時に考えてくれてると、合体してやって来るので、エネルギーの量も普通の二倍以上になるのでかなりのインパクトである。


今までで一番強烈だったのは、知り合いの「霊媒マリリン」と日本のお嬢の合体版である。


これが来た日にはかなりビビル。


ビビルというか、感触が異様。

普通系のワサワサとか、ピリピリとかだったらまだ可愛いもので、彼女達の場合は「ベッタリ」「ペッタリ」「まったり」した、かなり生い感触なのである。


(慣れて来ると分かりやすいので便利と言えば便利であるが・・・)


これらの経験を通じて分かった事は、ポジティブ系の思考やエネルギーは身体の前の方で感じて、ネガティブ系の方は、後ろ側か下半身が多い。

正体不明のエンティティーの場合は大体において後ろの首筋から肩の後ろ、腰か膝の周辺、もしくは足首である。


と言う事で、長くなるので、サイキック講座の第一回を終わります。 アフイホー。

2007/06/19

モヒカン宇宙人的【変身】考・・・

モヒカン宇宙人はハワイアン・モンクシールに変身しました。 

と言うわけで【変身】について調べてみました。 変身(へんしん) 


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

★1:姿を変えること。 ↑

書いて字の如しですが、もっと他に書き方ないのでしょうか・・・。 

2:フランツ・カフカの小説の邦題。外交販売員である主人公グレゴール・ザムザが、ある日目覚めるとベッドの中で巨大な毒虫に変身してしまったという、不条理文学の代表作。変身 (小説)を参照。 ↑

目覚めたら毒虫になってたのは、サルになってキィキィ鳴いてたより大幅に怖いです。

どうして「こ蝶譚」とか別の文学を思いつかないのでしょうか? 

3:ヒーロー系のアニメや特撮などで、特定の変身アイテムを使ってそのヒーローの姿になること。スーツや武器などの装着が行われるだけの場合もあるが、「着替え」などではなくあくまで「変身」と呼ぶ。 ↑

この解説の筆者はかなりのアニメ&特撮オタクな感じが・・・。

X-MANのミスティークくらい出して欲しかった。 

プロジェクションとか、フォログラフとか、メタモルフォ~セスとか、トランスフィグレーションとか、もっと高尚なアイデアは出てこないのでしょうか・・・。

アイデアが次元的に閉鎖されてるとしか思えません・・・。 

宇宙人が人間に移り変わるのも変身なんだと思うのですが・・・。 ■

主な変身アイテム ベータカプセル(ウルトラマン) 変身ベルト(仮面ライダーシリーズ) 昭和時代の仮面ライダーの変身ベルトは、バックル部分に内蔵された風車が回転して、ジャンプしてバックルが光り、仮面ライダーに変身していたが、平成版仮面ライダーの一部(龍騎・555・ブレイド等)は、バックル部分に他のアイテムをセットして仮面ライダーに変身している。 

どうして秘密のアッ子ちゃんの魔法のコンパクトと、キューティー・ハニーとは出てないのだろう。 

着替えるだけだったら、スーパーマンも変身するし、大方のスーパー・ヒーローは変身するぞ。 

チャーリーズ・エンジェルだって変身してるぞ。 

MIBに出てくるエイリアンだって変身してるぞ。

宇宙人とエイリアンは変身が得意なんだぞ。 

こういう解説だと、男尊女卑な解説者と思われるんじゃぁないでしょうか・・・。 ■

関連事項 変身物語 狼男 ↑

もっとあっても良さそうなのに・・・。 

ドラキュラだって変身してたよ。 

ナナクリのさめ男だって、イモリ女だって、火山の女神のペレ姉さんも変身するのに。

カテゴリ: 特撮 ↑

どうして変身が特撮に分類されるのでしょうか?

日本語ウィキペディアには、男尊女卑でなくて、もっと想像力と、柔軟性と、幅広い分野に知識のある編集者さんが必要なのではないでしょうか・・・。 

最近思う【変身】 

もう私は「モヒカン宇宙人」から、モヒカン頭の「ハワイアンモンクシール」に変身してしまいました。 

昨日の夜に突然にお家に帰りたいモードになってしまったので、迎えに来てくれない宇宙船を呪って拗ねていたんですが・・・。

フト、「迎えに来てくれないんだったら、いっその事、変身してどっかに雲隠れしてやる~!」と思ってしまったので、じゃぁ変身するんだったら何に変身するのか? 

とお馬鹿な頭を使って色々考えてたら、随分と前から気になっていた海辺に生息しているお坊さんの「モンクシール」君が頭に思いついたので、モンクシールになって泳いで放浪の旅にでてしまう「妄想」に浸って寝てしまいました。 

という事で、朝起きたらベッドの上でゴロゴロしてるモンクシールになっていたので、これから暫くはモンクシールです。 

もう変身してしまったので、人間に捕まらないように、海辺でゴロゴロと悟りを開いた顔で昼寝しながら日光浴します。

昼寝しながら時々お空に顔を上げてお迎えを待つことにします。

★注意★ ハワイの海辺で日光浴をしているハワイアン・モンクシールを見つけたら、昼寝の邪魔をしてはいけません。

彼らは1500匹くらいしかいない、絶滅の危機に瀕した哺乳類の種族なので、直ちに救済ネットワークへ目撃した場所と時間を通達しましょう。 ●

この【変身】には感動

ギザのホテルの会議室でツアーの参加者の自己紹介が行われていた時に、ステージに立ってた人の顔が、その人の過去生らしき姿にガラガラと変身したのを目撃した時。あれにはかなりビビリました。 ●

好きな【変身】

う~ん、ナンだろう。モヒカン宇宙人に変身したのはかなり受けたと思うけど・・・。 ●

こんな【変身】はいやだ

う~ん、結構何でもいいかも。 

でも再び変身出来ない種類の変身は困るので嫌かも・・・。 

夜しか変身出来ない系の変身も嫌かも・・・。 ●

この世に【変身】がなかったら ? 

それは考えられません。

人間は変身する動物なんです。 

結構つまらないでしょうねぇ。

人間だって子供から老人に変身するではないですか。

(成長とも言いますが・・・) 

じゃぁ整形手術は変身と言わないのでしょうか・・・。 

ハワイアン・モンクシールを呼ぶには、モンクシール語で呼ばないと反応しないかもしれません。

2007/06/18

モヒカン頭の日

昨年の春先の話。


ルーミー君は連日の夜のお出かけで、金曜の夜も土曜の夜もワイキキにお出かけして、サンフランシスコから一時的に帰って来た友人と一緒にクラブへお出かけ遊ばされていました。


しかも連日で朝の4時過ぎまで遊んでいたので、かなり寝不足のご様子です。


とりあえず朝起きてゴソゴソとしていたら「本土で今なにが流行っているのか?」という話題になり、今流行っているのは「モウホーク」というものだと言うので、その『モウホーク』っつ~ものは何ナノだ? と聞いてみると、それは流行の髪型でした。


しかも、それはナンと『モヒカン刈り』のことだったのです。

このモウホークは当然のことながら、ネイティブ・アメリカンの伝説の酋長「ブラック・ホーク」から来ているわけです。

ネイティブは自然の熊やらウルフ、バッファロー、鷹などのスピリットと共に生活をしていたわけですから、それらの姿かたちを生活の中に取り入れるのはスピリット達に対するある種の尊厳だったのでしょう。


どうして今さらモヒカンなのか? 

と話の展開を不思議がっていると、「ネットで調べてみなよ、一杯出てくるから。ハワイではまだあんまり見かけないけど、シアトルなんて、今はモヒカンだらけよ。町中にウロウロしてるんだから」と豪語してのたまわってくるので、さて、真実はいかなるものなのか? と思いつつ、ぐーぐるぅを使って調べてみます。


すると、出てくる出てくる。モヒカン・カットのオンパレード。





しかも、一般的なイメージのモヒカン・ルックを乗り越えて、今やモヒカンは進化してしまって、ファッションとして確立してしまっていたのでした・・・。  

そして見つけた一枚のカッコイイ写真。



心の中で密かに『う~ん、もしかして、やってみたら意外と結構似合ってしまうかも・・・』などと思っていたら、「やってみれば?似合うと思うわよ」などというルーミー君の悪魔の囁きに後押しされて、自分がモヒカン頭になってしまった姿をイメージしてみます。  

実は数年前に髪の毛を超短く刈り込んでいた時期があり、髪の毛を切ってもらったのは友人だったのですが、彼曰く「こんなに似合うとは思わなかった」と言われました。

もともと天ぱぁ~な髪の毛なので、短くしても髪の毛がツンツンに立つことはない私の頭・・・。

何でそうなったか?というのは、衝動的に髪の毛を真っ白にブリーチしてみたくなって、市販されているロレアンを買ってきて、プラチナ・ブロンドにしてみたのです。

しかし、ナンと悲しいことにパッケージの写真に載っていたような、白くて薄っすらとプラチナのように輝く白い髪の毛にはならず、ド派手なオレンジ頭になってしまいました。

これには焦りました・・・。

ショッキングにもオレンジ色に輝く頭になってしまった、くるんとカールの入った少し長めの天ぱぁ~ヘアーはスゴク不気味だったわけです・・・。

救急対策として、アパートの目の前の行き着けのサロンに走ってゆき、その場でバリバリとバリカンで短く刈り込んでもらいました。

ドアを開けてサロンに入って来た時のオレンジ頭の私を見て目を丸くしたベトナム人おばさんの、微かな笑いを浮かべた驚きの表情は忘れられません。

しかし問題は続いて、派手さは少し治まったものの、オレンジであることに変わりは無いわけです。

恥をしのんで友人のヘアー・スタイリストに電話すると「やってあげるから直ぐ来なさい」攻撃されました。

結局は再び白くなるようにブリーチしなおしてもらったのですが、脱色する際に頭皮が痛くて気絶しそうだったので、最後まで耐えることが出来ません。その結果に髪の毛は真っ白にはなりませんでした。


その後さらに短くハサミで刈り込んでもらったら、まるでひと時のジョージマイケルのような髪型のパイナップル・イエロー・ヴァ~ジョンの、ばか~ウラになってしまいました。

しかし、これはウケました。非常にウケました。

知り合いのスコティー君にバッタリとビーチで出会ったら、「ハ~イ、ブロンディ~! 良く似合ってるよ~!」と言ってハグハグされてしまったくらいにウケました。

それはさておき。

モヒカン頭になるアイデアにまたまた取り憑かれてしまった私は、早速お財布をつかんでルーミー君を引き連れてサロンへ・・・。

「今日はどうしたいの?」と聞かれて「モウホーク頭」と言っても叔母さんはチンぷんカンプンでした。ハイセンスのヘアーサロンならまだしも、地元のベトナム人経営のロコ・サロンでモウホークなんていうのを期待した私が馬鹿だったわけです。

髪型の本を見ても、どこにもモヒカン・カットは載ってもいません・・・。

結局、言葉と仕草で「頭の天辺を残して、後は全部バリカンで超短くして欲しい」とのたまわると、叔母さんの顔は引きつっていました。

しかも「こないだ同じようなリクエストでロコの男の子の髪の毛切ったんだけど、一週間で戻ってきて、全部短く刈りなおしたのよ」などと躊躇させるようなことを言ってきます。

しかしそんな攻撃には負けていては、歌って踊れるお馬鹿なチャネラーなどやってはいられません。とにかくルーミー君の指示のもとに、バリバリと切ってもらいました。

仕上がりは予想通りに結構サマになっていたので、ルンルン気分で家に帰って、近くのジッピーズのミートソースを食べにお出かけしてみます。

いやぁ、すれ違う人の視線を引くったらありゃぁしない。

通り過ぎてゆく車の中の人からも、何ども視線を買ってしまいました。

そしてモヒカン頭でミートソースを食べて歩いて帰っていたら、久しぶりの自転車叔母さんに出くわしました。この自転車おばさんの話は次回のワイキキの裏セレブで・・・。

実は自転車おばさんの他にも、さらに奇抜な「自転車叔父さん」というのが徘徊しているのですが、話が長くなるので次回にします。

そんなジモピー的有名人のおばさんの後ろ姿を見ながらルーミー君と一緒に歩いていると、日本人の観光客らしきご夫妻が、通りの角でワイキキのマップを広げて困ったちゃん状態に陥っていたのを見つけました。

どうしたんですかぁ?どこに行きたいんですかぁ~?」と声をかけたら、旦那さんは顔を引きつらせて、「いっ・・いや、大丈夫です・・・」と些細な人助けの申し出を断ってきました。

カルチャー・ショックを目の当たりにしてしまった日本人観光客の不可解な行動その①・・・。

そのときに私は気がつきました・・・。

私はモヒカン頭だったのだと・・・。

要領の分からないハワイという、一応は危ないアメリカの、しかもワイキキではないジモピー・エリアで困ったちゃんしていたのですから、そんな場所でモヒカン頭の変な日本人に声をかけられては叔父さんも心が硬くなってしまうのは分かる気がしました・・・。

別に取って食うわけでもないし、真昼間に大通りで日本人の中年夫婦をたぶらかして路地に連れ込んでガブリと噛み付くわけでもないのですが、何せ人には思い込みっつ~ものがあるので、モヒカン頭が自動的に『この人悪い人』だと決め付けてしまったのかもしれません・・・。

人間の綾というのは遺憾せん、そんなものだと思って悟りを開いてしまう私・・・。

しかし叔母さんは安心した様子で、「すみませんねぇ、手前のアンティーク屋に行ったら閉まってたんで、他にないかと思って探してたんですけど」と気さくにお答えして来ました。

さすが日本の母です。心構えが違います。恐れに翻弄されずに平常心と優雅さを失わない方というのはスピリチュアルに美しいのです。

「それだったら、ここからワイキキに戻る途中に、ベリーズっつ~アンティーク屋があるから」とマップを広げて教えてあました。「道なりに戻って行ったら、道路の左側に、アロハシャツを並べたお店があるから直ぐに分かりますよぉ。入り口には首にレイをかけた大きなゴリラのぬいぐるみがあるから見逃さないでしょう」と言って、私は先ほどの自転車おばさんのように、ご夫婦の前から風と共に去りぬしてしました。

もしタラコ唇のピート・バーンズ様のように、ゴリラのぬいぐるみを着てサングラスをかけ、モヒカン頭でそこいらをテクテク歩いていたら、かなりウケルかもしれない・・・と密かに思ってしまいました。

勇気があったらいつか試してみたいと思います。しかしゴリラの縫いぐるみは何処で手に入るのでしょう・・・?

モヒカン頭でサングラスをかけて、ゴリラの縫いぐるみを着てチャネリングをする宇宙人系のチャネラー・・・。

これはかなり常軌を逸脱していると思われるでしょう・・・。

まぁ得てして普通の人が経験しない不思議なことを連発して体験していると、その内に麻痺してきて、日常生活の一部になってしまうので些細なことでは驚きもしなくなります。

単純に逸脱してしまっていると言えばそれまでなので、これは逸脱したまま放っておくしかないと個人的には思っています。

この種の俗に言う霊的な経験というものは、得てして規制したくても規制出来るものでもない種類のものなので、逸脱したままにしておくわけです。

しばらく逸脱して状態を続けていると、周囲はその内に逸脱ではなく普遍なものとして捉え始めるからです。ようは視覚的な慣れの問題です。

美輪明宏さんはケバケバのお化粧をして、豪華なジュエリーをピカピカさせ、しかもブロンドの巻き毛に真っ赤で大きなリボンをつけて「エースを狙え!」に出てくるお蝶婦人のような女装で自己表現を追及しています。

彼が観音様のようなものすごいオーラをスタジオ中に発散させて霊視をするのですから、似たもの同士ということで勘弁してもらうということにしています。

私の中に「チャネラーだから」ということで、スピリチュアルなイメージや格好、生活形態に固執するという観念は存在しません。


そういうものはTPOに合わせて使い分ければ良いだけの話なわけです。

道端で困ったチャンに道を教える攻撃は、ミッション・インポッしブルではありませんでしたが、とりあえずミッション2は完了したので、一休みしてからルーミー君と一緒にワイキキのホテルのジャグジーに観光客の振りして日光浴をしに行く計画でバスに乗ってモヒカン頭にサングラスをかけて出かけました。

もう少し日焼けしたらモヒカン頭もサマになるかもしれない・・・。 と思ったわけです。

困ったチャン夫妻と同じように、サンデッキの隣で日焼けしていた茶色にそめた派手なビキニを着ていた叔父さんは、ルーミー君から「どこで灰皿見つけたんですか?」というようなたわいもない質問にさえ答えることも出来ませんでした。

しかも日本語で聞いているのに・・・。

その日のルーミー君は髪の毛こそ少し茶色いけれども、モヒカン頭に比べれば、まぁまぁ普通の格好だったので、これもきっとルーミー君の横で、モヒカン頭にサングラスをかけ、さらにイケイケの真っ赤なスピードの水着で優雅に日光浴をしていた私のせいだったのかもしれません・・・。

カルチャー・ショックを目の当たりにしてしまった日本人観光客の不可解な行動その②・・・。

そんなこんなでモヒカンで始まって、ミッション・インポッしブルを二つもこなし、沢山歩いてワイキキから帰ったのでその日曜日はまぁまぁ充実していました。

ご褒美は今まで一度も入った事のない「KOTOBUKI」というスゴク目立たない場所にある和食屋で、バターフィシュとチキン豆腐というものを食べました。しかしこの和食屋さんはもうありません。

まぁまぁ美味しかったのでお勧めだったのですが、もう店終いしてしまったようです。ワイキキ周辺のお店は回転が速いですね。

時々は普通の自分からかけ離れた格好をして行動すると、周囲の人々の意外な反応に出会えるので楽しいです。

意識的に固定概念を崩してしまうのは人によっては心地よく感じない場合もあるかもしれませんが、自己表現のヴァリエーションが増えれば増えるほど、変化するというものが一時的なものであるという気づきに達して、そこから先は何故か普遍的なものに近くなってゆくんですね。

自分自身に変化することを許すという意味では、日ごろのパターンとは違うものに意識的に挑戦して、それに慣れるまで続けてみることはかなり有意義だと思います。

時々は自分を相手にして着せ替え人形を経験するのも自分を知る大きな手がかりになります。

2007/06/17

ククイとフムフム(絵本)

友人のしゅ~ろうさんから友人つてで荷物が届きました。

中に入っていたのはイラストレーターである谷口周朗さんの絵本と彼の製作した「しゅ~ろうブランド」の手ぬぐいです。


絵本のタイトルは夢と感動がいっぱい「おななしワンダー」第316号

「ククイとフムフム」

作:柴田 充 絵:谷口周朗



太平洋の真ん中の美しい島に住む男の子ククイと空を飛べる魚フムフムの一晩の冒険物語。


お話の中にハワイの景色や伝説が取り入れられています。


おはなしワンダー七月号 定価350円(本体330円)
発行:株式会社世界文化社
小さなお子様を持つ方にお勧めです。


PS:無料!一斉遠隔ヒーリングを受けられた方は、感想を送って下さいね。

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ



アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますねラブラブ!

UFOさらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!

聖なる谷  空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae

¥1,890 Amazon.co.jp

2007/06/16

秘密のお茶会

先日はアラモアナ・センターのスタバで日本からのお客様とミーティング。

友人と一緒に秘密のプロジェクトのお話をしてまいりました。


その後にドライブしてとってもロコな秘密のレストランに行って早いお食事。

ここで日本人に出会ったことはほぼありません。

誰にも邪魔されない秘密の隠れ家的なファミリー・レストランです(笑)


ここにはジッピーズにも置いてない不思議なロコ・フードを食べられます。

メニューは写真付きなのでとっても便利。中には「クイーン・エマ・ケーキ」という不思議な名前のデザートが載っていました。

今度お腹が空いている時にでも注文してみます。


わたしはフライドライスの上にコーンビーフ・ハッシュが乗っていて、さらにその上に二つの目玉焼きが乗り、サイドにスパムがついている不思議なロコ・ディッシュを注文。


友人はフライド・ライスの上に蟹カマのオムレツが乗っている不思議なものを注文。


二人とも文句はなかったので美味しかったです。


そんな不思議なロコ・フードを食べながら、さらなるプロジェクトのお話。


ガイドブックやブログにも書いてない秘密のパワースポットの話とか(笑)


オアフ島にはマニアック向けの隠されている聖地やらパワー・スポットやらがまだまだ残っています。


しばらくしたら秘密のパワースポット探検隊はオアフ島を巡って活動開始です。(笑)


来週ヒーリングのクラスを教えているクライアントさん達と一緒に、お気に入りのパワースポットへ汗だくのハイキングをしに行きます。ちょっと楽しみです。

2007/06/14

100名様とご一緒したオアフ島の聖地ツアー




今日は朝から日本からいらした団体さん90名と一緒にオアフ島の聖地巡りに出かけてきました。

突然のお話だったのですが、ガイドブックも出たことだし、お引き受けしないのも変なので快くお受けさせていただきました。

大ベテランのツアーガイドの方と一緒にお仕事させていただきました。この道三十年のお方で、ツアーガイドの裏話などを幾つか話してくれました。長年のキャリアの中でのお話はとても勉強になりました。 焼付けでは到底太刀打ちできるわけはありません。

とても気さくなご年配の女性の方で、ハワイ大学でのハワイアンの文化のコースもお取りになり、空港が9・11で自由に出入りできる前までは空港内でフラも踊っていたそうです。

何分わたしは身体が一つしかないので、同時に二台のバスには乗れませんから交代でバスの中でご案内をすることに。 バスガイドさんは普通の観光のガイドをして、私はスピリチュアルのガイドです。

朝の9時にホテルを出発して、まず最初はオアフ島の中心にある「クーカニロコ:王族の誕生石」へと向かいます。

何分大型ツアーバス二台に分乗してのツアーだったのでさぁ大変。

誕生石に90人も一気に連れていったのは私たちのツアーが初めてではないのでしょうか・・・。

バスをハイウェイの横に止めて90人の団体日本人が信号を渡り、パイナップル畑の中へ向かって歩いてゆくのですから、横を通る車の方々は一体なになのかと見ていたようです。

久しぶりに行きましたが、エネルギーはさほどは変わっていませんでした。

敷地内でレクチャーをして、その場所のエネルギーを感じてもらいます。

幸いにも遺跡の敷地面積が広いので助かりました。

皆さん地面に寝転んだり、石に座って瞑想したり、木に触ってエネルギーを感じてみたりされていました。




中にはかなりエネルギーを敏感に感じられる方もいて驚きました。

次にドールのパイナップル・パビリオンで休憩をして、次の目的地のワイメア渓谷にある「ハレ・オ・ロノ・ヘイアウ」へと向かいます。

たった20分の時間ですし、狭い敷地の中でエクササイズなどは出来ませんから、遺跡の前で、ヘイアウとワイメア渓谷のお話などをさせていただきました。

この農耕と平和の神さま「ロノ」を奉ったヘイアウのあるワイメア渓谷は、その昔はオアフ島の中で最も重要な位置を占めていた宗教センターです。

この渓谷の崖の上に「プウオマフカ・ヘイアウ」があるのですが、ツアーバスでは乗り付けられないのでパスです。残念でしたね。

それからノースショアの海岸線をドライブしながらクアロアに着くまで、ハワイのことやらスピリチュアルなことやら色んなお話をさせていただきました。

先日オアフに着いたばかりだったそうで、時差ぼけもありますから、皆さんかなりお疲れのご様子でした。 この状態で引き回されるのですから大変です。

お昼にクアロアに到着して、特別にご用意していただいた高台の場所を借りて皆さんお食事です。


その場所は普通は地元の方々の結婚式だとか、披露宴とかに使われる場所なんだそうですが、景色が最高です。 




↑エクササイズを行った場所:パリク庭園からの風景




クアロアの有名なカアアヴァ渓谷。



沢山の映画が撮影されています。



クアロア牧場の情報はこちらから

http://www.kualoa.com/jp/

このクアロアはオアフ島の中で最も神聖な土地だといわれている場所で、家族代々にわたってカメハメハ三世から受け継いだ土地を今でも大事に守っていられます。

その大きさは東京ドームが450個入るくらいの巨大さだとか。まぁ三つの山の峰と、二つの谷があるわけですから前人未到の超巨大さです。

今年のハワイ観光局の日本向けのポスターはここで撮影されています。↓





ハワイ観光局のページはこちらから
http://www.gohawaii.jp/campaign/gallery.html

食事会場の後ろはクアロアの峰で目の前にはチャイナマンズ・ハットの島が見える海原の風景。こんな場所でエクササイズが出来るのは幸せです。

何分にも90人を相手にして、マイク抜きで、しかも40分くらいの短い時間でレクチャーとエクササイズをしないといけないのですから大変です。(笑)

事前に渡された予定表には「瞑想の指導」と書いてあります。(笑)

そこで座って行う瞑想ではなく、立って行う瞑想をやりながら、エネルギーを取り込んだり、感じたり、二人組みになってお互いにエネルギーの感覚を体験しあうというエクササイズに切り替えました。

日本でワークショップやった甲斐があったというものです。(笑)

みなさんのほとんどがスピリチュアルなことに関してはほぼビギナー・レベル。

たったの40分程度でどこまで体感させることが出来るのか?はかなりの挑戦でしたが、何とか切り抜けました。

最後にはみなさん確実にエネルギーを感じて体感なさっていたようです。

そんなこんなで時間も押してしまって、次の目的地の珊瑚と真珠の専門店、マウイダイバーズへ向かってみなさんはご出発されました。わたしの出番はそこで終わりです。

かなり足早のツアーでしかも詰め込みだったので少し大変でしたが、みなさんお喜びになられて帰っていかれたので良かったです。

もう少し時間に余裕があればということで、次回は一日使ってやりたいとおっしゃってました。


オアフ島にはまだまだ紹介されていない不思議な場所が沢山あります。

まか~ウラ、前人未到のオアフ島の聖地へ行く・・・・。

ぐふふふふ・・・・。


★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ


アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますね。

さらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!読んでね!


¥1,890
Amazon.co.jp




「聖なるハワイイ:
ハワイアンのスピリチュアリティー」

 

ご購入は書肆侃侃房
お近くの大型書店、アマゾンなどのネット書店などでお求めになれます。

2007/06/12

大丈夫だゾウの教え こころが軽くなる53のメッセージ




大丈夫だゾウの教え こころが軽くなる53のメッセージ


お客様オススメ度 ★★★★★


著者/訳者名 宝彩 有菜 (著), 宮尾 怜衣 (著)


出版社名:広済堂出版 (ISBN:4-331-51085-9)
発行年月:2005年02月
サイズ:127P 19cm
価格 :1,155円(税込)


【出版社/著者からの内容紹介】


心の持ちようひとつで人生は変わります。笑顔も戻ってきます。落ち込んだときには、大丈夫だゾウの言葉に耳を傾けてみてください。「大丈夫だ!」という元気が戻ってきます。心が軽くなる53のメッセージ。


【本の内容:「BOOK」データベースより】


あなたの人生は、絶対、絶対、大丈夫です。開けると気持ちがラクになる本。


【目 次】


失恋―失恋しても、大丈夫。自信がない―自信がなくても、大丈夫。


チャンス―チャンスを逃しても、大丈夫。


ケチ―ケチなやつがいても、大丈夫。心配―どんな心配があっても、大丈夫。


さびしさ―さびしくなっても、大丈夫。


つまらない―「つまらない」と思っていても、大丈夫。


怒り―怒っていても、大丈夫。恐い―恐くても、大丈夫。


後悔―後悔しても、大丈夫。〔ほか〕


PS:無料!一斉遠隔ヒーリングを受けられた方は、感想を送って下さいね。

★セッションのご予約・お問合せ、ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com

▼1日一回投票してね!人気ブログランキングへ



アップ精神世界のランキングに登録してみました! 1日1回、クリック、お願いしますねラブラブ!

UFOさらに、まか~ウラの多次元経験に興味のある方はコチラがお勧め!

聖なる谷  空中都市マチュピチュを超えて
Hiroshi Makaula Nakae

¥1,890 Amazon.co.jp

お知らせ:期間限定キャンペーン

先日突然に友人のプアマナさんからメールでのご案内を頂きました。

彼女はアロマセラピストで講師もなされていて、下記の二つの製品を開発なさっています。

海と薔薇の天然美容ジェル 『ローズプリンセス』

薔薇の国から届いた香り 『ヴァージンローズウォーター』

プアマナ社の薔薇の美容液『ローズプリンセス』
期間限定キャンペーン
この度ローズプリンセスをご購入なされたお客様に、
そして今月は薔薇の花が満開ということもあり、
天然100%のローズウォーターお試しサンプルのプレゼントキャンペーンを行っているそうです。
6月30日まで実施中!

石油化学系合成成分を排除して素肌を守る、無添加ローズ化粧品。

★天然100% ダマスクローズ・オットー精油 配合

★日本初 ハワイ島カイルア・コナ海洋深層水ベース

★26種類の植物エキス配合、海藻由来ジェル使用

★合成界面活性剤 合成防腐剤 合成香料 アルコール

★鉱物油 合成色素 旧表示指定成分 無添加

ホームページも新しく改装したそうなので一度ぜひご覧になられてください。
http://www.puamana.jp/

2007/06/11

執着しない一日

まだ前のカパフルの家に住んでいたときの話。


朝からルーミー君が足首の虫さされに効くと思って塗ったベーキングソーダ(普通は虫さされにベーキングソーダなんか塗らないと思いますが・・・)が変な反応を起こしたらしく、足首がぶっとく腫れ上がっていました。


ルーミー君は朝からドラッグストアに行って普通の虫さされ用の塗り薬を買って戻って来たのは良かったものの、いつの間に痒み止めにアレルギーの薬を飲んでいました。


アレルギーの薬は睡眠薬のようなもので、異常な睡魔が襲ってきます。


そして一日は混沌としてしまいました。


その日の最初のプランはルーミー君の希望でワイケレのアウトレットに行くというものでしたが、あまりに時間がかかり過ぎるので、カイルアのラニカイ・ビーチに行くか?ということにしました。


その頃は「スピリチュアルに楽しむオアフ島」の製作中だったということもあり、ちょうどアララ岬の写真が必要だったので、それで良いことにして、とりあえずは乗り換え地点のアラモアナまで出発しました。


とは言うものの、睡魔はスゴイものだったらしく、間一髪で待たずにバスが来たのは良かったものの、寝ぼけていた2号君はバスパスを忘れて乗りそこねてしまいます。


一時間も待つのは嫌だったので、路線を変えて別のバス停に向かって歩いて行きます。


しかし彼は次のバス停に着くまでに何度も眠りこけるわ、バスの中でも寝てるわで、よっぽど強い薬だったんでしょう。


お薬の名手であるルーミー君は興味本位で何でも挑戦してしまえる人なので、お薬体験を書かせたら、きっと一冊以上のお目メが…になって笑える本が出来てしまうかもしれないくらいにイケイケになれる人なんです。(笑)


ちなみに薬には種類があって、睡魔が襲う手のものは「ダウナー」と呼び、ハイになるものは「アッパー」と呼びます。


次はアラモアナでとりあえず腹ごしらえです。フードコートに着いたので分かれて昼ご飯を買いに行きます。そこでもフラフラなルーミー君はパニニのサンドイッチを買い、わたしは浪速屋の冷麺を・・・。


しかし冷麺が出て来るのが遅かった・・・。20分くらい待たされました。


しかも出て来たのは頼んでもいないのにスゴイ大盛りでだした・・・。


ようやく出て来た冷麺を持ってルーミー君を探しに行きましたが見つかりません。


どっかで寝てるか? と思って電話しても出ません。


寝てるに違いないと思って一人で大盛りの冷麺をズルズル食べてたら、携帯が鳴って、気が着いたらルーミー君は振り返った後ろで食べていました。


近くにいたのに見つけられなかった私達はよぽどズレていたのだと思います。


さて、ランチを済ませてバス停に行ってバスを待っている間に次のアイデアがやって来ました。


ラニカイに行くにはさらにバスを乗り換えなければなりませんが、アロハスタジアムのスワップミートなら一直線で行けるはずだと・・・。


実はもう何年もここに住んでいるのに最近になるまで一回も行ったことがないのでした・・・。行ったこともない場所の写真はどうしても手に入れなければ気が済まなくなるのが私の性格です。


目の前に止まった空港行きのバスに乗り込んだのは良かったものの・・・。


私の方に突然に尿意が・・・。


しかしせっかくバスに乗ったのだから、途中で降りてしまってはさらに時間がかかってしまうし、隣の席でルーミー君はバク睡しています。


バスは予想を裏腹にダウンタウンの裏側を通って、ドールキャナリーの横を通って変な場所を走って行きます・・・。


「もしかしたら行き先を間違えて乗ったかも?」と思った時にはすでに遅し・・・。


バスはアリゾナメモリアルに行くどころか、空港の中に突き進んで行きます。


用事もないのに空港で降りようもんなら、最悪です。


とりあえずそのまま空港を通り過ぎて、アリゾナの方向へバスが戻って走り始めると、ルーミー君の隣にいた白人の変な親爺が「身分証明書は持っているのか?」と聞いていました。


『どうしてバスに乗ってるのに身分証明書がいるのか?』とお腹を気にしながらも不思議に思っていると、その親爺は「ワイキキに行くのか?」と聞いています。


『空港側にいるのにどうしてワイキキなんて、逆方向じゃぁないのか?』と思っていると、ルーミー君はその親爺の変な質問に対して変な回答をしています。


ルーミー君はこともあろうに「ノースショアに行くんだ」なんて馬鹿なことをにこやかな顔で平気に答えていました。


空港側にいるのに、どうしてノースショアなんてアイデアが出て来るのか? そんな事を不思議に思っていると、バスは空港の裏を通ってさらに見知らぬ場所へ突き進んで行きます。


そして目にしたものは何と・・・・。 ヒッカム空軍ベースという基地の入り口でした。


しかもバスはそのまま基地の中に突き進んで行きます。


ゲートを抜けて少し行くとバスが止まって、ドアから二人の軍人さんのいかついお姉さんがやって来て、身分証明書を見せろと言います・・・。


どうりで身分証明書があるのかって聞かれたわけです・・・。


軍人さんから「何処に行くのか?」って聞かれたルーミー君は、馬鹿な振りして「旅行者なんですけど・・・」と言うと、「じゃぁバスから降りて向こうのバス停で待ってなさい」と言わたので、二人でそそくさとバスを降りてゲートまで歩いて行って、その近くのバス停でバスが戻って来るのを待つはめに・・・。


すると突然にシアトルから友人の結婚式に来ていたルーミー君の友人から電話が入ります。どうやら彼等は「生け贄の丘」にいるということです。


しかも迎えに来てくれそうな気配はありません。バカやろうだぁ・・・。


とにかく私はトイレに行きたかったし、ルーミー君も同じでした。


しかし監視カメラが張り巡らされた空軍基地の敷地内で立ちションなんて出来るわけがありません・・・。
困りました・・・。
基地のフェンスの脇を歩いていると2号君が突然に再び馬鹿な事を唐突に言い出します。
「ゲートの前って良く薬が落ちてるんだよね」。
これを聞いた私は目が点に…。


「持ち込みがばれると困るから、ゲートの前で捨てるんだよ」です・・・。
そっ・・そうなのか・・・? と不可解にも感心していると、フェンスのすぐ近くに小さなビニール袋が落ちています。そしてしかも中身が白い・・・。
という事は中にまだ薬が残っているのか??? いやそんな訳はないだろう、だって最近は雨が多かったし、今朝だって雨が降ってたから、そんなはずはない・・・。
しかし気になって仕方が無いルーミー君。
二人でおもしろ半分に周辺を見て回りましたが、他にはビニール袋は落ちていませんでした。
結局フェンスの近くにあった棒切れをフェンスの下から伸ばして入れて、ビニール袋を抑えて引っ掻き出します。
その結果は・・・ただの空っぽの袋でした。しかも片面が白い袋なのでした。
監視カメラの前でそんな変な行動をしていたのだから、きっとMPさんに連れて行かれるのではないのだろうか・・・。と思っていたらバスが基地の中から戻って来たので良かったです。
バスに飛び乗ったは良かったものの、そのバスは「アリゾナメモリアル行き」ではなく「空港行き」だったので、再び空港に戻るはめに・・・。
結局は尿意に負けて他島行きのターミナルで降りて、ソソくさと用を済ませて再びバスを待つことに。


しかし待ちに待った挙げ句に来たバスは満員で、止まりもしませんでした・・・。

バス停にいた空港で働いているらしき叔母さんが日本語でロコな伯母さんに向かって「もう来ないだろうから、下まで行った方が早いわね」と話しているのを耳にしたので、日本語ですぐさま「もう来ないんですか?」と尋ねると「週末はね、スゴクいい加減なのよ。日曜日なんか最悪なのよ」と言います。
結局その叔母さん達と一緒に歩いて空港を出て、高速の下を走る別のバス停まで歩くことに・・・。
運が良かったことに、待つことなく次のバスがやって来て飛び乗って一安心です。


これでワイキキまでは帰れる・・・。 しかし・・・そのバスは再び空港へ向かって走って行きます・・・。


たった今歩いて来たばかりの空港に戻るのです・・・。


何の因果かカルマの仕業か・・・。


そんなことは考える気にもならなりませんでした。


結局そのままバスに乗って、再び空港を一周してから海際を走ってダウンタウンの方へ行きます。


そのまま家に帰るのもシャクに触ったので、ヒロハッチで降りて無料のジュースを試飲して、無料の試食を楽しもうというアイデアが沸いてきました。


試食を当てにしていたにも関わらず、昔あった試食は一切見渡りませんでいした。



結局ルーミー君はグアヴァ味のカウアイ・クッキーを買い、私はタロ芋パンの粉を買いました。


このカウアイクッキーはお勧めです。とても美味しいので病み付きになります。グルメなホノルル・クッキーよりも全然美味しいと思います。


後で解ったことですが、ひろハッチよりはワイキキのABCの方が1ドル安いそうです。


ABC通のルーミー君曰く、ABCの総てが高いわけではないそうです。



ミネラル・ウォーターは確かに普通のスーパーで買うよりも安んです。 


結局ヒロハッチから無料のトロリーに乗り換えて観光客の振りしてワイキキへ。


本当はアロハタワーに止まるはずだったのに、止まらなかった運転手はロコの日本人の伯母さんに文句を言われて、途中で引き返して彼女の知り合いらしき日本人の観光客をアロハタワーまで送り届けて、ワイキキへ向かいます。


ハワイ・プリンスの前で渋滞に巻き込まれるのを懸念した運ちゃんは、裏道攻撃してイリカイ・ホテルの裏をくぐり抜けてヒルトンの裏のラグーンの横のガタガタ道を走ってワイキキに突入しました。


エライ運転手です。普通はそんな裏道攻撃はしません。(笑)


ワイキキのミラマー・ホテルの前で降りたら、今まで見たことのない紫色のハイビスカスを見つけました。ビックリです。非常に珍しいんです。


そして最近ハマっている「ビッグソーサー」をABCで買って食べました。

これは大きなチョコレートチップのクッキーに挟まれたアイスクリームです。

私はパサパサ系の食べ物が好きではないのでクッキーが湿っていて食べやすいんです。


それで疲れてしまったので何処かで休憩しようというルーミー君のアイデアでマリオットのロビーのカウチにお世話になりました。


さすがに元ワイキキの覇者です。細かいことを良く覚えている所はスゴイと思います。


ルーミー君はマリオットの少しだけ豪華でリラックス出来るカウチに横になり、時差ぼけの観光客の振りをして再び爆睡していましいた。


ようやく家に辿り着いたら、ルーミー君はお友達からお誘いの電話で夜のワイキキにパーティーしに出かけて行きました。元気の良い方です。


さて今日の一日は何だったのか?


一度ノリを逃すと総ては空回りするのはいつものことだから気にはしなくなっているので、肯定的に考えます。


楽しくなかったか? と思えばそうではなかったので、予想を裏切ってかなり楽しい一日ではありました。


とどのつまり「何が起きても物事に執着せずに、適当にやり過ごせれば楽しいものである」ということかもしれません・・・。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ご予約・お問合せ

▶エネルギーヒーリング基礎コース

▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース

セッションのご予約・お問合せ

ブログの質問・感想などは電子メールで。


makaula@gmail.com

※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻ってきてしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。


GLBT長編恋愛小説


愛の島の呼び声を聴いたなら

誰一人その誘惑には逆らえない

http://www.amazon.co.jp/Blue-Dolphins-Hiroshi-Mak%C3%A4ula-Nakae-ebook/dp/B00LMV0UUQ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1404900402&sr=1-1&keywords=blue+dolphins

Kindleストアで絶賛発売中!
▶購入はコチラから


▶その他のサービス内容はコチラへ
▶まか~ウラのプロフィールはコチラ

▶Skypeによる個人セッションに関する内容はコチラ
▶まか~ウラの著作はコチラ


精神世界のランキングに登録してみました!



アマゾン読者レヴュー ★★★★★

[単行本(ソフトカバー)]  価格:¥ 1,890
【アマゾンでご購入出来ます】


世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。

人気の投稿